投資を考える 証券会社を選ぶ

5つの証券会社の手数料を比較(2018年5月)

投稿日:2018年5月23日 更新日:

僕は5つの証券会社に口座を開いていますが、現在はそのうちSBI証券とカブドットコム証券に入金して、株式投資をしています。

しばらく休眠口座になっているマネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券を含めて、合計5つの証券会社の取引手数料を比較してみたいと思います。

予想では、手数料が高い順に、

カブドットコム証券>SBI証券=楽天証券=マネックス証券>GMOクリック証券

なのかなあと思っているのですが、最近は各証券会社の競争も激しくなっているので、2018年5月現在はどうなっているのか興味があります。

ということで、各証券会社のサイトで手数料を比較調査してみました。

最も約定する機会の多い「50万円までの約定代金」を基準に調査しました。

投資商品は、僕がふだん取引する

  • 国内現物取引
  • 国内信用取引
  • 米国現物株

の3種類を比較して、安い順に並べてました。

では、比較調査結果です。

各証券会社の取引手数料比較(国内現物取引)

  1. GMOクリック証券:241円
  2. SBI証券:250円
  3. 楽天証券:250円
  4. カブドットコム証券:250円
  5. マネックス証券:450円

※50万円までの約定代金

各証券会社の取引手数料比較(国内信用取引)

  1. SBI証券:180円 
  2. 楽天証券:180円
  3. カブドットコム証券:180円
  4. GMOクリック証券:183円
  5. マネックス証券:190円

※50万円までの約定代金

各証券会社の取引手数料比較(米国現物株)

SBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社が、まったく同じ手数料で同率1位でした。

3社とも、約定代金の0.45%(最低手数料:5ドル、上限手数料:20ドル)でした。

ちなみにカブドットコム証券、GMOクリック証券は、米国株の取扱無しです。

比較した結果の感想

こうやって比較してみると、最近の手数料は「どこの証券会社も同じ」であることが分かりました。

手数料で差別化する時代ではなくなっているということです。

となると、手数料の安さ以外のサービスが、証券会社を選ぶ基準になります。

サイトの使い勝手のよさ、ネット銀行との連携のしやすさという観点からすると、個人的には「SBI証券」と「楽天証券」が一歩先を走ってるのかなという印象です。


関連記事

会社四季報チェック(2018年3集 夏号)

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

銘柄ウォッチ「朝日放送(9405)」

朝日放送 会社情報サイトはこちら 朝日放送とは 朝日放送は、関西在住の人にとっては、知らない人がいないくらい身近な会社です。 朝日放送のABCは「Asahi Broadcasting Corporat …

銘柄ウォッチ「リクルートホールディングス(6098)」

リクルートホールディングス 会社情報サイトはこちら リクルートホールディングスとは 「まだ、ここにない、出会い」でおなじみの、リクルートホールディングスです。 1960年代に創業した当初は、「人材を求 …

銘柄ウォッチ「江崎グリコ(2206)」2回目

江崎グリコ WEBサイトはこちら 江崎グリコとは チョコ、スナックなど菓子メーカーの大手です。 「ポッキー」「プリッツ」「ビスコ」「プッチンプリン」「パピコ」「ジャイアントコーン」「セブンティーンアイ …

生まれてはじめて空売りしてみました

2017年の年初にかかげていた目標「今年は信用売りに挑戦する」を、昨日ようやく達成できました。 取引を終えての感想をレポートします。 取引内容 2017/05/09:信用新規売 信用新規売:カッパ・ク …

2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
2021/02/21:サイドバーに月別アーカイブ追加
Scroll Up