投資を考える 銘柄ウォッチ

最近気になっている10銘柄(2019年10月)

投稿日:2019年10月5日 更新日:

2019年10月現在、僕は次の銘柄に投資しています。

  1. 日経225連動型ETF(1321)
  2. 江崎グリコ(2206)
  3. コカ・コーラボトラーズホールディングス(2579)
  4. 日本マクドナルドホールディングス(2702)
  5. キユーピー(2809)
  6. 鳥貴族(3193)
  7. 丸井グループ(8252)
  8. オリックス(8591)
  9. SPDR S&P500ETF(SPY)※米国市場銘柄

全部で9銘柄の保有です。

9銘柄というのがなんか中途半端だな、どうせならあと1銘柄加えて10銘柄で投資していきたいなと思い、残り1銘柄を何にするか検討してみました。

最近気になっている10銘柄

最新の四季報や、過去に自分で調査した時の資料をもとに、次の10銘柄の候補をあげました。

01:純金上場信託 現物国内保管型(1540)

「有事の金」と言われるように、株価が暴落したとき、金価格は逆の値動きをします。

分配金がないETFなので、積極的に資産を増やすというより、資産を減らさないためのリスクヘッジとして利用できます。

現物の金塊や金貨を持ったことがないので、一度は持ってみたいという思いはありますが、現物の金をもつデメリットとして「保管場所に困る」「盗難のリスクがある」「手数料が高い」などがあるため、金価格に連動するETFとして保有するほうがよいのかなと考えています。

いま僕の資産は1,000万円くらいですが、もっと資産が増えて1億円近くになったとしたら、資産を守るため現物金や金ETFの保有も考えたいです。

02:SPDR S&P500ETF(1557)

米国市場の米ドル建て「S&P500ETF」には投資していますが、円建ての「S&P500ETF」にも興味があります。

日本と米国の成長性を比較したら、米国のほうが期待がもてますからね。

分配金は国内税と米国税が引かれても1%以上はあるので、保有する価値はあります。

03:カルビー(2229)

いつも銘柄候補にあげているカルビーです。

財務的には優良銘柄なのですが、商品に圧倒的な強みが感じられず、競合他社との差別化がむずかしいんじゃないかと思い、いつも投資に二の足を踏んでしまいます。

でもそろそろ株主優待制度を採り入れるんじゃないかという淡い期待もあるので、100株だけ保有してもいいかなと考えています。

04:セリア(2782)

100円ショップだけど100円以上の価値がありそうな品ぞろえのセリアです。商品力と利益率の高さに魅力があります。

生活に身近な銘柄なので、直接お店に行って商品をチェックできるのが良いです。

保有して応援したい気持ちはありますが、ダイソーやキャンドゥなど競合他社がひしめく業界なので、投資はやめておこうかなと考えています。

05:セブンアンドアイホールディングス(3382)

小売業界を引っぱってきたセブン&アイですが、先日のセブンペイ不正利用の不祥事はあまりにもお粗末な対応でした。

コンビニのセブンイレブン以外の事業がパッとしないのも気になります。

セブン銀行事業もキャッシュレス化の波が来て先行き不安です。

コンビニのなかでセブンイレブンがいちばん好きですが、投資はやめておこうかなと考えています。

06:花王(4452)

「【特色】トイレタリー国内首位、化粧品でも大手。原料からの一貫生産。独自の物流・販社システム所有」(会社四季報2019年秋4集秋版より抜粋)という超安定成長企業です。

株価も右肩上がりで魅力的ですが、花王は競合他社との争いが激しいので、投資はやめておこうかなと考えています。

P&G、ライオン、ユニチャーム、サンスター、資生堂、KOSE・・・各商品ジャンルに強敵なライバルが存在します。

07:リクルートホールディングス(6098)

インディードやAirレジなど、シンプルで画期的なサービスを次々と世に送り出すリクルートホールディングスです。

リクナビで学生の同意を得ずに内定辞退率の予測データを販売した不祥事があったにもかかわらず株価は順調に伸びています。

成長性が高い銘柄なので、100株は持っておきたいと考えています。

08:キュービーネットホールディングス(6571)

10分1,200円でヘアカットしてくれるQBハウスを展開しています。

QBハウスは僕もよく利用するので、サービスの質はよく分かっています。

今までの理髪店よりも手軽で短時間で安いのがいいんですよね。

ひとつだけ難をいうと、店員さんによってカットのスキルに差があるので、下手な店員さんに当たってしまうと「きょうはハズレだった・・・。」とブルーな気分になります。

09:住友商事(8053)

住友商事の企業サイトが美しくて好感がもてるので、それだけで投資をしてみようかなと思いました。

兵頭誠之社長はとても聡明なお顔立ちで、リーダーシップもありそうです。

配当利回りは5.78%でかなりの高配当です。

すごく魅力的な銘柄ですが、いったいどんな事業をやっているのか僕自身よく分かっていないのがネックです。

三菱商事や伊藤忠商事や三井物産と比べ、何か優れているところがあれば投資してみたいです。

10:SBIホールディングス(8473)

いつもSBI証券サイトを利用していて、お世話になっている企業です。

配当利回り4.55%の高配当は魅力的です。自社子会社商品の株主優待があるのも面白そうです。

金融サービス事業、ベンチャー企業投資、バイオ事業、と3本柱の事業構成です。バイオ事業はリスクが大きいですが、当たったら大きいでしょうね。

100株買って、株主として応援したい気持ちはあります。

どれに投資するか検討した結果

いろいろと迷いましたが「カルビー(2229)」に再び投資することにしました。

優良企業で、永続企業で、株主優待を開始する期待と、隠れ株主優待をもらいたい、というのが投資したい理由です。

さっそく来週にでも100株買おうと思います。



関連記事

会社四季報チェック(2019年2集 春号)3

2019年3月15日に「四季報 2019年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 カルビー( …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

「ダイヤモンド・ザイ」のサイトで個人投資家の投資手法を研究

お金の総合サイト「ダイヤモンド・ザイ オンライン」に、個人投資家の投資手法を紹介した記事の特集があったので、何か参考になればと思い、読んでみました。 個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖! そ …

「日経ビジネス 徹底予測2020」

おすすめ度:★★ 日経BP社 「日経ビジネス 徹底予測」は、週刊「日経ビジネス」が12月中旬に発行している特別編です。 著名人へのインタビュー、2019年の年間スケジュール、主要30業種予測、新しいテ …

甘い投資話には気をつけましょう

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがありますよね。 「とても信用できる友人から新規上場株の投資話を持ち …

2020/02/05:メニューの一部を変更
2020/02/02:メニュー「運用成績」更新
2020/01/27:メニュー「株レシピ」更新
Scroll Up