投資を考える コラム

株式投資は「漁」と似ている

投稿日:2018年8月7日 更新日:

株式投資というものは、つくづく「漁」と似ていると思います。

漁場を探して、仕掛けを作って、狙いの魚介類を釣る、採集する・・・。

魚のとりかたは様々で、何が正解というのはなくて、たくさん魚がとれるポイントは、その日その日でちがう・・・。

レーダーを使って魚群を見つけるのもよし、自分のカンに頼って漁場を選ぶもよし。多少の運は必要・・・。

大事なのは、自分にあった漁法を見つけて、得意な漁場を探しあてることです。

というわけで、主な漁法に似ている投資手法を集めてみました。

養殖

「魚を育てる」という発想の養殖は、株式投資でいうと「配当収入を得ながらジックリ保有する長期投資」に似ています。

漁獲量に浮き沈みがなく、安定的に魚をとることができます。

漁というより農業に近いところがあります。

貝類・海藻類採集

小さな貝類・海藻類をたくさん集めていく漁です。

あさり、はまぐり、海苔、ひじき、わかめ・・・。

株式投資でいうと、デイトレードで小さな利益を積み重ねる手法に似ています。手が届く範囲にある小さな利益を、ちょっとずつ積み重ねていきます。

定置網漁法

決まった場所に網を仕掛け、入ってくる魚をすくい上げる漁法です。

株式投資でいうと、スクリーニングで一定の投資条件に合った銘柄を絞り込み投資する手法といえます。

たとえば「25日移動平均線を-10%下回っていて」かつ「今年の業績予想修正率が+10%以上」の銘柄、といった感じです。条件に合う銘柄に出会うまで待ち続けます。

一本釣り

誰も知らない未来の100倍株を探し当て、全資産をつぎ込んで一点買い、というリスクの高い手法です。

当たったらデカい、男のロマンを感じる投資手法といえます。

釣竿を何本か借りて釣る

自分の釣り竿一本だけだと、釣れる魚の量も限られます。

知り合いに釣り竿を借りて、数本同時に釣りをします。

株式投資でいうと、自分の資金の3倍まで取引可能な信用取引がこれにあたります。

釣り竿は借りものなので、返すときお礼の品(利息)を支払わなくてはなりません。

リスクはある一方、短い時間で効率的に魚を釣ることができるかもしれません。

【番外編】違法な密漁

漁業禁止区域で漁をすることは密漁となり、違法行為です。

株式投資でいうと、インサイダー取引ですね。

企業にかかわる未公開の情報を利用して儲けてやろう、という悪質な取引です。

投資家ならインサイダー情報なんかあてにせず、正々堂々と勝負しましょう。

まとめ

漁(株式投資)は、自分にあった漁法(つまり投資手法)、自分が獲りたい魚(つまり銘柄)を見つけることが大事です。

ときには魚がぜんぜんとれないときもあります。そんなとき決して焦らないことです。

えさを変えてみたり、漁場を変えてみたり、いろいろ試してみても良いですが、ドッシリと構えることが、いちばん良い結果を生むこともあります。



関連記事

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」。 本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。 注目したのは「日本株予測」です。 予測した …

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)2

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グリコ(22 …

「損しないこと」が大切

著名投資家ウォーレン・バフェット(Warren Edward Buffett)の名言のひとつ。 「ルールその1:絶対に損をするな。ルールその2:絶対にルール1を忘れるな」 (原文)「Rule #1: …

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

信用取引の「現渡し」にメリットはあるか?

信用取引の「売り」は未経験なので、今年はいちどは取引してみようと思っていて、いろいろと勉強中です。 その売りのルールの中に「現渡し」というものがあり、信用買いの「現引き」の逆バージョンだそうです。 正 …

2019/03/30:メニュー「運用成績」更新
2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
Scroll Up