投資を考える 証券会社を選ぶ

SBI証券が米国ETF9銘柄の買付手数料を無料化

投稿日:2020年5月15日 更新日:

SBI証券で、米国ETF(上場投資信託)9銘柄の買付手数料が無料になりました!

僕が投資している「SPDR S&P 500 ETF(SPY)」も無料化の対象なので、これはうれしいです!

米国ETF買付手数料無料化の概要

SBI証券のお知らせを抜粋します。

(SBI証券サイトより抜粋)

2020/1/2現地約定分より、米国ETF9銘柄の買付手数料無料化対応につきまして、キャッシュバック形式での実質無料化を実現しておりましたが、2020/5/15(金)現地約定分以降、インターネットコースのお客さまの米国ETF9銘柄のインターネット経由の買付注文にかかる取引手数料は無料となりましたので、お知らせいたします。

米国ETFの買付手数料無料化の対象銘柄
ティッカーコード 銘柄名
VT バンガード トータル ワールド ストックETF
VOO バンガード S&P 500 ETF
VTI バンガード トータルストックマーケットETF
IVV iシェアーズ S&P 500 ETF
SPY SPDR S&P 500 ETF トラスト
EPI ウィズダムツリー インド株収益ファンド
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド
DLN ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長
対象となるお客さま

インターネットコースのお客さま

※当サービスの利用にあたって、特別なお手続きは必要ありません。
※お電話による注文は対象外となります。

9銘柄のうち、3銘柄がS&P500関連です。

  • バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)

どれも経費や配当金は似たり寄ったりなので、好みで選べば良いでしょう。

僕は取引量がいちばん多い「SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)」が好きです。

売却手数料は無料にならない?

説明をよく読むと、「買付手数料」は無料化されますが、「売却手数料」は無料にならないようですね。

いまSBI証券の取引手数料は約定代金の0.45%なので、その売買のうちの片方が無料になったということは、実質取引手数料が半分の0.225%になったと考えればよいでしょう。

売却せずに長期保有・永久保有する人にとっては、売却手数料のことは考えなくてよくて、実質手数料が無料なので、これはうれしいサービスです。

SBI証券公式サイト



関連記事

会社四季報チェック(2017年1集 新春号)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

カブドットコム証券でS&P500ETF(1557)をおためし投資することにしました

最近、「信用取引の短期売買に使うETF銘柄をどれにしようか?」と、ずっと検討してきましたが、カブドットコム証券でS&P500ETF(1557)を取引してみることにしました。 カブドットコム証券 …

「日経ビジネス 徹底予測2020」の読書メモ

昨年12月に買った雑誌「日経ビジネス 徹底予測2020」を読みました。 気になった言葉をメモしておきます。 「日経ビジネス 徹底予測2020」目次 揺れる世界を読み解く 世界の5賢人 特別インタビュー …

「日経ビジネス 徹底予測2020」

(日経BP社) 「日経ビジネス 徹底予測」は、週刊「日経ビジネス」が12月中旬に発行している特別編です。 著名人へのインタビュー、2019年の年間スケジュール、主要30業種予測、新しいテクノロジー紹介 …

テレビCMが優れている上場企業10選

テレビCMがおもしろくて人目をひく企業は、その宣伝効果を最大限に発揮できます。 当然売上が良くなり、ブランド力も高くなるので、企業価値が高まります。 ふだんテレビを何気なく見ていて、「あ、このCMいい …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up