テレビ・映画 その他

おすすめ映画「マトリックス」(主演:キアヌ・リーヴス)

投稿日:2019年5月6日 更新日:

「マトリックス(MATRIX)」は1999年に日本で公開されたアメリカ映画です。

見た目はSFアクション映画ですが、扱うテーマは哲学的で深いです。

「この世界はどうやってできているのか?」「人間とは何なのか?」という問題について考えさせられる映画です。

「マトリックス」作品概要

  • 公開:1999年
  • 監督:ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー
  • 出演:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 制作国:アメリカ合衆国
  • あらすじ:
    天才ハッカーのネオは、この世がコンピューターによって作られた仮想現実であることを知り、本当の現実世界に目覚める。現実世界では人間は培養液の入ったカプセルの中に入れられ、コンピュータの動力源として利用されていた。ネオは自分が救世主であることを知り、仲間のモーフィアスやトリニティーとともに、人類をコンピューターから解放する戦いに挑む。

「マトリックス」のおすすめポイント

この映画のおすすめポイントです。

  • 「この世はすべて仮想現実」という設定そのものにワクワクする。
  • ちょっと暗めの独特の世界観が心地よい。
  • 主人公のネオ(キアヌ・リーヴス)が徐々に救世主として覚醒していく姿がカッコいい。

「マトリックス」のお気に入りシーン(ネタバレあり)

僕がこの映画で気に入っているシーンです。

映画冒頭、トリニティーによるアクションシーン

映画がはじまって、いきなりトリニティーが大ピンチ! 警察とエージェントに追われ、絶対絶命となりますが、長いアクションシーンの末、なんとか電話ボックスまでたどり着いて、仮想現実から抜け出します。

サイファーがエージェントと取引するシーン

抵抗軍の一員であるサイファーが、敵であるエージェントと会い、抵抗軍を裏切ろうと取引をします。レストランでステーキを食べながら「この肉も実在しないんだよな。口のなかに放り込むと、マトリックスが脳に信号を送り、うまいと錯覚させる。」と言いながら美味しそうにステーキを食べながらため息をつきます。

ネオが予言者に会いにいくシーン

ネオは自分が本当の救世主かどうか見極めるため、予言者に会いにいきます。予言者は古いアパートに住んでいる、ごく普通の中年女性でした。冷蔵庫にマグネットが貼ってあるような何気ない台所の風景で繰り広げられる予言者とネオのやり取りが、現実ばなれした空気感を醸し出しています。

「マトリックス」は芸術作品

監督のウォシャウスキー兄弟は「マトリックスは、フランスの哲学者ジャン・ボードリヤールの著書『シミュラークルとシミュレーション』からストーリーのヒントを得た」と言っています。

人間とは何なのか、現実世界とは何なのか、この映画を観て考えさせられます。ただのアクション映画ではなく、芸術作品といってよい美しさがあります。

ちなみに続編の「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」は、あまりおすすめできません。どちらも1作目のパロディ映画になってしまっています。悪役のエージェント・スミスが笑えるので、コメディ映画としてなら楽しめますが。

映画「マトリックス」公式サイト



関連記事

商売繁盛!今宮戎神社にお礼参りしてきました(2017年12月)

2017年も無事に投資が行えたことを感謝して、商売繁盛、福徳円満の神様が宿る今宮戎神社(いまみやえびす)にお礼参りしてきました。 大阪なんばの繁華街から南にちょっと外れた場所にあります。 最寄り駅は …

「家、ついて行ってイイですか? 」53〔2019/1/23〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 1月23日(水)の放送分は「衝撃暴露&放送ギリギリSP」で、3組のかたが登場しました。 30代夫婦&子ども3人 …

東海林さだおの「○○の丸かじり」シリーズが好きだ!

(僕の丸かじりシリーズ文庫本コレクションの表紙) 本屋にフラッと立ち寄ったとき、つい自然と手が伸びて買ってしまう文庫本があります。 東海林さだおの「○○の丸かじり」シリーズ(文春文庫)です。 1話で7 …

ノートパソコンはASUSがおすすめ!

ASUSのノートパソコンをおすすめする理由 僕が私生活で使っているノートパソコンは、台湾メーカーのASUS(エイスース、アスースとも言う)製のものです。 数年前に2万円くらいで買いました。 今このブロ …

おすすめ映画「お父さんのバックドロップ」(中島らも原作)

「お父さんのバックドロップ」は2004年に公開された日本映画です。 中島らもさんの短編小説「お父さんのバックドロップ」が原作で、中島らもさん自身もチョイ役で映画に出演しています。 1980年頃の大阪を …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up