投資を考える SBI証券 証券会社を選ぶ

SBI証券の「SBBO-X」サービスに申し込みました

投稿日:2018年7月15日 更新日:

いつものようにSBI証券サイトにログインしたら、重要なお知らせ欄に「国内株式『SBBO-X』サービスご利用権獲得について」とあったので読んでみました。

「国内株式『SBBO-X』サービスご利用権獲得について」

平素はSBI証券をご利用いただき厚く御礼申し上げます。
このたび、お客さまは、「SBBO-X」サービスのご利用権を獲得されました。「SBBO-X」サービスは、一定のご利用条件を満たされたお客さまにご利用いただけるサービスです。当該サービスのご利用には以下「利用申込」ボタン押下後のページよりお申し込みが必要となります。(続く)

↑ 「SBBO-X」というサービスの存在自体を知らなかったので、ひとまずSBBO-Xの概要ページを読んでみました。

「SBBO-Xサービスの概要」

「SBBO-X」(SBI Best Bid Offer)とは、国内株式現物取引における「SOR(スマート・オーダー・ルーティング)注文」で発注された当社のお客さまの注文と、機関投資家の注文について、SBIプライム証券の提供するシステムによりマッチングを行い、取引所の立会外市場(ToSTNeT)で約定させる取引(いわゆる「ダークプール」)です。

↑ ウーン、むずかしい用語がたくさん出てきてよく理解できなかったので、さらにサービスの特徴ページを読んでみました。

「SBBO-Xサービスの特徴」

【ポイント1】より有利な条件で!

取引所の最良気配よりも有利な値段で取引できるチャンス!

【ポイント2】手数料が安い!

取引所取引より約10%安い!(当社スタンダードプラン比較)

【ポイント3】手数料をより割安に!

ランクに応じて、一部大口のお客さまはSBBO-Xの手数料が無料に!

↑ なるほど、とにかく大口顧客は取引が有利に行えるということですね。

で、利用条件を読んでみました。

「SBBO-Xサービスのご利用条件」

月末時点の預り資産(現物株式、投資信託、現金残高(ハイブリッド預金含む))が1,000万円以上のお客さま、または、月末時点の預り資産(同上)が500万円以上で月末を含む月内に現物株式の取引が1回以上あるお客さま。

※円貨のみ
※貸株残高は対象外

↑ 現在、僕はSBI証券口座に「円貨資産を約530万円」、「ドル外貨資産を約200万円」持っているので、このうち円貨500万円以上が利用条件に当てはまりました。月1回以上は取引していますし。

さっそく「お客様情報設定・変更」画面の「お取引関連・口座情報」ページからの「国内株式 SBBO-Xサービス」利用申込を行いました

取引手数料がちょっとでも安くなるなら嬉しいですね。こういうメリットがあるなら、SBI証券になるべく多く入金しようかな、という気になります。

「SBBO-X」は、国内現物株式の売買代金等に応じてランクが4つあって、

ブロンズ

シルバー

ゴールド

プラチナ

とランクアップしていきます。プラチナランクだと、何と手数料無料!

目指せプラチナランク!

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券



関連記事

家計の余裕資産を使って、安全に短期投資する方法

我が家の家計は、夫である僕が管理しています。 妻からは「好きなように管理してもらっていいよ。」とお墨付きをもらっているので、貯金の一部を株式投資で積極的に運用しています。 もちろん、僕が個人でやってい …

One Tap BUYスマホ証券に口座を開いて取引してみた

最近、One Tap Buy(ワンタップバイ)というスマホ証券に口座を開いて、取引してみました。 とにかくカンタンで手軽に株取引できるので、株式投資初心者のかたにおススメです。 では、利用した感想など …

GMOクリック証券に口座を開きました

めっちゃ可愛い新垣結衣ちゃんの広告に誘われて、つい口座を開いてしまいました。 GMOクリック証券。 口座開設まで早かったです。運転免許証やマイナンバー通知カードなどの本人確認書類は、画像を口座開設サイ …

マネックス証券の便利なサービス3つ紹介

マネックス証券を利用していて、便利だなと思うサービスを3つご紹介します。 これらのサービスを利用するだけでも、口座を開く価値があると思いますよ。  「米国株厳選銘柄レポートBOOK」 米国市場に上場し …

今後のマーケットを予想できますか?

アメリカ大統領選挙でトランプ氏がヒラリー氏に勝利した11月8日あたりから、株価は上昇を続け、為替は円安基調になっていますが、いったいどこまで続くのでしょうか? ありがたいことです。でも、何か不気味です …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up