投資を考える おすすめ度★★ おすすめ投資本

「初めての日経225先物(ミニ&ラージ)で稼ぎ方までわかる本 改訂版」

投稿日:2018年10月24日 更新日:

おすすめ度:★★
田中彰・江口陽子 著
スタンダーズ株式会社

「日経225先物取引にすこし興味はあるんだけど、イマイチよく分からないんだなー。」

という方にオススメの本です。

僕も最近まで日経225先物のことはサッパリ分からなかったのですが、この本を読破して、ようやく理解できました。

投資初心者を対象にした本なので、証券会社に口座開設するところから懇切丁寧に説明してくれます。

↓ 本の目次です。

【目次】

  • 前置き
  • Chapter.1 日経225先物の基礎知識
  • Chapter.2 日経225先物の取引方法
  • Chapter.3 日経225のテクニカル&注意すべき情報
  • Chapter.4 日経225先物で稼ぐ投資家の手法

本の要約

本の内容を、僕が大事だと思ったところだけギューッと凝縮してご紹介します。

 icon-square 前置き
  • 日経225先物取引は資金効率が高く、昼も夜も売買可能。
  • 先物ミニなら7~8万円から始められる。ラージはその10倍なので70~80万円から。
 icon-square Chapter.1 日経225先物の基礎知識
  • 基本的には株やFXと同じ。買いも売りもできる。
  • 取引時間は、8:45~15:10と16:30~翌朝5:25。
  • ラージは証拠金約100万円で、日経平均が2万円なら1000倍の2000万円の取引が可能。
  • ミニは証拠金約10万円で、日経平均が2万円なら100倍の200万円の取引が可能。
  • 売買する最低単位は「1枚」。
  • 追証に注意!
  • 反対売買の期限があり「限月(げんげつ)」という。
  • 限月の満期日のことを「SQ(エスキュー)日」と呼ぶ。(必ず第2週の金曜日)
  • ラージは3、6、9、12月が限月。ミニは毎月が限月。
 icon-square Chapter.2 日経225先物の取引方法
  • 先物取引は、両建て取引も可能。
 icon-square Chapter.3 日経225のテクニカル&注意すべき情報
  • 1回で2、3%程度の利益があれば十分だ。何度も投資し大きく負けずに利益を重ねればよい。
 icon-square Chapter.4 日経225先物で稼ぐ投資家の手法
  • 値が上がると思って買うのであるが、値動きはどうなるか誰にも予測できない。疑心暗鬼の中でポジションを持つのである。その後、自分が思った通りの方向に値が動き、自信が出たら一瞬で枚数を増やす。

日経225先物は諸刃の剣

たった10万円弱の証拠金で200万円の取引ができてしまう日経225先物は、かなりハイリスク・ハイリターンな投資です。

ミニでも、日経平均が100円動いただけで、含み損益が約1万円も動いてしまいます。

さらに限月という決済期限があり、いつまでも保有していいわけではありません。

リスクは多いですが、僕は日経225先物取引を、ひとつの武器として持っておいたほうが良いと思っています。日常的に取引しなくても、取引方法だけ知っておいて、いざというときの武器として使えるようにしておきたいです。

Amazon:初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (稼ぐ投資)

楽天:初めての日経225先物で稼ぎ方まで 改訂[本/雑誌] / スタンダーズ



関連記事

気になっている30銘柄(2017年10月)

気になっている銘柄を30銘柄挙げます。 いまのところ保有はしてないけど、投資を検討したい銘柄です。 ひとことずつコメントを添えました。 01:みずほフィナンシャルグループ(8411) 取得単価2万円弱 …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

投資はすべて「%」で考えよう

投資家が二人いて、それぞれの投資資金は「10万円」と「100万円」とします。 このうち、株で1万円を儲けるのに有利なのは、どちらの人でしょうか? 答えはもちろん、より多くの資金を持っている「100万円 …

失敗談「オリンパス株大暴落で」

5年前の2011年に起きたオリンパス事件、おぼえていますか。 (Wikipediaより抜粋)オリンパスが巨額の損失を「飛ばし」という手法で、損益を10年以上の長期にわたって隠し続けた末に、負債を粉飾決 …

投資における最大のリスクは「自分自身」です

よく「投資におけるリスク」という話題になると、「価格変動リスク」とか「値下がりリスク」とか「流動性リスク」という言葉が登場してきますが、それらは実際のところ、たいしたリスクではありません。 投資商品自 …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up