投資を考える コラム

失敗談「丸井グループ(8252)誤発注」

投稿日:2019年4月4日 更新日:

ひさしぶりにヤッてしまいました。

誤発注注文で5,190円の損をしてしまいました。

丸井グループを100株買っていて、買値より高めの指値注文したつもりが、5,000円も低い指値をしてしまい、あっという間に約定してしまいました。

反省の意味をこめて経緯を記録しておきます。

丸井グループ(8252)取引の経緯

2019年3月26日

2272円で100株現物買いしました。この日は3月決算銘柄の権利付最終売買日で、丸井グループもそのひとつでした。株主優待をもらいたかったので、100株買った次第です。

2019年3月27日

権利落ち日となり、2227円まで下がっていましたが、買値まで戻ったら自動的に売却できるように指値注文売りをしました。

もともといくらの価格で注文するつもりだったのか、よく覚えていないのですが、注文履歴を見ると2220円で指値売りの注文を出していました。

すぐに約定され、買値2272円-売値2220円となり、損失額-5,000円、損益率-2.3%の取引となってしまいました。

丸井グループの取引、何が失敗だったのか?

原因がはっきり分かっていないのですが、もしかすると注文するとき「日本取引所グループ(8697)」も指値注文をしていたので、「丸井グループ」「日本取引所グループ」の同じ「グループがつく銘柄」まちがいで、勘違いで注文してしまったのかもしれません。

ちなみに日本取引所グループの株は、その日に2030円で売却していました。

事実関係からすると、今回の誤発注の原因は、注文するときの確認不足が原因だったと思われます。

今回の取引から学んだ教訓

今回の失敗から、次のことを学びました。

  • 注文は慎重に行うべし。まちがいないか何回でも確認するべし。
  • 似たような銘柄名を混同していないか、とくに注意すべし。
  • 指値の数値入力も注意すべし。SBI証券では数値を手入力する以外に、板の気配値をクリックしても指定できる。なるべく間違いの起こりにくい手法をとるべし。
  • 指値の誤発注が心配なら、取引時間中に成行注文するほうがリスクが低いので、選択肢に入れるべし。

「クリックひとつのまちがいでお金がアッサリ消えてしまう」というインターネット証券の手軽さとコワさを味わいました。

同じ失敗を繰り返さないよう、これから気をつけます!


関連記事

東証マザーズ上場銘柄への投資を検討

成長企業向けの市場である東証マザーズに上場している327企業の中から、投資したい銘柄を選定しました。 きっかけは「2020年 新型コロナウイルス感染拡大」です。東証1部や2部に上場している大企業・老舗 …

テレビCMが優れている国へ投資したい

テレビCMを観れば国力がわかる SBI証券で外国株式に投資する場合、9ヶ国の上場企業から投資先を選ぶことができます。 米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの …

会社四季報チェック(2020年3集 夏号)

2020年6月26日に「四季報 2020年3集 夏号」が発売されましたね。 では、証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックします。 【チェック銘柄】 日本マクドナルドホールディン …

会社四季報チェック(2019年2集 春号)2

2019年3月15日に「四季報 2019年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 コカ・コー …

株式投資で初めて買った株は「極楽湯(2340)」でした

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up