投資を考える コラム

先物・オプション取引を独学する[6]WEBサイト

投稿日:2018年11月6日 更新日:

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。

これまで書籍で勉強してきて、日経225先物取引はある程度理解することができましたが、オプション取引はあまり理解できていませんでした。

最終回はWEBサイトで学んでいきます。いろんなWEBサイトの、いろんな切り口の説明で勉強することで、理解が深まるのかどうか・・・ではさっそく始めましょう。

WEBサイトの教材

  1. SBI証券:「先物・オプション取引」ページ
  2. マネックス証券:「先物・オプション」ページ
  3. 楽天証券:「先物・オプション」ページ
  4. GMOクリック証券:「先物・オプション取引」ページ
  5. カブドットコム証券:「先物・オプション取引」ページ
  6. 岡三オンライン証券:「先物・オプション」ページ
  7. 大和証券:「先物・オプション」ページ
  8. 日本取引所グループ:「先物・オプション取引」ページ
  9. 北浜投資塾 大阪取引所(日本取引所グループ)

WEBサイトの学習メモ

1. SBI証券:「先物・オプション取引」ページ

  • オプションの種類はコールの「買い」と「売り」、プットの「買い」と「売り」の4種類がある。
  • コールでもプットでも、オプションの「買い手」はオプション価格(プレミアム)を支払って権利を保有する。ただし、オプションの権利は満期日がくると特別清算数値によって決済される(SQ決済)。
  • オプションの「売り手」は、買い手から受取ったプレミアムの見返りに、買い手の権利行使に必ず応じる義務を負う。この義務は、買い手が権利を放棄した場合は発生しない。

2. マネックス証券:「先物・オプション」ページ

  • コール日経平均と同じ動きをする。
  • プット日経平均と逆の動きをする。

3. 楽天証券:「先物・オプション」ページ

  • 予想どおりいけば利益、予想が外れても損失限定、というのがオプション取引において買いから入るメリットと言える。

4. GMOクリック証券:「先物・オプション取引」ページ

  • オプションを買うときには、証拠金は発生せず、オプションの買い手はオプションの売り手にプレミアムを支払い、権利を保有する。必要な金額はプレミアムだけなので、損失は最初に支払ったプレミアムに限定される。また買い手の利益は理論上は無限大。そうした意味で、オプションの買いは、将来の値上がりや値下がりというリスクに備えるために入っておく「保険」のようなものと考えることもできる。
  • オプションの売り手は、当初プレミアムを手に入れるかわりに、買い手の権利行使に応じる義務がある。買い手の利益とは逆に、売り手の損失は無限大となるリスクがある。

5. カブドットコム証券:「先物・オプション取引」ページ

  • 日経平均株価が将来上昇する事を予想する場合→ コールを買う。
    日経平均株価が将来下落する事を予想する場合→ プットを買う。
    日経平均株価が将来大きく上昇しない事を予想→ コールを売る。
    日経平均株価が将来大きく下落しない事を予想→ プットを売る。

6. 岡三オンライン証券:「先物・オプション」ページ

  • オプションを売った場合、売り手は買い手からプレミアムと呼ばれるオプションの取得料を受け取ることができる。受け取ったプレミアム収入を元に他の商品を買うこともでき、資金効率を高めることが可能。

7. 大和証券:「先物・オプション」ページ

  • コールオプション、プットオプションの売買する時の価格をオプション代金(以下プレミアムと呼ぶ)といい、「プレミアム」を直訳すると「保険料、掛け金」という意味。
  • 実際、オプション取引には保険のような機能がある。例えば、現物株式を保有している時に相場の急激な下落に備えて、プットオプション(売る権利)を買うとする。もし実際に現物株式が値下がりしても、プットオプションが値上がりして権利を行使することで損失をカバーしてくれる。値下がりしなかった場合は、権利を放棄することで保険として買ったオプションのプレミアムが無駄になるだけで済む。

8. 日本取引所グループ:「先物・オプション取引」ページ

  • オプションの買い手の特徴
    「先物の買い」も「オプションの買い」も思惑通りにいった場合、オプションがプレミアムの分だけ利益が少なくなることを除けば、ほぼ同じように利益が出ることになる。
    一方で、思惑が外れた場合は、損失額に違いが出てくる。「先物の買い」と違い「オプションの買い」は、権利を放棄することができるため、損失は最初に支払った購入代金(プレミアム)に限定される。また、損失が限定されるため、買い手には証拠金が発生しない。従って、買い手は追加で証拠金を収めることもないため、資金を計画的に運用することができる。
    例えば、「10,000円で買える権利」を300円で買う。原資産の価格が8,000円になってオプションの権利を使うメリットがない場合には、買い手は権利を放棄することができる。この場合、買い手の損失は最初に支払った300円に限定される。逆に、原資産の価格が、12,000円になった場合、権利行使をし、2,000円の利益を得ることができる(はじめに支払ったプレミアム300円を考慮すると1,700円の利益)。
  • オプションの売り手の特徴
    オプションの売り手は買い手と逆で、無限大に損失が拡大する可能性がある。従って、売り手は証拠金が必要になる。売り手は買い手から受け取った代金(プレミアム)を証拠金に充当したり、再度、運用資金として利用することができる。また、原資産の価格が動かないまたは多少思惑が外れて損失がでることになった場合でも、プレミアム分より損失が少なければ、利益を追求することができる。
    例えば、「10,000円で買える権利」を300円で売る。原資産の価格が8,000円になって買い手が権利を放棄すれば、売り手は300円が利益となる。逆に、原資産の価格が12,000円になった場合、買い手に権利を行使され、2,000円の損失が発生する(はじめに受け取ったプレミアム300円を考慮すると1,700円の損失)。

9. 北浜投資塾 大阪取引所(日本取引所グループ)

  • 先物市場は225miniだけで一日約2兆円と、東証一部の売買代金に迫る水準となる日もある。また、225mini取引はその約20%が個人投資家による取引。
    株式投資しかしない人にとっても、先物市場の動向やオプション価格の構成要素を学ぶことで、マーケットを予想する視点を増やすことができる。
  • 先物・オプション取引は決して簡単なものではないが、ほんの少し勉強をすることで、投資に役立つ様々な知識を手に入れることができる。

学んだ感想

オプション取引について、すこしだけ理解が深まりました

コール買いやプット買いは、保有している現物株や信用株と逆の動きをする銘柄を持っておいて、掛け捨て保険のように使うこともできるんですね。勉強になりました。

いろんなサイトを見て、僕がいちばん分かりやすかったのは、日本取引所グループのサイトでした。必要な情報がシンプルにまとめられていて、取引の具体例も添えられていて、オプションの世界をイメージしやすかったです。

学んだあとの感想ですが、やっぱりオプション取引はルールが複雑で、もう少し理解を深めないことには使いこなせそうにないので、取引するのはやめておきます。

知らないことに手を出さないのが、投資の鉄則ですからね。

日経225先物のほうは、基本的な知識は身についたので、いざという時の武器として手元に持っておきます。

そして、証券会社のサイトをいろいろ見ている中で、日経225先物と似た商品の「CFD(クリック株365)」という商品が気になりました。CFDは限月がなくて、日経225先物に比べて中長期投資に向いている商品のようなので、自分に合っているかどうか、今後検討してみます。



関連記事

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

権利付最終売買日、やっぱり株価上がっタカ!

昨日の3月27日は、相場が下落基調だったので、きょう3月28日の権利付き最終売買日は、さらに下がると予想していたのですが、フタを開けてみると日経平均は200円以上戻して19,202円で終わりました。 …

銘柄ウォッチ「朝日放送(9405)」

朝日放送 会社情報サイトはこちら 朝日放送とは 朝日放送は、関西在住の人にとっては、知らない人がいないくらい身近な会社です。 朝日放送のABCは「Asahi Broadcasting Corporat …

株式投資が副業に最適な理由

株式投資は副業として最適です。 理由は次の3つです。 ①副業に時間を取られることがない 本業のほかに副業を行う場合、基本的には休みの日の時間をけずって行うことになります。たとえば代表的な副業の治験、ア …

会社四季報チェック(2018年2集 春号)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up