約定記録 取引の記録

約定記録(2019年7月1日):売却(信用返売)

投稿日:2019年7月1日 更新日:

売却

:日経225連動型ETF〔1321〕(200口)※信用返売

損益%: +1.2%
損益額: +55,000円
買値 : 22265円
売値 : 22540円

取引理由

:日経225連動型ETF〔1321〕(200口)※信用返売

週明けの日経平均株価は+454円高の21,729円まで上昇しました。

保有していた信用株が含み益プラスになったので、すかさず利益確定しました。

5月に買い付けて以来、2ヶ月の間ずっと含み損でしたが、ようやく売ることができてスッキリしました!

売買益だけみると+55,000円の利益ですが、すでに保有2ヶ月分の金利約-19,000円が引かれていて、さらに税金が-7,500円引かれるので、実質+25,000円程度の利益です。

まあ、でも一時は-18万円近くの含み損を抱えていたので、それを思えば、よくぞプラス圏に戻ってくれました!

僕は株式投資を「RPGゲームのダンジョン」のように考えていますが、まさに今回の取引は「あぶないダンジョンに挑戦して、よくぞ無事に生きて帰って来れた!」といった気分です。

明日以降、さらに上げるかもしれませんが、ここで一旦信用株のポジションをゼロにするチョイスが、僕にとっては精神衛生上ベストな選択でした。

きょう7月1日(月)は、日経平均株価が急騰!

日経平均株価、ひさしぶりに上げましたねー。前週比で+454円の21,729円まで伸びました。

週末にかけて、いくつかのプラス要因が重なったのが要因です。

  • 6/28(金)、29(土)開催のG20大阪サミットが、大きな問題なく閉幕した。
  • G20サミットにあわせて、米トランプ大統領と中国習近平国家主席との米中首脳会談が行われ、貿易摩擦交渉は決裂することなく継続交渉となり、米国による中国への追加関税措置が見送られた。
  • サミット閉幕翌日の6/30(日)に、米トランプ大統領が突然韓国の板門店を訪れ、北朝鮮の金正恩代表と会談した。米国大統領として初めて北朝鮮の領土へ足を踏み入れる、というサプライズをやってのけた。

とにかく米トランプ大統領には驚きました。フットワーク軽く北朝鮮を訪問するというストーリーは、もともとトランプが思い描いていたものなのか、それとも単なる思いつきなのか、それは分かりませんが、ビジネスで大成功したトランプ氏が、実業家として培った交渉のノウハウを存分に発揮した行動だったといえます。文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領が一緒だったとはいえ、単身で北朝鮮の領土に踏み入るのは、命の危険も伴う行動です。「私は金正恩氏を信用している。」というメッセージを強烈に伝えることができました。

派手な演出の多い劇場型トランプ政治ですが、トランプ大統領と金正恩代表が板門店の国境で握手する姿には、なにか胸が熱くなるものがありました。



関連記事

約定記録(2020年5月4-8日):売却(信用返売)

5月4日(月)※みどりの日で日本市場は休場 約定なし。 NYダウの終値:前日比+26ドルの23,749ドル NYダウは小幅高で終わりました。 ただ、米企業が破産申請したというニュースが相次いで先行きが …

約定記録(2018年8月2日):買付

買付 買:カシオ計算機〔6952〕(100株) 買値 : 1694.9円 取引理由 買:カシオ計算機〔6952〕(100株) 手持ちの買付余力現金が、あと17万円残っていました。 そして、東証一部の値 …

保有資産評価(2017年02月28日): 871万円

きょうで2月が終わりです。おつかれさまでしたー。 「1月は行く、2月は逃げる、3月は去る」という言葉どおり、あっという間の2月でした。 この1ヶ月を振り返ると、先月より30万円ほど資産を増やすことがで …

約定記録(2018年12月12日):買付(信用)

買付 買:日経225連動型ETF〔1321〕(30株)※信用買 買値 : 22190円 取引理由 買:日経225連動型ETF〔1321〕(30株)※信用買 日経平均株価は前日比+454円の21,602 …

ポートフォリオ(2020年3月21日)

マーケット概況 日経平均 16,552円 NYダウ $19,173 米ドル/円 110.8円 資産内訳 証券口座 株式 現金 ■SBI(円) 653 54 ■SBI(ドルを円換算) 127 82 合計 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up