投資を考える 銘柄ウォッチ

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)2

投稿日:2018年12月17日 更新日:

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新年号」が発売されましたね。

では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。

【チェック銘柄】
  • コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)※保有中
  • オリックス(8591)※保有中
  • 日本取引所グループ(8697)※保有中

コカ・コーラボトラーズジャパンホールディングス(2579)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【上向く】EJ通期寄与。が、好採算缶コーヒーが自販機で低迷。工場被災による供給難響き営業益再減額。19年12月期は缶コーヒーの苦戦続き、トクホ茶拡販でも自販機横ばい圏。物流費等重いが新ライン稼働で採算改善、営業益上向く。災害関連損ない。

【製造体制】被災の本郷工場(広島県)は同市内で移転・増強。加えて京都・熊本工場中心に20年春までに計7ライン順次新設。

西日本豪雨で広島の本郷工場が被災し、大変な損害を被ったコカ・コーラジャパン。

徐々に持ち直しているようですね。頑張っていただきたいです。

今月12月末は、コカ・コーラジャパン株の保有者にとって特別な月です。年に1度の株主優待権利確定月だからです。

このまま12月25日(火)の権利付確定日まで500株を保有しておいて、3600円分(1ポイント60円分×60ポイント=3600円)の株主優待品をゲットします!

四季報では「好採算の缶コーヒーが自販機で低迷」とありますが、僕自身は缶コーヒーはほとんど飲まないので(多くて年に2回です)、どう苦戦しているのかイマイチ理由が分かりません。

他のメーカーと比べて味が美味しくないのか? それとも「サントリー クラフトボス」「ジョージア クラフトマン」といったクラフトボトルコーヒーがすごく売れてきて、その影響で、スチール缶のコーヒーの存在価値が薄れてきているのか?

どうなんでしょうね。

オリックス(8591)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【増配】弥生会計などの手数料ビジネスや生保が順調、銀行も堅調。連続最高益。配当性向を27%から30%に引き上げ。20年3月期は買収した米国ローン組成・資産運用会社と航空機リース会社持分フル貢献。

【一体運営】完全子会社化目的で大京に公開買い付け。海外や大規模案件の対応力強化。株3割取得した世界3位航空機リース会社と投資案件組成面でもシナジー追求。

増配で順調な経営のオリックス。

これからも投資していきます。

顧客をしっかり満足させつつ、利益もしっかり稼ぐ、という事業をいくつも保有していて、経営者の手腕が光りますね。

株主優待サービスも、株主目線の魅力的な内容です。

3月末の権利付確定日を過ぎたら、カタログギフトをゲットできます。いまから楽しみです!

日本取引所グループ(8697)の四季報チェック

≪東洋経済 会社四季報情報≫

【費用増】上場関連や情報関連、コロケーション利用料など伸びる。ただ取引関連収益横ばい。新システム稼働による減価償却費増で通期営業利益は反落。20年3月期は情報関連やコロケーション利用料が牽引。

【協議開始】総合取引所化へ、商品先物取引の東京商品取引所と経営統合を含め協議開始。上海証券取引所とETF拡大に向けた協力関係締結。ESG投資普及促進。

東京商品取引所と経営統合する話が出ていますが、どうなるんでしょうか。

東京商品取引所は、金・プラチナ・とうもろこし・大豆など、「現物」の商品を取り扱う場所ですが、日経225先物やTOPIX先物など「指数」の先物と、取引のシステムは似たもの同士なので、統合すれば経営効率化につながります。

規模が大きくなって収益力が上がって、株価も上がってくれることを期待しています。



関連記事

「世界一シンプルなバフェットの投資」

(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳) 投資の神様、ウォーレン・バフェット氏の投資手法をまとめた本で、僕が読んだ数々の投資本の中で、最もおすすめしたい一冊です! バフェットに関する本は …

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

(ソーテック社) 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。他の人の「株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、コワくて手 …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

(ダイヤモンド社、ピーター・リンチ 著、三原淳夫、土屋安衛 訳) 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります。株式投資信託マ …

おすすめの証券会社は「SBI証券」

いくつかの大手証券会社に口座を開いているんですけど、そのなかでいちばんのオススメは「SBI証券」です。株式投資をはじめて以来、ずっとメイン口座として利用しています。 オンライン取引の先駆け的存在で、口 …

失敗談「サーティーワンアイスの塩漬け」

株式投資で一度に最も大きな損失を出した銘柄は、JASDAQに上場しているB-Rサーティワンアイスクリーム(2268)です。 含み損が膨らんで塩漬けの末に損切りして13万円を失いました。 アイスクリーム …

2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
2020/10/07:「運営者の投資成績」更新
2020/08/31:「運営者の投資成績」更新

Scroll Up