テレビ・映画 その他

おすすめ映画「マトリックス」(主演:キアヌ・リーヴス)

投稿日:2019年5月6日 更新日:

「マトリックス(MATRIX)」は1999年に日本で公開されたアメリカ映画です。

見た目はSFアクション映画ですが、扱うテーマは哲学的で深いです。

「この世界はどうやってできているのか?」「人間とは何なのか?」という問題について考えさせられる映画です。

「マトリックス」作品概要

  • 公開:1999年
  • 監督:ラリー・ウォシャウスキー、アンディ・ウォシャウスキー
  • 出演:キアヌ・リーブス、ローレンス・フィッシュバーン、キャリー=アン・モス
  • 配給:ワーナー・ブラザース
  • 制作国:アメリカ合衆国
  • あらすじ:
    天才ハッカーのネオは、この世がコンピューターによって作られた仮想現実であることを知り、本当の現実世界に目覚める。現実世界では人間は培養液の入ったカプセルの中に入れられ、コンピュータの動力源として利用されていた。ネオは自分が救世主であることを知り、仲間のモーフィアスやトリニティーとともに、人類をコンピューターから解放する戦いに挑む。

「マトリックス」のおすすめポイント

この映画のおすすめポイントです。

  • 「この世はすべて仮想現実」という設定そのものにワクワクする。
  • ちょっと暗めの独特の世界観が心地よい。
  • 主人公のネオ(キアヌ・リーヴス)が徐々に救世主として覚醒していく姿がカッコいい。

「マトリックス」のお気に入りシーン(ネタバレあり)

僕がこの映画で気に入っているシーンです。

映画冒頭、トリニティーによるアクションシーン

映画がはじまって、いきなりトリニティーが大ピンチ! 警察とエージェントに追われ、絶対絶命となりますが、長いアクションシーンの末、なんとか電話ボックスまでたどり着いて、仮想現実から抜け出します。

サイファーがエージェントと取引するシーン

抵抗軍の一員であるサイファーが、敵であるエージェントと会い、抵抗軍を裏切ろうと取引をします。レストランでステーキを食べながら「この肉も実在しないんだよな。口のなかに放り込むと、マトリックスが脳に信号を送り、うまいと錯覚させる。」と言いながら美味しそうにステーキを食べながらため息をつきます。

ネオが予言者に会いにいくシーン

ネオは自分が本当の救世主かどうか見極めるため、予言者に会いにいきます。予言者は古いアパートに住んでいる、ごく普通の中年女性でした。冷蔵庫にマグネットが貼ってあるような何気ない台所の風景で繰り広げられる予言者とネオのやり取りが、現実ばなれした空気感を醸し出しています。

「マトリックス」は芸術作品

監督のウォシャウスキー兄弟は「マトリックスは、フランスの哲学者ジャン・ボードリヤールの著書『シミュラークルとシミュレーション』からストーリーのヒントを得た」と言っています。

人間とは何なのか、現実世界とは何なのか、この映画を観て考えさせられます。ただのアクション映画ではなく、芸術作品といってよい美しさがあります。

ちなみに続編の「マトリックス リローデッド」「マトリックス レボリューションズ」は、あまりおすすめできません。どちらも1作目のパロディ映画になってしまっています。悪役のエージェント・スミスが笑えるので、コメディ映画としてなら楽しめますが。

映画「マトリックス」公式サイト



関連記事

旅の記憶を心に刻む3つの行動とは?

旅といえば、ある雑誌のコラムを思い出します。 十年くらい前に、旅行関係のナントカという雑誌で、ナントカというテレビのプロデューサーの人が書いたコラムなんですが・・・スミマセン、出典はすっかり忘れちゃい …

毎週月-金の夜10時は、BSジャパンのニュース番組「日経プラス10」で決まり!

平日の夜10時から、BSの7チャンネルでやっている番組「日経プラス10」が好きで、よく観ています。 「日経プラス10」とは 毎週月曜から金曜の、夜10時から生放送されている報道ニュース番組です。 日経 …

東京証券取引所を見学したときの思い出の品「オリジナルグッズのキーホルダー」

これは、東京都中央区日本橋兜町にある東京証券取引所を見学したとき、自分へのお土産として買った革のキーホルダーです。 5年前の2012年12月に買ったものです。たしか350円か400円くらいだったと思い …

大阪市内のおすすめスーパー銭湯BEST3!

スーパー銭湯(日帰り入浴施設)、めっちゃ好きです。 家のお風呂より大きな湯船でのんびり手足をのばして癒しの時間を満喫できる場所。コンクリートジャングルに生きる、我々疲れ切ったオッサンにとって、まさにオ …

あなたにしかできないこと、きっとあるはず。

「あなたにしかできないこと、きっとあるはず。」 この言葉は僕が中学生のとき、担任の先生からいただいた手紙のなかの言葉です。 もうかれこれ30年くらい前のことになります。 「これからいろんな経験をしてい …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up