取引の記録 取引分析

3年分の月別取引回数を集計・分析

投稿日:2019年6月6日 更新日:

「最近の自分の取引回数は、ちょっと多すぎるんじゃないだろうか?」

という気がしたので、取引記録Excel管理表から月別の取引回数を集計し、客観的に分析してみました。

取引記録Excel管理表の作成方法を書いた記事はこちら

月別取引回数の集計方法を書いた記事はこちら

過去3年間の月別取引回数を集計しました。

集計期間は「2016年6月」から「2019年5月」までの36か月間です。

3年分の月別取引回数、集計結果

下図のように月毎の取引回数を「買付回数」「売却回数」それぞれで集計しました。

この集計データをグラフ化しました。

い棒グラフが買付回数、い棒グラフが売却回数です。

月別取引回数を集計してわかったこと

集計してわかったことです。

  • 買付と売却でグラフの形がちがう。買付はなだらかで、売却は鋭角。売却取引は、売れるチャンスのときに何回かに分けて売り注文を出しているので取引回数が増えるからだと思われる。
  • 2016年9月頃に取引回数が急増した理由は2つ。「①短期の信用取引をくりかえした期間だから」「②取引単価が5万円以下のセブン銀行(8410)をたくさん取引したから」。
  • 2017年12月と2018年12月に取引回数が増えているのは、日経平均株価が急落したことが影響したと思われる。相場が大きく動いたときは、取引する絶好のチャンスなので、取引回数も自然と増えている。
  • 2016年11月頃から、取引回数がなだらかに増加を続けている。理由はブログのネタを確保するために無理して取引したからだと思われる。2016年11月はちょうど当ブログを開始した時期。記事は毎日更新を目標にしているが、書くネタがないとき、無理して株取引をして記事のネタを確保したかったのではないかと思われる。自分では意識していなくても、無意識にそういう判断をしていたのかもしれない。これは反省すべき。

あまり取引回数が多いのは考えものなので、これからはもっとドッシリかまえて、ここぞというときだけ取引するように心がけます。

僕が大好きな投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」のなかにも、次のような一節があります。

あわてて市場に飛び込んだり、飛び出したりしないこと。頻繁な売り買いは損失を増やすという調査結果がある。

(補足)月別取引回数をもっとカンタンに集計する方法

取引記録Excel管理表から月別取引回数を集計する方法ですが、ExcelのCOUNT関数を使わなくてもカンタンに集計する方法がありました。

下の図のように、1ヶ月分のセルをドラッグして選択すると、下のほうに「セルの個数:8」というふうに個数が表示されます。Excel関数を使うより、こっちのほうが手軽でした。



関連記事

約定記録(2019年3月11日):売却

売却 売:丸井グループ〔8252〕(100株) 損益%: +0.5% 損益額: 1,010円 買値 : 1965.0円 売値 : 1975.1円 売:丸井グループ〔8252〕(100株) 損益%: + …

約定記録(2019年3月5日):買付(信用)

買付 買:日経225連動型ETF〔1321〕(100口)※信用買 買値 : 22380円 取引理由 買:日経225連動型ETF〔1321〕(100口)※信用買 昨日より値を下げていたので、とりあえず1 …

約定記録(2018年6月6日):買付(信用買)

買付 買:江崎グリコ〔2206〕(100株) 買値 : 5530円 取引理由 買:江崎グリコ〔2206〕(100株) 江崎グリコを100株信用買いしました。 前回、江崎グリコを信用取引したときは、55 …

ポートフォリオ(2020年2月22日)

マーケット概況 日経平均 23,386円 NYダウ $28,992 米ドル/円 111.5円 資産内訳 証券口座 株式 現金 ■SBI(円) 727 148 ■SBI(ドルを円換算) 37 321 合 …

約定記録(2019年7月2日):買付(信用)/売却

売却 売:日本取引所グループ〔8697〕(100株) 損益%: +0.5% 損益額: +800円 買値 : 1742円 売値 : 1750円 買付 買:TOPIX連動型ETF〔1306〕(1000口) …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up