約定記録 取引の記録

約定記録(2019年3月5日):買付(信用)

投稿日:2019年3月5日 更新日:

買付

:日経225連動型ETF〔1321〕(100口)※信用買

買値 : 22380円

取引理由

:日経225連動型ETF〔1321〕(100口)※信用買

昨日より値を下げていたので、とりあえず100口買っておきました。

いつものように本業サラリーマンの昼休みに取引したのですが、スマホのSBI証券サイトで注文するとき、一般信用取引で買うつもりが、まちがえて制度信用取引で買ってしまいました。

自分のデスクで気持ちよくうたた寝をしていて、12時40分ごろに起きたのですが、起きてすぐに取引したので、頭が寝ぼけていました。これは反省しなければなりません。

SBI証券では注文時に「制度信用取引」か「一般信用取引」を選ぶんですが、初期選択が「制度信用取引」なので、とくに変更しなければ、勝手に「制度信用取引」になってしまうんです。

一般信用取引をしたい僕にとっては、設定画面か何かで「一般信用取引」が初期選択になると嬉しいんですが・・・。または「制度信用取引」か「一般信用取引」か最初は選ばれてなくて、どちらかを手動で選択しないことには注文できないように制御をかけてほしいです。

まあでも、「一般信用取引」は、世間一般ではマイナーな選択肢なんでしょうね、きっと。

  • 制度信用取引は6ヶ月の売買期限があって、日々引かれていく金利が比較的安い
  • 一般信用取引は売買期限がなくて無制限、日々引かれていく金利が比較的高い

信用取引の建玉を保有していて、急に相場が暴落したとしたら、制度信用取引と一般信用取引のどちらがリスクが高いか? 僕は制度信用取引のほうがリスクが大きいと考えます。

「一般信用取引」では、売買期限が無いです。つまりいつまででも保有しておいてよいです。もちろん年に数%の金利が引かれ続けていきますが、「制度信用取引」は、半年後に強制決済しなければならないというデメリットがあります。

「損をかかえたまま、強制的に反対売買させられる」

というのは、とても切ないです。できればそのような目に遭いたくありません。

だから多少金利が高くても、僕は一般信用取引で取引していきます。



関連記事

約定記録(2020年4月20日-24日):買付

4月20日(月) 約定なし。 日経平均株価終値:前日比-228円の19,669円 NYダウの終値:前日比-592ドルの23,650ドル 保有株6銘柄の含み損は-4%~-46%となっています。買付余力現 …

丸井グループの株主優待品が届きました!(2019年12月)

丸井グループ(8252)の株主優待品が届きました! 優待内容は、次の2つです(100株保有の場合)。 買物券1,000円相当(マルイ各店・モディ各店で利用可) Webクーポン1,000円相当(マルイの …

約定記録(2019年9月19日):売却(現物・信用返売)

売却 売:日経225連動型ETF〔1321〕(10口)※信用返売 損益%: +0.2% 損益額: 400円 買値 : 22460円 売値 : 22500円 売:丸井グループ〔8252〕(100株) 損 …

約定記録(2020年7月20-24日):買付

今週の約定 損益額合計:0円 年月日 約定 損益額 2020/07/20(月) – – 2020/07/21(火) – – 2020/07/22(水) …

約定記録(2020年7月27-31日):買付

今週の約定 損益額合計:0円 年月日 約定 損益額 2020/07/27(月) 買 – 2020/07/28(火) – – 2020/07/29(水) 買 &#82 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up