約定記録 取引の記録

約定記録(2019年10月9日):買付

投稿日:2019年10月9日 更新日:

買付

:丸井グループ〔8252〕(100株)

買値 : 2291円

取引理由

:丸井グループ〔8252〕(100株)

100株もっていた丸井グループをナンピン買いしました。

これで合計200株保有です。

ナンピン買いすることで、含み損が-2%くらいだったのが-1.08%に回復しました。

明日以降も、下がったらナンピン買い、下がったらナンピン買い、を繰り返していきます。

「どのくらい下がったらナンピン買いするか?」という判断は、逆張り投資家にとって永遠の課題ですが、「含み損-10%まで下がるまで待って、下がったらナンピン買いをする」くらいで、ゆったり構えていくのが理想です。

-10%に下落するまで待つとなると、かなり時間がかかることが多いので、自然と取引数が少なくなって自制がききます。でも実際はなかなか-10%まで待つのはむずかしくて、-5%程度でナンピン買いしたくなってしまいます。

きょうの日経プラス10から:「海外投資家の現物買いが戻らない」

きょう10月9日の日経プラス10(BSテレ東の報道番組)で「海外投資家 現物買いは戻る?」という特集をやっていました。

日本市場の取引のうち、6割、7割は海外投資家が占めていると言われ、海外投資家の動向が常に注目されます。

番組によると、最近の海外投資家は、先物買いは増加傾向、現物買いは減少傾向ということです。

これはどういうことを示しているかというと、海外投資家が日本相場を見る目は、「短期的には上昇」「長期的には下落」ということだと思います。

実のところ、僕も同じ意見です。長期的にみると経済は停滞して相場は下落していきますが、短期的には日経平均株価は22,000円まで一旦戻すんじゃないかと予想します。

一旦上がったあとどうなるかはまったく予想がつきませんが・・・。

短期的に上がると予想していても、さすがに日経225先物ミニは取引金額が大きくてリスクが多いので、地道に信用取引や現物買いで利益をひろっていきます。



関連記事

約定記録(2019年9月25日):買付

買付 買:丸井グループ〔8252〕(100株) 買値 : 2342円 取引理由 買:丸井グループ〔8252〕(100株) 保有ゼロだったので、100株買いました。 これで9月26日(木)の権利付最終売 …

ポートフォリオ(2017年9月1日)

銘柄 株数 含み損益  icon-square 江崎グリコ 300 -5.19%   キユーピー 900 -8.46%   鳥貴族 300 +7.57%   カルビー 100 -4.41%   コカ・ …

約定記録(2018年4月5日):売却

■売却 売:西日本旅客鉄道〔9021〕(100株) 損益%: +1.0% 損益額: +7,600円 買値 : 7519円 売値 : 7595円 ■取引理由 売:西日本旅客鉄道〔9021〕(100株) …

約定記録(2017年7月11日):買付

● 買付 鳥貴族(100): 買値 2562 S&P500ETF(10): 買値 242.49 取引理由 〔鳥貴族〕保有400株から100株ナンピン買いして合計500株となり、これで7月末の権 …

約定記録(2018年1月22日):買付

 icon-square 買付 鳥貴族〔3193〕(100株) 買値 : 3460円  icon-square 取引理由 買:鳥貴族〔3193〕 権利付最終売買日が1月26日(金)に迫っていて、今日ち …

2019/10/01:メニュー「運用成績」更新
2019/09/01:メニュー「運用成績」更新
2019/08/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up