約定記録 取引の記録

約定記録(2019年1月17日):売却

投稿日:2019年1月17日 更新日:

売却

:日本取引所グループ〔8697〕(100株)

損益%: +0.2%
損益額: +300円
買値 : 1952円
売値 : 1955円

取引理由

:日本取引所グループ〔8697〕(100株)

前場の序盤は日経平均株価が前日比でプラスとなっていました。

そのタイミングで日本取引所グループの含み損益がプラスになったので、100株だけ利益確定売りしました。

ほとんど利益はありませんが、買付余力を確保できたので満足です。

こういう地味な取引が、僕は好きです。

日本取引所グループ株は、保有日数が2か月経ち、初めて含み損益プラスになりました。我慢強くナンピン買いしていったのが実を結びました。

きょう確保した現金は、日本取引所グループを再びナンピン買いするための資金とするので、手を出さないようにします。

はじめて貸株サービスを利用しました

はじめて「貸株(かしかぶ)」という取引をしてみました。

貸株サービスとは?(SBI証券サイトより引用)

貸株サービスとは、お客さまが保有している株式を当社に貸出すことで、銀行にお金を預ける(貸す)と利息がもらえるように、 貸出した株式に応じた貸株金利を受取ることができるサービスです。
当社はお客さまから借り受けた株式を機関投資家が参加する「貸株市場」に貸出すことで貸株料を受取り、お客さまへ貸株金利をお支払いいたします。

貸株サービスの存在自体は知っていましたが、受け取る金利がたった0.1%程度なので、貸す意味がないなと思い、これまで興味がありませんでした。

でも先日SBI証券のサイトを見ていると、貸株の中には「貸株金利1.0%以上のプレミアム銘柄」が存在することを知りました。

そして僕の保有株の中に「貸株金利プレミアム銘柄」が1つだけありました。

鳥貴族です。貸株金利はなんと3.0%

保有株数800株で、含み損率40%、という超塩漬け株となってしまった鳥貴族ですが、少しは利益に貢献してくれそうなので、さっそく貸株振替処理を行いました。

800株の評価額は約150万円なので、150×3%(0.03)=45,000となります。

塩漬け株から年間4万5千円の現金が生まれるというのはありがたいです。

とはいえ、貸株金利が高いということは、裏を返せばそれだけ空売り(信用売り)して儲けたい投資家が多いことを意味するので、鳥貴族は、まだまだしばらく下落トレンドが続きそうです。

貸株金利をもらいながら、株価が回復してくれるのを、首をながーくして待ちます。



関連記事

ポートフォリオ(2019年11月15日)

マーケット概況 日経平均 23,303円 NYダウ $27,781 米ドル/円 108.4円 資産内訳 証券口座 株式 現金 ■SBI(円) 470 334 ■SBI(ドルを円換算) 34 313 合 …

ポートフォリオ(2020年1月11日)

マーケット概況 日経平均 23,850円 NYダウ $28,823 米ドル/円 109.4円 資産内訳 証券口座 株式 現金 ■SBI(円) 772 76 ■SBI(ドルを円換算) 0 351 合計 …

約定記録(2019年1月24日):買付(現物・信用・現引)/売却

売却 売:日本取引所グループ〔8697〕(100株) 損益%: +2.3% 損益額: +4,400円 買値 : 1952円 売値 : 1996円 買付 買:日本取引所グループ〔8697〕(100株)※ …

約定記録(2018年10月16日):買付

買付 買:リクルートホールディングス〔6098〕(100株) 買値 : 3316円 取引理由 買:リクルートホールディングス〔6098〕(100株) はじめてリクルートホールディングスの株を買いました …

保有資産評価(2017年03月31日): 890万円

2017年3月末の資産状況 2017年の1月2月3月と、第1四半期を終えました。 この3ヶ月を振り返ってみると、株式取引での利益は13万円ほどで、納得のいく結果にはなりませんでした。 トランプ米大統領 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up