約定記録 取引の記録

約定記録(2019年7月17日):買付

投稿日:

買付

:コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス〔2579〕(100株)

買値 : 2702円

取引理由

:コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス〔2579〕(100株)

みずほ証券がレーディング予想を「中立2840円→2900円」に変更したニュースが流れたこともあり、今日だけで2%程度上昇しました。

昨年2018年半ばからずっと下落基調だったコカ・コーラですが、「もうそろそろ下落も終わりなんじゃないか?」と思い、ナンピン買いしました。

これで300株保有となりました。

200株ナンピン買いしようかとも思いましたが、慎重に100株ずつにしました。

明日以降で株価が下がったら、さらに100株買い増していきます。

信用買いした銘柄の株価が低迷したとき、選ぶ道は?

現在、信用買いのTOPIX連動型ETF(1306)を1000口持っていますが、含み損が-3.53%になっています。金額にして-58,831円の含み損です。

また、7月2日に買い付けてから2週間が経ちますが、取引手数料や買方金利を含めると2,831円がすでに引かれています。

信用取引は、自分が持っている資産以上の取引ができるのは便利ですが、時間がたてばたつほど費用がかさんでくるのは精神的に余裕がなくなってきます。

信用買いした銘柄が含み損を抱えたとき、選ぶ道はいくつかあります。

  1. 損したまま返売する(つまり損切りする)
  2. 信用取引のナンピン買いをする
  3. 現引きする(買付余力を使い、現物株として買い入れる)
  4. なにもせずジッとしている

僕は損切りしないポリシーなので「1.」の返売は考えていません。

「2.」のナンピン買いか、「3.」の現引きか、「4.」の何もしないか、のいずれかの道を選びます。どれを選ぶかは、今後の株価見通しによって決めることにしています。

株価が上がり始めた場合は、「2.」のナンピン買いをします。

株価がこれから数ヶ月上がる見込みがないと判断した場合は、「3.」の現引きを選びます。

株価の見通しが立たないときは、「4.」の何もしないことになります。

取引金額が大きいので、利益が出るときは一気に資産が増えてくれます。損するときは一気に資産が減ってしまいます。その辺のリスクとリターンをどう考えるかになります。

僕は今のところ、信用買いという投資商品は、少ないリスクで大きなリターンを得られる金融商品だと思っているので、これからも取引を続けます。



関連記事

約定記録(2020年6月29-7月3日):買付/売却

今週の約定 損益額合計:+31,000円 年月日 約定 損益額 2020/06/29(月) 買・売 +28,300円 2020/06/30(火) 売 +2,700円 2020/07/01(水) 買 & …

約定記録(2017年5月24日):買付

買付 江崎グリコ(100): 買値 6260 S&P500ETF(10): 買値 240.2 取引理由 〔江崎グリコ〕昨日売った100株分を買い戻しました。昨日の売値が6290円なので、それよ …

約定記録(2019年2月5日):買付

買付 買:オリックス〔8591〕(100株) 買値 : 1666.5円 買:オリックス〔8591〕(100株) 買値 : 1663.5円 取引理由 買:オリックス〔8591〕(200株) 「きょうの相 …

約定記録(2019年3月20日):売却/買付

売却 売:丸井グループ〔8252〕(100株) 損益%: +3.9% 損益額: 8,200円 買値 : 2111円 売値 : 2193円 売:日本取引所グループ〔8697〕(100株) 損益%: +2 …

ポートフォリオ(2018年12月21日)

マーケット概況 日経平均 20,166円 NYダウ $22,859 米ドル/円 111.2円 保有銘柄  icon-square SBI証券(円建て:国内数銘柄の中長期投資) 銘柄 株数 含み損益 日 …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up