投資を考える 証券会社を選ぶ

SBI証券が米国ETF9銘柄の買付手数料を無料化

投稿日:2020年5月15日 更新日:

SBI証券で、米国ETF(上場投資信託)9銘柄の買付手数料が無料になりました!

僕が投資している「SPDR S&P 500 ETF(SPY)」も無料化の対象なので、これはうれしいです!

米国ETF買付手数料無料化の概要

SBI証券のお知らせを抜粋します。

(SBI証券サイトより抜粋)

2020/1/2現地約定分より、米国ETF9銘柄の買付手数料無料化対応につきまして、キャッシュバック形式での実質無料化を実現しておりましたが、2020/5/15(金)現地約定分以降、インターネットコースのお客さまの米国ETF9銘柄のインターネット経由の買付注文にかかる取引手数料は無料となりましたので、お知らせいたします。

米国ETFの買付手数料無料化の対象銘柄
ティッカーコード 銘柄名
VT バンガード トータル ワールド ストックETF
VOO バンガード S&P 500 ETF
VTI バンガード トータルストックマーケットETF
IVV iシェアーズ S&P 500 ETF
SPY SPDR S&P 500 ETF トラスト
EPI ウィズダムツリー インド株収益ファンド
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド
DLN ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長
対象となるお客さま

インターネットコースのお客さま

※当サービスの利用にあたって、特別なお手続きは必要ありません。
※お電話による注文は対象外となります。

9銘柄のうち、3銘柄がS&P500関連です。

  • バンガード S&P 500 ETF(VOO)
  • iシェアーズ S&P 500 ETF(IVV)
  • SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)

どれも経費や配当金は似たり寄ったりなので、好みで選べば良いでしょう。

僕は取引量がいちばん多い「SPDR S&P 500 ETF トラスト(SPY)」が好きです。

売却手数料は無料にならない?

説明をよく読むと、「買付手数料」は無料化されますが、「売却手数料」は無料にならないようですね。

いまSBI証券の取引手数料は約定代金の0.45%なので、その売買のうちの片方が無料になったということは、実質取引手数料が半分の0.225%になったと考えればよいでしょう。

売却せずに長期保有・永久保有する人にとっては、売却手数料のことは考えなくてよくて、実質手数料が無料なので、これはうれしいサービスです。

SBI証券公式サイト



関連記事

4つの証券会社の使い分けを決めました

現在、次の4つの証券会社に口座を開いています。 SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 でも、現状はSBI証券に資金が集中しています。 リスクヘッジの観点から、もっと資金を分散させた …

4つの証券会社をどう使い分けようか検討中

4つの証券口座を持っています 僕がいま口座を開いている証券会社は SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 の4つです。 そのうち、いま取引に使っているのはSBI証券だけで、あとの3つ …

「遊びと人間」

(講談社学術文庫、ロジェ・カイヨワ著) 株式投資は、よく「マネーゲーム」と呼ばれることがあります。 どちらかというと否定的な意味で使われることが多いですが、ネットで気軽に株が買えるいま、たしかに株式投 …

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユー …

銘柄ウォッチ「Coca-Cola(KO)」

Coca-Cola WEBサイトはこちら コカ・コーラ ジャパン WEBサイトはこちら Coca-Colaとは 世界中のだれもが知っているコカ・コーラ(Coca-Cola Company)。 市場での …

2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up