投資を考える おすすめ投資本

「日経ビジネス 徹底予測2020」

投稿日:2019年12月18日 更新日:


(日経BP社)

「日経ビジネス 徹底予測」は、週刊「日経ビジネス」が12月中旬に発行している特別編です。

著名人へのインタビュー、2019年の年間スケジュール、主要30業種予測、新しいテクノロジー紹介、など盛りだくさんの内容です。

これからの世界や日本を考えたいとき、おすすめの雑誌です。

僕は2012年版から毎年ずっと買いつづけています。今年もさっそく本屋に行って、2020年版を買ってきました。昨年より10円高い790円でした。年末年始にじっくり読んでいきます。

「日経ビジネス 徹底予測2020」の目次

雑誌の目次です。

【目次】

  • 揺れる世界を読み解く 世界の5賢人 特別インタビュー
  • PART1「何がある 2020年10大トピックス&スケジュール」
  • PART2「専門記者が総力取材! 主要30業種予測」
  • PART3「先読みテクノロジー」
  • PART4「世界はどこへ行く」
  • PART5「これからの生き方」
  • PART6「不動産はどうなる」
  • PART7「日本への提言」

「日経ビジネス 徹底予測2020」の注目記事

ざっと流し読みしてみて、おもしろそうな章をピックアップします。

揺れる世界を読み解く 世界の5賢人 特別インタビュー

5人の賢人が、これからの世界を予測します。とくに投資家ジム・ロジャーズさんの言葉は要注目です。

  • ジム・ロジャーズ氏(投資家):「リーマンを超える危機に備えよ」
  • スコット・ギャロウェイ氏(ニューヨーク大学スターン経営大学院教授):「GAFAの『解体』が始まる」
  • ビル・エモット氏(国際ジャーナリスト):「英国のEU離脱は欧州を傷つける」
  • 李 智慧氏(野村総合研究所 上級コンサルタント):「米国との摩擦が中国企業を鍛える」
  • 榊原英資氏(青山学院大学特別招聘教授):「『五輪後』に失速、1%成長にも届かず」
PART1「何がある 2020年10大トピックス&スケジュール」

2020年の10大トピックスを挙げています。なんといっても来年は「東京オリンピック開催」がいちばんのイベントでしょう。

  1. 東京五輪・パラリンピック
  2. 5Gサービスが商用化
  3. 米国の大統領選挙
  4. 米中対立の行方は
  5. 日韓関係は改善するのか
  6. 混乱する大学入試制度
  7. 東西ドイツ統一30周年とEU
  8. 山手線新駅などで変わる東京
  9. レジ袋有料化、プラごみ対策本格化
  10. 激化する宇宙開発競争
PART5「これからの生き方」

「これからどう生きていけばよいのか?」という問題を考えた記事です。

  • どこにある? ベストな人生
  • 誤解も多い? 2大「幸せな働き方」(ワークライフバランス、好きを仕事に)の現実
  • 目の前の仕事の幸福感を増やす方法
PART7「日本への提言」

ソフトバンクグループ社長の孫正義氏と、ファーストリテイリング社長の柳井正氏が、日本へ向けて提言します。いまの日本への危機感が伝わってきます。

  • 孫 正義氏「忘れられた島国」になるな
  • 柳井 正氏「このままでは日本は滅びる」

created by Rinker
日経BPマーケティング

関連記事

銘柄ウォッチ「Starbucks(SBUX)」

Starbucks WEBサイトはこちら スターバックスコーヒー ジャパン WEBサイトはこちら Starbucksとは おなじみ、世界的なコーヒーチェーンのスターバックス(ティッカーはSBUX)。 …

「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」

(ダイヤモンド・ザイ編集部) これから株式投資をはじめる方に、ぜひおすすめしたい本です。 投資に限らず、何か物事をはじめるときに最も効率的な方法は、「1冊の入門書を読破する」ことです。わけが分からなく …

銘柄ウォッチ「コカ・コーラボトラーズジャパン(2579)」

コカ・コーラボトラーズジャパン WEBサイトはこちら コカ・コーラウエストとイーストが経営統合 コカ・コーラウエストとイーストが経営統合しましたね。売上高で世界第3位となる巨大ボトラーの誕生です。 ま …

銘柄ウォッチ「リクルートホールディングス(6098)」

リクルートホールディングス 会社情報サイトはこちら リクルートホールディングスとは 「まだ、ここにない、出会い」でおなじみの、リクルートホールディングスです。 1960年代に創業した当初は、「人材を求 …

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。 次のようなケースです。 株で失敗したケース ①ナンピンが失敗して塩漬け 資金の大部分をひと …

2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
2021/02/21:サイドバーに月別アーカイブ追加
Scroll Up