投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「日清食品ホールディングス(2897)」

投稿日:2020年1月9日 更新日:

日清食品ホールディングス WEBサイトはこちら

日清食品ホールディングスとは

日清食品ホールディングスは、日清食品、明星食品、日清食品チルド、日清シスコなどを傘下にもつ持株会社です。

言わずと知れた即席ラーメンの先駆者で、カップ麺は国内シェア5割超、袋麺も首位級です。

ロングセラー商品を数多くもちます。

  • チキンラーメン
  • カップヌードル
  • どん兵衛
  • ラ王
  • 焼きそばUFO
  • 出前一丁(明星)
  • 明星チャルメラ

カップ麺や袋麺だけでなく、チルド・冷凍食品のラーメンやパスタも結構美味しいです。

あと、日清シスコのシリアル「ごろっとグラノーラ」も食べ応えがあって僕は好きです。

(「四季報 2020年1集 新春号」から抜粋)

【反発】国内は柱の即席麺出足鈍いが下期にかけ値上げ効果発現。米国も値上げ浸透し上向く。償却重いうえ不動産売却益ないが、米国など減損一巡し営業益反発。21年3月期は国内即席麺の値上げ通期寄与。
【減プラ】21年度にかけ『カップヌードル』ブランドの容器全量切り替え、石油由来成分を削減。米国とメキシコで高価格帯商品の投入・販促を積極化、粗利向上を推進。

国内だけでなく海外も好調のようで、今後の成長性に期待が持てます。

日清食品ホールディングスの良いところ

  • 人気商品を数多く持つ
  • 知名度・ブランド力が抜群
  • CMが面白い

× 日清食品ホールディングスのイマイチなところ

  • 創業者から続いている同族経営の弊害が出ないか心配
  • 競合が多い(東洋水産、エースコック、サンヨー食品・・・)
  • 企業サイトのトップページがいきなり大画面の動画から始まりビックリしてしまう

銘柄分析

コード 2897
銘柄 日清食品ホールディングス
業種 食料品
権利確定月 3月
株主優待
外国株 18.2%
投信株 5.4%
浮動株 11.5%
特定株 42.0%
PER 32.5倍
PBR 2.6倍
自己資本比率 57.9%
配当利回り 1.33%
営業利益率(業績予想基準) 11.9%
ROE 8.1%
自分が利用している
応援したい
長続きする
理解できる
グローバル
みんな求める
ブランド力
オリジナル
Webサイト
社長の顔

投資判断

2020年1月現在、株価は8000円程度で、最低購入金額は80万円が必要です。もうちょっと値下がりしてくれたら、単元株の100株だけを長期保有します。


関連記事

上場3400社のWEBサイト 勝手にランキング!

「自社WEBサイトの品質」を銘柄選別基準として使う 投資する銘柄を選ぶときの、僕なりの基準なんですけど 「企業の自社Webサイトが、ユーザーにとって使いやすいかどうか?」 という観点で銘柄を選別してい …

本当におすすめしたい投資本 BEST3

株式投資について勉強するため、いろんな本を読んできました。 その中で「この本は面白くてほんとうに役に立った。買ってよかった。」と思った本を、厳選して3冊ご紹介します。 それぞれの本の写真は、僕が持って …

家計の余裕資産を使って、安全に運用する方法

我が家の家計は、夫である僕が管理しています。 妻からは「好きなように管理してもらっていいよ。」とお墨付きをもらっているので、貯金の一部を株式投資で積極的に運用しています。 もちろん、僕が個人でやってい …

投資をやってよかった3つのこと

投資を始める前は知らなかったけど、始めてから気づいた「投資の効能」を3つご紹介します。 投資をやるとこんな良いことがあるんだ、と気づいた点です。 1. 経済ニュースに興味がわく 投資をはじめる前は、テ …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up