投資を考える 証券会社を選ぶ

5つの証券会社の手数料を比較(2018年5月)

投稿日:

僕は5つの証券会社に口座を開いていますが、現在はそのうちSBI証券カブドットコム証券に入金して、株式投資をしています。

しばらく休眠口座になっているマネックス証券楽天証券GMOクリック証券を含めて、合計5つの証券会社の取引手数料を比較してみたいと思います。

予想では、手数料が高い順に、

カブドットコム証券>SBI証券=楽天証券=マネックス証券>GMOクリック証券

なのかなあと思っているのですが、最近は各証券会社の競争も激しくなっているので、2018年5月現在はどうなっているのか興味があります。

ということで、各証券会社のサイトで手数料を比較調査してみました。

最も約定する機会の多い「50万円までの約定代金」を基準に調査しました。

投資商品は、僕がふだん取引する

  • 国内現物取引
  • 国内信用取引
  • 米国現物株

の3種類を比較して、安い順に並べてました。

では、比較調査結果です。

各証券会社の取引手数料比較(国内現物取引)※50万円までの約定代金

  1. GMOクリック証券:241円
  2. SBI証券:250円
  3. 楽天証券:250円
  4. カブドットコム証券:250円
  5. マネックス証券:450円

各証券会社の取引手数料比較(国内信用取引)※50万円までの約定代金

  1. SBI証券:180円 
  2. 楽天証券:180円
  3. カブドットコム証券:180円
  4. GMOクリック証券:183円
  5. マネックス証券:190円

各証券会社の取引手数料比較(米国現物株)※安い順

SBI証券、マネックス証券、楽天証券の3社が、まったく同じ手数料で同率1位でした。

3社とも、約定代金の0.45%(最低手数料:5ドル、上限手数料:20ドル)でした。

ちなみにカブドットコム証券、GMOクリック証券は、米国株の取扱無しです。

比較した結果の感想

こうやって比較してみると、最近の手数料はどこの証券会社も同じであることが分かりました。

手数料で差別化する時代ではなくなっているということです。

となると、手数料の安さ以外のサービスが、証券会社を選ぶ基準になります。

サイトの使い勝手のよさ、ネット銀行との連携のしやすさという観点からすると、個人的には「SBI証券」と「楽天証券」が一歩先を走ってるのかなという印象です。



関連記事

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ ソーテック社 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。 「私、株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、 …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 かの著名投資家、ウォーレン・バフェットは言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者がい …

先物・オプション取引を独学する[2]書籍(日経225先物① 基礎知識)

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 今回は書籍で日経225先物取引について学びました。 初めての日経225先物 ミニ&ラージで稼ぎ方までわかる本 改訂版 (田中彰・江口陽子著 …

銘柄ウォッチ「リクルートホールディングス(6098)」

リクルートホールディングス 会社情報サイトはこちら リクルートホールディングスとは 「まだ、ここにない、出会い」でおなじみの、リクルートホールディングスです。 1960年代に創業した当初は、「人材を求 …

One Tap BUYスマホ証券に口座を開いて取引してみた

最近、One Tap Buy(ワンタップバイ)というスマホ証券に口座を開いて、取引してみました。 とにかくカンタンで手軽に株取引できるので、株式投資初心者のかたにおススメです。 では、利用した感想など …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up