テレビ・映画 その他

この番組が面白い「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)30〔2018/5/9〕

投稿日:2018年5月12日 更新日:

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。

5月9日(水)の放送分も面白かったナー。

  • ベロベロに酔う、1型糖尿病のバツイチ32歳男性
  • 60年代のロックが大好きな、学校になじめない14歳中学生男子
  • ベロベロに酔った74歳女性

とくに14歳中学生男子と74歳女性の言葉が深くて、考えさせられました。

テレビ東京「家、ついて行ってイイですか? 」番組公式サイトはこちら

(番組サイトより抜粋)

番組内容

終電を逃した人に、タクシー代を払うので「家、ついて行ってイイですか?」とお願いし家について行く完全素人ガチバラエティー。誰もが皆、一見フツーでも、ぜんぜんフツーじゃない人生ドラマを持っている!そんな素敵な市井の方々の人生譚を覗いていきます。

出演者

街で終電を逃していた方々、ビビる大木、矢作兼(おぎやはぎ)、角谷暁子(テレビ東京アナウンサー)

※その他毎回ちがうゲストも出演

5月9日放送分の内容を、番組サイトより抜粋してご紹介します。

(番組サイトより抜粋)

①【ロケ中、アクシデント発生!茨城のベロベロ男…家で急変、涙のワケ】

深夜の土浦駅
「実は右手動かない…」ベロベロ男、明るく衝撃の告白!血糖値700で意識もうろう…衝撃の事故…▽LINEのメッセージに隠された、秘密の過去…「俺は俺が大嫌い…」悔やんでも悔やみきれぬ過去…妻と別れ、自由に会えない息子へ…涙のメッセージ

②【60’s&70’sレコード大好き!学校で話が、まったく合わない超アナログ中学生】

新宿レコード店
新企画!新宿のレコード店で「レコード代払うので…家、ついて行ってイイですか?」断られ続ける中、OKをくれたのは14歳の中学生!山下達郎…細野晴臣…ビートルズ…サザン…昭和の音楽大好き▽家は、吹き抜けの天井まで本棚!オシャレすぎる家!「実は、この半年学校に…」!SNSが嫌いでLINEやらず…意外すぎる秘密を告白

③【「男なんて…だましたれや~」74歳、昭和を生き抜いた強い女】

川崎の居酒屋
新丸子でベロベロ!74歳の女性!自宅にエステ部屋!悠々自適の、おひとり様ライフ!スナック経営者→警備員さんに!衝撃の転職理由とは?AKB48に、壮絶批評…「人生…ど~んと、ぶつかってやれ!それでダメなら、蹴とばしてやれ~」名言連発!最後に衝撃の結末!石原裕次郎、熱唱のワケ

今回もいろんなリアルな部屋と、波乱万丈な人生を垣間見ることができました。

住人の方の、印象に残った言葉をメモしておきます。

①【ロケ中、アクシデント発生!茨城のベロベロ男…家で急変、涙のワケ】

番組「今は幸せですか?」
住人「幸せですね。(別れた奥様との間の)自分の子どもがバスケットボールやってくれてるっていうだけで。」
番組「どんな風に育ってほしいですか?」
住人「バカでもなんでもいいけど、愛される人になってほしいです。俺もバカなんで。」
番組「お子さんと何かしたい事とかありますか?」
住人「まだちっちゃいから飲めないですけど、結局は一緒にお酒飲みたいなと思って。」

②【60’s&70’sレコード大好き!学校で話が、まったく合わない超アナログ中学生】

番組「進学とかっていうのは、考えてたりするんですか?」
住人「やっぱ自分で音楽活動を好きに出来るかんじの学校には行きたいと思ってますね。断然音楽をするんだったら、意外と日本よりも海外に行っちゃったほうが、音楽の文化は断然にでっかくて、楽しいんじゃないかって思ったり、自分がしたい事をどんどん言えるというか、新しい所に行ってみると何かあるかもなとも思いますね。」
番組「今の学校生活ってどうなんですか?」
住人「正直にいうと、この半年間くらい学校を休み休みだった事もあるんです。クラス替えもあって、いろんな環境が変わっていく中で、周りと遠ざかっていっちゃって。中学校だから色々とだんだん開放されていくし、学校は携帯がオッケーなんですよ。SNSが盛んなんですよね。自分はLINEをやっていないんですけど、クラスでやる事とかもけっこうLINEで進められちゃったりするんですよね。友達と遊んだりすると、ずっとみんなLINEを気にしてるんですよね。返信しないと相手が怒るだの、常に友達にどう思われているかと思ったりとか。向こうがLINEに閉じこもっちゃうと、僕は全く向こうの事が分からないし、(輪に)入れなかったりという事もあります。」
番組「自分もLINEをやってみようと思った事は?」
住人「人の気持ちを常に考えて『どう思われるんだろう』って追い込まれながら生活するのは嫌ですし、自分にはまだやれる気がないんですよね。いろいろ溜め込んでしまって、全部ブッ飛んでしまうような気がして、だんだん純粋じゃなくなってくるというか、みんなも。」
住人「小学校の頃は、自分のやりたい事をバーッて言うじゃないですか。そういうのが意外と無くなってきて、気遣いとか、空気読んだりとか、そういう空気がある場だとすごい・・・息苦しくなりますし。自分が思ったようにも行動できないし、今はだんだん新学期に向けて『またエンジン回していこうかな』とも思っていますけど、それでもやっぱり気が重いですね。」
番組「そういったことを忘れられる時間って何なんですか?」
住人「(買ったレコードを手に取って)これでしょう。」
番組「自分の心を癒してくれる一番良い曲って何なんですか?」
住人「(「♪Wouldn’t It Be Nice / The Beach Boys」をレコード盤にのせて曲をかけながら)この一曲目の『素敵じゃないか』っていう邦題がついている曲で。何があったとしても、全部肯定的に進めてくれるんですよね。いつ聴いても幸せになれるって感じですね。それを辛いことがあった時に聞いたりしたら、すごい衝撃受けますね。”はっ”って目覚める感じですね。」
番組「レコードを聴いてる時っていうのは、どういうことを考えているんですか?」
住人「何も考えてないですね。レコード聴いてるときって、辛いことも全部忘れるんですよ。考え事とか悩み癖とかあるので、だから音楽聴いてる時はそういう物が全部ないので一番幸せです。」
番組「ご両親に学校のこととかは話したりするんですか?」
住人「もちろん話します。『自分のペースを守ることが一番大切』って言われます。今まで歩んできたペースが崩れるのは、僕にとって良くないなって思ってくれているので、そう言ってくれると本当に安心します。」

③【「男なんて…だましたれや~」74歳、昭和を生き抜いた強い女】

住人「幸せってあんまり感じなかったんですけど、好きな人と一緒にいた時は一番幸せでしたね。」
番組「好きな人っていうと?」
住人「まあ色々仕事やってる時に、20歳過ぎから、20年前まで付き合ってました。」
番組「50歳くらいまで?」
住人「はい。」
番組「ご結婚されてたんですか?」
住人「いや結婚はしてないです。多分好きな方いたんじゃないですかね。素敵な人ってさ、絶対モテますよ。とても寂しかったけど、仕方ないじゃないですか。愛しても愛しても、愛しきれない人でした。」
番組「どうして別れちゃったんですか?」
住人「くも膜下出血です。救急車で病院行った時にはもう、脳が・・・。亡くなった時は、ちょっと上向くと涙ボロンボロン。何にもできない状況。で、お友達が来て一生懸命慰めてくれるけど、それは必要ないですね。いくら慰められてもダメ。どんなに慰められても、時間が経たないとダメです。何年も経ってやっと少しずつ離れていって。自分は長かったですね、やっぱり。3年くらいはかかりましたよ。」
番組「そのあとは好きな方は現れなかったんですか?」
住人「好きな人いっぱいいましたよ。好きな人はいっぱいいますけど、愛する人はそんなにいないですね。好きと愛とは違いますから。」
住人「やっと自分が一人になって、自分の人生がこういう人生でいいのかなって。」
番組「いま幸せですか?」
住人「幸せってなんだろう。自分で決めるものなのかな。人が決めるものなのかな。でも自分はいま幸せですよ。大丈夫です。過去はね、後悔した過去は忘れるようにして、ビール飲んで、好きなもの食べて、生きていければいいかなという感じです。」
住人「(お宅におじゃましている番組スタッフに向けて)ガンガン飲んで飯食ってくれよ。(で、番組スタッフのアヤちゃんと一緒に飲みながら)アヤちゃんいいよね。これからいろいろやらなきゃいけない事いっぱいあって、全部挑戦して、何でも挑戦するんですよ、ぶつかって。人生ってさー、イイ事ばかりじゃないから。人ってお金がなくなると離れて行っちゃうんですよ。自分が(スナックやめて)警備会社行った時に、今までいた人がみんな離れて行っちゃって、バカにするんですよ。必ず頑張って一生懸命やって、どんなにバカにされても頑張れば、自分にプラスになってくるじゃないですか。自分も人生いろいろだったなって感じ。でもね、頑張って頑張って頑張りました。悪くはないでしょ。」
住人「若いっていうのは財産なんだよ。その財産を無駄にしないようにしないといけないよね。ぶつかってやれや!1回ぶつかってやれや!ドーンと。ガンガン。これでもか、これでもかって、ぶつかってやれや!それでダメだったら蹴飛ばしてやれ!ナメたらアカンでって、今に見とれやって、早く伸びてやるわいっていう気持ちがあればGood。自分がそうだったから。」



関連記事

京都伏見の「鳥せい本店」と「寺田屋」に行ってきました

京都の伏見へ、嫁さんと二人で日帰り旅してきました。 京都の伏見は、昔ながらの酒蔵が立ち並ぶ風情ゆたかな町で、幕末の志士坂本龍馬ゆかりの地でもあります。 伏見は、「酒」と「歴史」が好きな方にピッタリの、 …

2018年末のNHK紅白歌合戦は神回だった!

平成最後の紅白歌合戦となった、2018年末の「第69回NHK紅白歌合戦」、面白かったなー! 放送日:2018年12月31日(月)午後7時15分~午後11時45分 紅組司会:広瀬すず 白組司会:櫻井翔( …

グリコの看板風景(2018年8月)

大阪道頓堀戎橋(えびすばし)にあるグリコの看板風景です。 ひさしぶりに心斎橋・なんば界隈を歩いてみました。 日が暮れる直前で、ネオンがつくかつかないかの微妙な時間帯でした。 相変わらず中国・韓国の観光 …

名作ドラマ「劇的紀行 深夜特急」

おすすめ度:★★★★★ (1996-1998年放送) 作家、沢木耕太郎さんの「深夜特急」という小説をご存知ですか? インドのデリーから、イギリスのロンドンまでを、乗り合いバスだけを使って一人旅をすると …

T字カミソリは「Schickプロテクターディスポ」がおすすめ!

ここ十数年、僕がずっと使い続けているT字カミソリをご紹介します。 その名も「Schick(シック) プロテクターディスポ」。 「キレてなーい」のCMでおなじみのヒゲソリのなかで、安いタイプのカミソリで …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up