世の中のできごと スポーツ

2019年2月1日 アジアカップ決勝「日本vsカタール」!

投稿日:2019年2月2日 更新日:

2019アジアカップUAE大会!

日本代表は苦しみながらも決勝ファイナルまで勝ち上がりました!

そして2月1日(金)日本時間23:00より、決勝戦「日本vsカタール」が行われました。

日本vsカタール 先発メンバー

  • GK:権田修一
  • DF:吉田麻也、冨安健洋、長友佑都、酒井宏樹
  • MF:塩谷司(伊東純也)、柴崎岳、原口元気(武藤嘉紀)、南野拓実(乾貴士)、堂安律
  • FW:大迫勇也

※カッコ内は交代選手

日本vsカタール 試合展開と結果

(一部、スポーツナビのサイトより引用)

  • 前半12分:左サイドの敵陣中央からアクラムアフィフがクロスを出すと、アリがゴールを背にした状態でトラップし、3タッチ目でアクロバティックなバイシクルシュートを放つ。これがゴール右隅に吸い込まれカタール先制ゴール! 
  • 前半27分:アクラムアフィフが相手を引き付けてパスを出すと、空いたスペースでハティムが受ける。ハティムは吉田をかわして左足で鮮やかなミドルシュート。巻くような軌道を描いたボールがゴール左に突き刺さり、カタール2点目ゴール!
  • 後半6分:日本 たてつづけにコーナーキックを奪い攻勢をかけるが、ゴールは奪えず。
  • 後半24分:塩谷がペナルティエリア手前から縦パスを入れると、DFを背負った大迫がワンタッチで落とす。走り込んだ南野はGKに詰められるも、うまくボールを浮かしてシュートを決め日本ゴール! 1点差に詰め寄る。
  • 後半34分:セットプレーの攻防の際、吉田の手にボールが当たっていたかどうか、映像で確認が行われ、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)で吉田のハンドと判定されてPKとなる。PKを決めカタールゴール! 点差を再び2点に広げる。
  • 後半44分:日本は南野を乾に代え、最後の反撃に出るが及ばず試合終了。

結果、1-3で日本はカタールに負けました!

試合の感想

残念な結果となりました。

前半はカタールのペースで試合がすすみ、後半は日本のペースでした。

前半にカタールから奪われた2ゴールは、チームとして崩されたというよりも、個人技でねじ込まれた感があります。決定力の差が出てしまいました。

さらに後半、日本が1点を返して勢いにのった矢先に、吉田のハンドという不可解な判定でPKを奪われ、リズムに乗れないまま試合終了となりました。

あれはハンドではないです! VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)が採用されていなかったら、きっとハンドではなかったでしょう。吉田はただジャンプしてヘディングして、ヘディングしたボールがちょっと手をかすめただけでした。決して故意に手を使ったわけではないし、その後のプレーを妨げる行為でもありませんでした。でも、手に当たった映像がしっかり残っていると、審判としては「これは故意に手を使ったわけではないので、PKではない。」とは言いづらいんでしょうね。VARの弊害が出た場面でした。

しかしながら、今大会からアジア杯でもVARが導入され、これまでアジア杯で繰り返されてきた、レフリーによる不可解な判定は少なくなった印象です。そこに関しては、VARを導入して良かったと思います。

今大会、日本代表は7試合戦うことができて、若手もたくさんの経験を積むことができ、収穫は多かったと思います。

これからもサッカー日本代表を応援します!



関連記事

2017年 4月・5月・6月の主要イベントを振り返る

2017年も早いもので半年が過ぎ、第2四半期がおわりました。 1月9日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、第2四半期のイベントが結局どうなったのかを振り返ります。 ※一部、年初には記 …

トランプ米大統領誕生

日本時間の1月21日の午前2時頃、アメリカの第45代大統領にドナルド・トランプ(Donald Trump)氏が就任しました。 就任演説で言ったことや、ホワイトハウスのホームページ発表の内容です。 米国 …

「副業を福業に」(2017年8月10日朝日新聞)

朝日新聞の金融情報面に「経済気象台」というコーナーがあって、経済や投資にまつわるコラムが載っているのをご存知ですか? ちょっとした豆知識やニュースを読みやすくまとめているので、朝日新聞を読むときはいつ …

2017年8月11日(金)の日経新聞を拾い読み

2017年8月11日(金)の日経新聞を拾い読みしてみました。 「相続1000兆円時代へ 貯蓄から投資に逆風」 まずは「相続1000兆円時代へ 貯蓄から投資に逆風」という記事が目につきました。 相続10 …

2018年 7月・8月・9月の主要イベントを振り返る

2018年の第3四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、7月、8月、9月のイベントは結局どうなったのか振り返ってみます。 7月 ・6月の日銀短観(7/2) …

2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
Scroll Up