投資を考える 銘柄ウォッチ

会社四季報チェック(2019年4集 秋号)

投稿日:

2019年9月19日に「会社四季報 2019年4集 秋号」が発売されましたね。

では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。

【チェック銘柄】
  • キユーピー(2809)
  • コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)※株式保有中
  • 日本マクドナルドホールディングス(2702)

キユーピー(2809)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【横ばい圏】マヨ・ドレは国内で出足苦戦も尻上がりに伸び、中国は業務用順調。卵加工品の好採算品シフト進む。ただ前期の子会社2社事業譲渡で営業益10億円剥落、利益横ばい圏。創業100周年記念配。20年11月期は国内横ばいも中国調味料牽引。

【深耕】21年度に中国営業拠点40以上目標(18年度32拠点)、外食店深耕。消費増税以降の中食需要増狙い、調味料販促強化。

売上高も利益も横ばいで成長性はのぞめないですが、安定した経営なのでこれからも株を保有していきます。

人口14億人をかかえる中国への展開が重要になってきているので、政治的な面で日中関係が悪化せず「戦略的互恵関係」がさらに深まってくれることを期待しています。

中国への展開が落ち着いたら、次は人口13億人をかかえるインドへの進出が期待されます。2027年頃には中国を抜いて人口世界一の国となります。

インドはカレー大国で、宗教的に牛肉か豚肉がダメで、手で食事する習慣があり、ベジタリアンが多いです。キユーピーのマヨネーズ・ドレッシングが入り込む余地はなさそうですが、食生活の西洋化や健康志向が進めば、十分事業展開の可能性はあります。ハラル認定のマヨネーズもすでに販売していますし、キユーピーがインドに本格進出したら株価も上がるでしょう。

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【減損打撃】前期工場被災した飲料は下期2ライン稼働で供給逼迫改善。が、27年ぶり値上げの影響あり販売数量低調。加えて17年統合時ののれん618億円全額減損。20年12月期は飲料販促奏功。減損消える。

【新中計】24年までに350億円のコスト削減、5年間で約3500億円の設備投資計画。自販機補充や店舗在庫確認の効率化推進。秋から初のチューハイ全国展開開始。

2019年12月期は赤字で着地する見込みです。株価も昨年は4500円あったのに、2019年9月現在2400円で、約半分に落ちています。

ただ、2020年12月期の業績予想をみると、売上高が前期比で増え、赤字も脱却するようなので、いまが底値圏とみています。

経営が大変なときなのに、配当金をずっと25円のままにしてくれているのは、株主にとっては嬉しいです。今後もコカ・コーラボトラーズホールディングスを応援していきます。

四季報にある「チューハイ全国展開開始」は、あまり期待できません。コカコーラのチューハイ「檸檬堂」を飲んだことがありますが、他社に比べて味に特徴があるわけでもないので、販売は伸びないと予想します。キリン「氷結果汁」、サントリー「ストロングゼロ」、タカラ「canチューハイ」には勝てないでしょう。

日本マクドナルドホールディングス(2702)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【上昇中】店舗純増10強(前期1増)。既存店は積極的な販促や改装が効き堅調維持。人件費や広告宣伝費の伸びを吸収し営業益続伸。年金改定特益ない。税負担増。20年12月期はスマホ注文を全国展開し成長続く。
【早期戦力化】iPad活用した従業員教育プログラムを直営店に導入し、研修時間を20%削減。今期中にFC全店にも導入。日米貿易交渉で一部原材料が関税低下へ。

堅調とみてよいでしょう。定期的に新商品を送り出し、消費者を飽きさせない取り組みにも好感がもてます。

10月からの消費税8→10%増税にともなう対応は「7割の商品で税込み価格を据え置き、3割の商品の税込み価格を10円上げる」と早めに方針を打ち出し、現場が混乱しないようにしました。消費者にとっても「店内で飲食」か「持ち帰り」かで価格がコロコロ変わったら、ややこしくなりますからね。マクドナルドは賢い対応をしたと思います。

マクドナルドとは関係ないですが、10月から実施される消費税増税(8%→10%)についてチョット言わせてください! そもそも「軽減税率」や「店内/持ち帰りで税率がかわる」という制度自体ムダで非効率だ!と僕は思います。10月以降、店側も消費者もレジのシステム調整や複雑な会計時の対応に振り回されることでしょう。こんなややこしいことをわざわざ始めて、みんなでややこしいことにあたふたするハメになる日本という国、先行きが心配です・・・。「2020年から消費税10%に増税します。そして2030年には消費税20%に増税するので、大きな買い物はお早めに。」これで良いんじゃないでしょうか。



関連記事

株式投資を何かにたとえると・・・

「株式投資とは〇〇のようなものだ。」と、何かにたとえてみると、株取引がよりイメージしやすくなるんじゃないかと思い、あれこれ考えるのがけっこう楽しいです。 僕が思いついたものを3つご紹介します。 株式投 …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

2017年3月28日権利付最終売買日の結果 昨日の3月27日(月)は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日(火)の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していました。 しかしフタを開けてみると …

投資用語&投資指標の復習「PER」

投資に関する用語や指標って、けっこうたくさんありますよね。 投資家なら誰もが知っているものから、複雑に数式が絡み合った意味不明なものまで、いろいろあります。 いちおうメジャーな用語・指標の意味は理解し …

先物・オプション取引を独学する[4]書籍(オプション取引①基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍でオプション取引について学びました。 世界一やさしい 日経225 オプション取引の教科書1年生 (岩田 亮 著、ソーテック社) …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

(岩田 亮 著、ソーテック社) さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しようと思えばいつ …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up