投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「日清食品ホールディングス(2897)」

投稿日:

日清食品ホールディングス WEBサイトはこちら

日清食品ホールディングスとは

日清食品ホールディングスは、日清食品、明星食品、日清食品チルド、日清シスコなどを傘下にもつ持株会社です。

言わずと知れた即席ラーメンの先駆者で、カップ麺は国内シェア5割超、袋麺も首位級です。

ロングセラー商品を数多くもちます。

  • チキンラーメン
  • カップヌードル
  • どん兵衛
  • ラ王
  • 焼きそばUFO
  • 出前一丁(明星)
  • 明星チャルメラ

カップ麺や袋麺だけでなく、チルド・冷凍食品のラーメンやパスタも結構美味しいです。

あと、日清シスコのシリアル「ごろっとグラノーラ」も食べ応えがあって僕は好きです。

(「四季報 2020年1集 新春号」から抜粋)

【反発】国内は柱の即席麺出足鈍いが下期にかけ値上げ効果発現。米国も値上げ浸透し上向く。償却重いうえ不動産売却益ないが、米国など減損一巡し営業益反発。21年3月期は国内即席麺の値上げ通期寄与。
【減プラ】21年度にかけ『カップヌードル』ブランドの容器全量切り替え、石油由来成分を削減。米国とメキシコで高価格帯商品の投入・販促を積極化、粗利向上を推進。

国内だけでなく海外も好調のようで、今後の成長性に期待が持てます。

日清食品ホールディングスの良いところ

  • 人気商品を数多く持つ
  • 知名度・ブランド力が抜群
  • CMが面白い

× 日清食品ホールディングスのイマイチなところ

  • 創業者から続いている同族経営の弊害が出ないか心配
  • 競合が多い(東洋水産、エースコック、サンヨー食品・・・)
  • 企業サイトのトップページがいきなり大画面の動画から始まりビックリしてしまう

銘柄分析

コード 2897
銘柄 日清食品ホールディングス
業種 食料品
権利確定月 3月
株主優待
外国株 18.2%
投信株 5.4%
浮動株 11.5%
特定株 42.0%
PER 32.5倍
PBR 2.6倍
自己資本比率 57.9%
配当利回り 1.33%
営業利益率(業績予想基準) 11.9%
ROE 8.1%
自分が利用している
応援したい
長続きする
理解できる
グローバル
みんな求める
ブランド力
オリジナル
Webサイト
社長の顔

投資判断

2020年1月現在、株価は8000円程度で、最低購入金額は80万円が必要です。もうちょっと値下がりしてくれたら、単元株の100株だけを長期保有します。



関連記事

株式投資は、臆病者が勝つ

株式投資は臆病者が勝つゲームです。 勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。 いかに損をしない取引ができるか いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか いかにリスクを避けながら取引ができるか こ …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

江崎グリコとカルビーが暴落したけど、大丈夫だろうか?

2017年10月末時点の全資産を計算して、はじめて1,000万円を越えていたので、「ヤッホーイ!」と浮かれていたら、いつの間にか手持ちの株が暴落していました。 江崎グリコとカルビーが暴落です。 どうも …

サラリーマンは昼休みに取引する

僕の本業はサラリーマンです。 株式投資は、趣味を兼ねた副業としてやっております。 サラリーマンの中でも、外回りの営業さんや会社役員の人なら、勤務中でもある程度自由に株の取引ができるんでしょうが、僕は内 …

銘柄ウォッチ「オリックス(8591)」

オリックス 企業サイトはこちら オリックスとは オリックスは、リース事業、不動産、銀行、生命保険、野球球団経営、その他投資事業と、多角的サービスを展開する会社です。 オリックスレンタカー、オリックス不 …

2020/02/05:メニューの一部を変更
2020/02/02:メニュー「運用成績」更新
2020/01/27:メニュー「株レシピ」更新
Scroll Up