約定記録 取引の記録

約定記録(2020年3月9-13日):買付

投稿日:2020年3月13日 更新日:

3月9日(月)

約定なし。

きょうの日経平均株価終値は前日比-1,050円の19,698円でした。あっさり2万円を割ってしまいましたね。

保有株の下落が止まらず、悲惨な状況です。

僕の保有株の状況を書き出します。%は含み損益率です。含み損がマシな順に並べています。

  • S&P500ETF(米ドル建て) -8.46% 
  • マクドナルド -8.9%
  • 朝日放送グループ -9.78%
  • 江崎グリコ -12.42%
  • 日経225連動型ETF(信用買) -14.51%
  • オリックス -15.82%
  • 丸井グループ -23.39%
  • キユーピー -24.19%
  • 鳥貴族 -36.04%

いちばんマシな銘柄でも-8%ですからね。十数年の投資人生のなかで初めての経験です。

自分の取引もマズかったです。ナンピン買いするとき、一気に買いに走ってしまいました。買う株数を少なくするか、時期をずらすか、やるべきでした。

でも、そんなこと言っててもしょうがないので、今自分にできるアクションは何があるのか、洗い出してみました。

リスクが低いと思う順に書き出します。

  1. 何もせずジッとしている
  2. 米ドル建てのS&P500ETF(SPY)をナンピン買いする
  3. 米ドル建ての現金22,364ドル(228万円相当)を円に換えて信用銘柄を現引きする
  4. 信用買いしている日経225連動型ETF(1321)を、さらに100口分、信用買でナンピン買いする
  5. 土日に副業して稼いで稼ぎまくって、大量にナンピン買いするだけの資金を用意する(宅配とかチラシ配りとか?クラウドソーシングとか?)
  6. 損切りして一旦撤退する
  7. 日経225先物か日経225先物ミニで、一気に利益を狙う

まずは「1. 何もせずジッとしている」で様子見して、「2. 米ドル建てのS&P500ETF(SPY)をナンピン買いする」をして米ドル建て資産の含み損を減らして、利益確定売りして現金化できたら、為替が円安に動いたところで米ドルを円に換えて、「3. 米ドル建ての現金22,364ドル(228万円相当)を円に換えて信用銘柄を現引きする」のストーリーが現実なのかなと考えています。

3月10日(火)

約定なし。

日本時間の早朝、NYダウは前日比-2,013ドルの23,851ドルで終わりました。大暴落です。

シカゴ日経平均先物の終値は前日比-520円の18,890円でした。

きょうは残りわずかな買付余力現金2万3千円分で米ドルを買っておきました。

少ない額ですが、1ドル102円まで円高に進んだ状況で、米ドル銘柄を取引するときの足しにしようと思ったからです。

そしてきょうの日経平均株価は前日比+168円の19,867円で終わりました。

そろそろ底値とみた投資家の買いが集まったようです。

出来高も増えました。

3月11日(水)

約定なし。

日本時間の早朝、NYダウは前日比+1,167ドルの25,018ドルで終わりました。大暴落です。

シカゴ日経平均先物の終値は前日比+170円の19,980円でした。トランプ米大統領が、コロナウイルス感染で景気が悪化するのを防ぐために、減税などの経済対策を表明したことが好感されました。

そして、きょうの日経平均株価は、シカゴの動きとは逆に前日比-451円の19,416円で終わりました。かなり弱気相場になっています。

さて、自分の取引をどうしていくか?

大きく分けて3つの選択肢があります。

  1. 何もせずジッとしている
  2. 米ドル建てのS&P500ETF(SPY)をナンピン買いする
  3. 米ドル建ての現金22,364ドル(228万円相当)を円に換えて信用銘柄を現引きする

NY市場が下げ止まったとしたら、「2. 米ドル建てのS&P500ETF(SPY)をナンピン買いする」が一番有効な選択肢といえます。

でも、もし仮に信用銘柄の日経225連動型ETF(1321)の返済期限である2020年8月まで株価の回復がないとしたら?と考えたら、早めに現引きしておきたいです。

そうなると「2. 米ドル建てのS&P500ETF(SPY)をナンピン買いする」をやってしまうと、現引きするための資金がなくなってしまいます。

8月までにお小遣いをコツコツ貯めて200万円用意する、という手段も考えられますが、さすがに200万円稼ぐのはチョット難しいです。

僕にとっては「2.米ドルのナンピン買い」をやると「3.信用株の現引き」ができなくなるので、どっちに動くか迷っています。

暴落相場が短期でおさまるなら「2.米ドルのナンピン買い」、長期化するなら「3.信用株の現引き」を選ぶべきなんでしょうが・・・。

3月12日(木)

:SPDR S&P500ETF〔SPY〕(10株)

買値 : $325.00

下げに下げているNY市場ですが、なんとか含み損を減らしたくて10株ナンピン買いしました。それでも含み損は-20%です。

残りの米ドルをつぎ込んでS&P500ETFを拾い買いしていくか、それとも買付はもうやめて、米ドルを日本円に換えて塩漬け株を買っていくか・・・まだまだ迷っています。

3月13日(金)

約定なし。

前日のNYダウは前日比-2,352ドルの21,200ドルで終わりました。一時取引停止になるほど下げまくりました。

きょうの日経平均株価は前日比-1,128円の17431円でした。2万円を大幅に下回りました。

1日で1,000円以上動くと「ああ、相場が大きく動いたんだな。」と実感できます。

僕の保有株は目も当てられない状況です!



関連記事

5つの証券口座の資金配分を検討しました(2017年12月)

現在の資産配分 現在、5つの証券会社に口座を持っています。 証券口座ごとの資産割合と投資目的は、次のとおりです。 SBI証券(50%):国内3銘柄の中短期トレード マネックス証券(20%):外貨建商品 …

約定記録(2019年1月9日):買付/売却(信用返売)

買付 買:オリックス〔8591〕(100株) 買値 : 1667円 売却 売:日経225連動型ETF〔1321〕(30株)※信用返売 損益%: +1.0% 損益額: +6,300円 買値 : 2084 …

約定記録(2020年8月31-9月4日):買付

今週の約定 損益額合計:0円 年月日 約定 損益額 2020/08/31(月) – – 2020/09/01(火) – – 2020/09/02(水) …

ポートフォリオ(2019年7月26日)

マーケット概況 日経平均 21,658円 NYダウ $27,140 米ドル/円 108.6円 資産内訳 証券口座 株式 現金 ■SBI(円) 718 179 ■SBI(ドルを円換算) 33 190 合 …

ポートフォリオ(2017年5月26日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 200 +0.91%   キユーピー 500 -2.52%   鳥貴族 400 +4.15%   コカ・コーラBJ 100 +4.13%   …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up