取引の記録 取引分析

今後の資産運用を、複利とレバレッジの視点から考えた

投稿日:2018年8月5日 更新日:

2018年8月現在、僕の資産は約980万円付近です。

最終的な資産目標は1億円を目指しているのですが、まだまだ遠い道のりです。

目標の1億円が達成できると仮定して、現在の資産を元手だと、どのくらいの年利で運用すべきなのか計算してみました。

投資で得たお金は全て再投資することにして、複利効果を最大限に使うことにします。

複利のシミュレーション

たとえば「年利10%、15%、20%、25%、30%の5パターンで運用した場合、あと何年で1億円が達成できるか?」をExcelでシミュレーションしてみました。

運用期間は2018年から2038年までの20年間とします。

下の表が計算結果です。

〔参考〕複利計算表の作成手順(上図の場合)
  • セルB2、C2、D2、E2、F2には、パーセンテージ形式で10%、15%、20%、25%、30%を入力
  • セルB3、C3、D3、E3、F3には、元手の資産である「9800000」を入力
  • セルB4に「=B3*(1+B$2)」と数式を入れる
  • 数式を入れたセルB4を、オートフィル機能で縦横に展開して完成

1億円達成までの年数は、次のようになりました。

  • 年利10%の場合:20年たっても6500万円で、1億円に届きませんでした。
  • 年利15%の場合:17年で1億円達成します。
  • 年利20%の場合:13年で1億円達成します。
  • 年利25%の場合:11年で1億円達成します。
  • 年利30%の場合:9年で1億円達成します。

こうやって結果をみると、やはりどれだけうまく運用しても、1億円に行き着くまでに10年はかかってしまいますね。

現実的に考えると、「年利15%で運用して17年で達成」か「年利20%で運用して13年で達成」あたりを目指して投資していきたいです。

この複利計算表、「捕らぬ狸の皮算用」ではありますが、自分の資産目標について具体的な数値で考えるのに便利です。

レバレッジをかけてみる

加速度的に資産を増やすためには、普通に運用するだけじゃなくて、レバレッジをかけることも検討すべきでしょう。

手法としてはいろいろあると思うんです。

  • 信用取引(買)を利用して、自分の資産の3倍の資金で運用する
  • 信用取引(売)を利用して、買いと売りの両方で利益を狙う
  • インデックス指数の2倍の値動きのする上場投資信託(ETF)に投資する
  • 短期間で投資資金を回収できる仕組みをつくり、複利効果のサイクルを短くしていくことで資産を増やす
  • どこかの金融機関にお金を借りて、それを元手に運用する(さすがにこれは無理があります)

もちろんレバレッジをかけることはリスクが伴います。「諸刃の剣」なので、使うときは慎重に。

レバレッジを一切使わないほうが良い結果を生む場合もあります。「急がば回れ」ですね。

まとめ

資産運用は、投資スタイル、自分の年齢、投資期間などを元に、具体的な数値で考えてみることが大事です。

そして自分に合ったスタイルを決めたら、そこからブレないことです。

僕の場合は、現物取引をベースに、多少信用取引を取り入れながら資産を増やしていって、毎年の年利15%~20%を達成しつづけ、15年後には1億円に到達することが目標です。

そのためには何をなすべきか、逆算して考えてみます。



関連記事

ポートフォリオ(2017年7月14日)

銘柄 株数 含み損益   江崎グリコ 200 -0.89%   キユーピー 600 -4.75%   鳥貴族 500 -2.58%   コカ・コーラBJ 100 +1.53%   朝日放送 100 + …

約定記録(2018年2月8日):買付(信用買)

買付(信用買) 買:江崎グリコ〔2206〕(100株)※信用買 買値 : 5040円 買:鳥貴族〔3193〕(100株)※信用買 買値 : 3010円 取引理由 買:江崎グリコ〔2206〕(100株) …

約定記録(2017年12月7日):売却/買付

売却 キユーピー(100株) 損益%: +4.4% 損益額: 12,600円 買値 : 2863円 売値 : 2989円 鳥貴族(100株) 損益%: +9.6% 損益額: 29,100円 買値 :  …

約定記録(2017年7月26日):買付

買付 江崎グリコ(100): 買値 6126 取引理由 〔江崎グリコ〕7月10日に6310円で100株利益確定していたのですが、それから株価が下がり6126円になったので、100株買い直しました。合計 …

約定記録(2020年3月2-6日):買付

3月2日(月) 約定なし。 新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、先週は株価暴落しましたが、今週になって下げ止まりました。 株価が戻りつつありますが、きょうは動かずジッとしていました。 50万円 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up