投資を考える コラム

失敗談「丸井グループ誤発注」

投稿日:

ひさしぶりにヤッてしまいました。

誤発注注文5,190円の損をしてしまいました。

丸井グループを100株買っていて、買値より高めの指値注文したつもりが、5,000円も低い指値をしてしまい、あっという間に約定してしまいました。

反省の意味をこめて経緯を記録しておきます。

丸井グループ(8252)取引の経緯

2019年3月26日

2272円で100株現物買いしました。この日は3月決算銘柄の権利付最終売買日で、丸井グループもそのひとつでした。株主優待をもらいたかったので、100株買った次第です。

2019年3月27日

権利落ち日となり、2227円まで下がっていましたが、買値まで戻ったら自動的に売却できるように指値注文売りをしました。

もともといくらの価格で注文するつもりだったのか、よく覚えていないのですが、注文履歴を見ると2220円で指値売りの注文を出していました。

すぐに約定され、買値2272円-売値2220円となり、損失額-5,000円、損益率-2.3%の取引となってしまいました。

丸井グループの取引、何が失敗だったのか?

原因がはっきり分かっていないのですが、もしかすると注文するとき「日本取引所グループ(8697)」も指値注文をしていたので、「丸井グループ」「日本取引所グループ」の同じ「グループがつく銘柄」まちがいで、勘違いで注文してしまったのかもしれません。

ちなみに日本取引所グループの株は、その日に2030円で売却していました。

事実関係からすると、今回の誤発注の原因は、注文するときの確認不足が原因だったと思われます。

今回の取引から学んだ教訓

今回の失敗から、次のことを学びました。

  • 注文は慎重に行うべし。まちがいないか何回でも確認するべし。
  • 似たような銘柄名を混同していないか、とくに注意すべし。
  • 指値の数値入力も注意すべし。SBI証券では数値を手入力する以外に、板の気配値をクリックしても指定できる。なるべく間違いの起こりにくい手法をとるべし。
  • 指値の誤発注が心配なら、取引時間中に成行注文するほうがリスクが低いので、選択肢に入れるべし。

「クリックひとつのまちがいでお金がアッサリ消えてしまう」というインターネット証券の手軽さとコワさを味わいました。

同じ失敗を繰り返さないよう、これから気をつけます!



関連記事

会社四季報チェック(2018年2集 春号)2

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グリコ …

明日は権利付最終売買日だけど、どうするカニ!?

明日、2017年3月28日(火)は、3月の権利付最終売買日ですね。 さて、動くか、動かないか、どうするカニ!? 手持ちの株のなかでは、江崎グリコ(2206)が3月に権利確定で、これは保有のままで決まり …

SBI証券のサイトで信用取引を学ぶ

信用取引売り(空売り)の初体験に向けて、只今準備中です。 空売りするとしたら信用建余力が多いほうが有利なので、投資資金の70%を入金しているSBI証券で取引しようと考えています。 SBI証券のサイトに …

はじめてのリアルタイム板はコワい

証券会社に口座を開くと利用できる、売気配と買気配が分かるリアルタイム板(いた)の話です。 ※上の図は、表計算ソフトで実物の板をマネして作りました。 リアルタイム板は最初コワかった リアルタイム板は、売 …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ 岩田 亮 著 ソーテック社 さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しよう …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up