その他 その他いろいろ

オンラインカジノの借金を完済し、プラ転できました!

投稿日:2021年4月29日 更新日:

オンラインカジノのルーレットで、一時は350ドル(約4万円)以上負けていたのですが、地道にがんばった結果、ようやく借金を返してプラ転できました!

↓これが月単位の損益記録です。損益合計がプラスに転じました。

どのような手法でプラ転できたのか、順を追って説明していきます。

スポンサーリンク

転機は「オンカジ必勝.com」

これまでルーレットの様々な手法を試してきましたが、ことごとく撃沈してきました。

「やっぱりルーレットで稼ぐのはムリなのかなぁ」とあきらめかけていたのですが、ネットサーフィンしていると、オンラインカジノ攻略の専門サイト「オンカジ必勝.com」に出会いました。

そして記事を読んでいくうちに、「これならルーレットで勝てるかもしれない」と思えるようになりました。

オンカジ必勝.com

「オンカジ必勝.com」のサイトでは、次のことを学びました。

  • 自分で決めたルールを守ることが大切。
  • 何より自分自身のメンタルが大事。
  • 毎回勝たなくてよい。月単位で勝てればよい。

とくに「毎回勝たなくてよい。月単位で勝てればよい。」という考え方は目から鱗でした。

常に勝ち続ける必勝法は存在しないのだから、追い求めてもムリなんです。

長期的にみて、トータルでプラスになればOKなんです。

「オンカジ必勝.com」で学んだことを元に、自分なりの手法を再構築することにしました。

ルーレット手法は「ランダムベット」に決めた

手法を再検討した結果、「ランダムベット」が自分に一番合ってる、という結論になりました。

出目の傾向やディーラーのクセを見てベットするんじゃなくて、とにかくランダムにベットして、その賭け金を調整することで利益を得る考え方です。

つまり「過去の出目を見て何に賭けるか?」は一切考えずに、「次、いくら賭けるか?」に注力する考えかたです。

所詮、次に出る目を予想しても100%当たることはあり得ないんだとしたら、自分自身が持っている的中確率の範囲内で「いかに当たるときに大きく賭けるか?」を考えたほうがいいんじゃないかと・・・。

たとえばヨーロピアンルーレット(1~36とゼロの37通り)で赤黒に賭ける場合、当たる確率は18÷37=48.6%です。100回ベットしたら48回は当たるとして、48回が出現するときに如何に大きく賭けられるか?を目指すことにしました。

ランダムベットの確率的な試行

ランダムベットするにあたって、実際にベットしたらどのような勝ち方、負け方になるのかシミューレションしました。

2倍のアウトサイドベットにランダムベットして「何連続で負けることがあるのか?」が知りたかったのです。

下の図は、試行結果の一部です。

【試行方法】
  1. まずカジノサイトのルーレット履歴から100回分の出目数字を抽出し、Excelの縦列に並べる(上図ExcelのB列)
  2. アウトサイドベットの「1-18(小)」「EVEN(偶)」「RED(赤)」「BLACK(黒)」「ODD(奇)」「19-36(高)」の6種にランダムにベットする(上図ExcelのC~H列)
  3. 抽出した出目数字に対して、ランダムにベットした場合の100回分の勝敗を記録する(上図ExcelのI列)
  4. 上の手順1~3を何回か繰り返して試行する
【試行して分かったこと】
  • 100回連続でベットしたら、3回、4回連続で負けることは結構ある。
  • 100回連続でベットしたら、6回以上連続で負けることは、1度は起こりえる。

100回ベットしたら、1度は6連続負け、7連続負けに遭遇することは、当たり前のことなんだ、という事実を知りました。これはつまり、マーチンゲール法をやっても途中で損切りしないと、いつかはドボン(資金ゼロになる)することを意味します。資金を100ドル持っていて、7連続負けなら、1-2-4-8-16-32-64、ドボンです。さらに言えば、7連続負けが最長だとは限らないです。8連続、9連続、10連続負けが訪れても不思議ではないのです。

じゃあ、この結果をふまえて、どうすればよいのかというと、「100回投げて、そのうち1度は6回連続で負けることが確実に訪れるなら、2、3回負けた段階で損切りするのが、結果的にはメリット」ということになります。

僕は株式投資では損切りしない主義ですが、ルーレットに関しては、損切りしないで勝つのは不可能だということを実感しました。

ランダムベット法の詳細

というわけで、ランダムベット法を実施するためのExcelシートを自作しました。

【ランダムベット法のルール】
  • アウトサイドベットの「1-18(小)」「EVEN(偶)」「RED(赤)」「BLACK(黒)」「ODD(奇)」「19-36(高)」の6種にランダムにベットする。
  • あらかじめ6種のうちどれにベットするかランダムに決めて、Excelに記載しておき、その通りにベットしていく。
  • 2回勝負で1ターンとする。
  • 1ターン終わったらテーブルを退席する。できればカジノサイトからログアウトして、次のベットまでの時間をたっぷり空ける。
  • 1ターンの勝負前のキャッシュ(当初)と勝負後のキャッシュ(最終)を記載する。
  • 1ターンで+1.5%以上の利益を目指す。プラス1.5%を30回繰り返せば資金は1.5倍に増えるという、コツコツ複利運用手法をとる。
【1ターンで2回勝負の確率的な内訳】

2回勝負の場合、4通りの結果が考えられます。

「勝ち勝ち」「勝ち負け」「負け勝ち」「負け負け」です。

このうち、1回目のベットで勝ったら、2回目はベットせず、1ターン終了とします。勝ち逃げです。

1回目を負けたらどうするか?が問題です。2回目のベットで1回目の倍をベットするか?それとも1回目と同じ額をBETするか?・・・僕は勘でどっちにするか決めます。

最も気をつけるのは「負け負け」のパターンです。単純に考えると4回に1回の頻度でやってきます。この2連続負けのとき「いかに少なくベットするか」が勝負の分かれ道だと思っています。

【ランダムベット法の具体例】

↓1回目(No1行)の勝負で、$1ベットして勝ちました。100→101に増えました。

↓2回目(No2行)の勝負で、$1ベットして負けて、次にマーチンゲールで$2ベットしましたが負けて、101→98に減りました。

↓というのをずっと繰り返していき、地道に増やしていきます。たまに2連続負けが来ますが、そこをどう最小限の損失でやり過ごすかがカギです。

↓ちなみに勝ちと負けの回数はExcelのCOUNTIF関数を使うと、勝ち(●)と負け(▲)の数を自動計算できます。「長くゲームしたら大数の法則で勝ちと負けが同数に収束する」という考え方も、強気で行くか弱気で行くかの判断材料になります。

↓失敗例。地道に増やしていましたが、大きくベットしたところで2連続負けが続いてしまい、ドボン(資金ゼロ)です。

↓成功例。勝てるときに大きくベットして勝てました。2連続負けに1度だけ遭遇しましたが、なんとか耐えました。

こんなかんじで資金を増やしていきました。

でも、やってみて感じたのは、安全な手法のように見えて、結局のところはリスクをとって大きく賭けないと資金は増えないわけで、運と勘に結果が左右されるのかもしれません。

少ないベットを続けていると、だんだん我慢できなくなって、最後のほうはパワープレイで大きくベットしてしまうことも多々ありました。

今回はたまたま上手くいったので、プラ転できたのかもしれません。

【最後に】今後もオンラインカジノを続けるかについて

オンラインカジノの生涯成績がプラスになり、ひとまず安心しました。

本当は入金手数料とか銀行への送金手数料を考慮すると、まだマイナスだと思いますが、ゲーム自体ではプラスになったので満足です。

借金返済をひと区切りとして、さてこれからもオンラインカジノを続けていくかですが・・・どうしようか迷っています。

やめようかと思っているのは、次の3つの理由からです。

  • 日本でオンラインカジノをやること自体、合法か違法か曖昧。もしかしたら将来的に違法になるかもしれない。
  • オンラインカジノは一時所得扱いとなり、勝利金が課税対象となるが、負け金は計算から除外され、かなり税法上で不利。
  • 今回たまたま勝っただけで、この先大きな金額を賭けたら、スッカラカンになってしまうかもしれない。

やっぱりオンラインカジノを副業として収入を得ようと考えるんじゃなくて、無くなっても良い資金で、趣味として楽しむくらいがちょうど良いのかもしれないですね。

最後になりますが、当サイトでオンラインカジノのことを取り扱うのは、この記事をもって最後とさせていただきます。理由は、オンラインカジノ自体が今後日本の法律で違法になるかもしれないのと、Google先生のガイドライン的に、ギャンブルを扱う(煽るような?)記事は好まないみたいだからです。

もし将来、日本でオンラインカジノがはっきり合法だと認められたとしたら、そのときは当サイトで再びオンラインカジノについて語りたいです。


関連記事

スナップ写真「2014年ベトナムホーチミンひとり旅」

(聖マリア教会) 2014年に、ベトナムのホーチミンへ3泊4日のひとり旅したときのスナップ写真を集めてみました。10月ごろでしたが、暑かったです。 icon-arrow-down 「9月23日公園」付 …

共働き夫婦のためのExcel家計簿

我が家は共働き夫婦なんですが、家計簿はどっちが管理しているかというと、夫である僕のほうが管理しています。 世間的には夫が財布のヒモをにぎるのはめずらしいようですが、僕たち夫婦のうちで、どちらがお金にキ …

出張や旅行に便利な激安グッズ 3選

出張や旅行に行くとき、カバンに忍ばせておくと便利な小物を、3つご紹介します。 ①プラスチックのカップ スターバックスやドトールでアイスコーヒーを買うと、プラスチックの透明カップにコーヒーが入って出てき …

「家、ついて行ってイイですか? 」16〔2017/11/29〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 11月29日(水)の放送分は、壮絶な過去をもつ住人の方が多く、刺激が強かった一方、「④【郵便局員の恋…胸キュンすぎる“ …

グリコの企業ミュージアム「江崎記念館」に行ってきました!

大阪市西淀川区にある企業ミュージアム「江崎記念館」に行ってきました。 100年近く続く老舗企業「江崎グリコ」の歴史にふれることができ、その魅力を再確認できました。 小さな子から年配の方まで、だれでも楽 …

2021/05/15:「運営者のプロフィール」公開
Scroll Up