投資を考える コラム記事 投資の心得

株式投資は、後出しジャンケンで勝てます

投稿日:2018年2月27日 更新日:

よく「株は連想ゲームだ」と言われます。「大風吹けば桶屋が儲かる」の発想で、何か事件が起こったとき、需要が増えそうなものを連想し、それを提供する企業の株を先回りして買っておく、という発想です。

また、投資関連の雑誌では「今のうちに買っておくべし!絶対上がる!お宝銘柄10選」みたいな文句で、今後急騰しそうな株を紹介する記事をよく見かけます。

これらに共通するのは「株は予想するもの」という考え方です。今から上がりそうな株を他の人より先に買っておいて、予想が当たったら大儲け、外れたら大損する、というゲームです。

たしかに連想や予想は、株式投資の楽しみかたのひとつであり、醍醐味であるかもしれませんが、僕自身は、株式投資は「予想するゲーム」だとは考えていません。

そういうふうに取引しても、継続的に株式投資で勝つことはできないと思っているからです。

たった一人の副業投資家が、株価を一生懸命予想したとしても、個人の能力には限界があります。機関投資家やファンドマネージャーなどプロの投資家集団には到底勝てません。情報量も、分析力も、経験も、投資に注ぎ込める時間も労力も、違いは歴然です。

それに、明日の株価を100%当てられる人は、この世にいません。予想してもムダとはいいませんが、自分の予想を信じすぎるのは危険です。あまり自分の投資判断を信用しない方が良いです。

僕の投資スタイルは、連想や予想とは真逆の発想で、ズバリ後出しジャンケンという考え方です。

  • グーを出した後で、パーを出せば勝ち
  • パーを出した後で、チョキを出したら勝ち
  • チョキを出した後で、グーを出せば勝ち

相場や株価が動いた後で、自分が動く、という考え方です。

  • 株価が下がった後で、株を買う
  • 株価が上がった後で、株を売る

ベンジャミン・グレアムの名著「賢明なる投資家」でもこう言っています。

第8章「投資家と株式市場の変動」より

株価が上がったから買い、下がったから売るということは、決してしてはならない。投資家が大きな間違いを引き起こすことがないよう、これをさらに明快に述べておこうーー「株価が大幅に上昇したすぐ後に株を買ってはならない。また、大幅に下落したすぐ後には絶対に売ってはならない」。

いちばん良くないのは、自分の予想が外れたからといって、精神的にうろたえてしまうことです。

うろたえたら、冷静な投資はできません。

Amazon:賢明なる投資家 - 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法

楽天:賢明なる投資家 [ ベンジャミン・グレアム ]



関連記事

One Tap BUYスマホ証券に口座を開いて取引してみた

最近、One Tap Buy(ワンタップバイ)というスマホ証券に口座を開いて、取引してみました。 とにかくカンタンで手軽に株取引できるので、株式投資初心者のかたにおススメです。 では、利用した感想など …

5つの証券会社の手数料を比較(2018年5月)

僕は5つの証券会社に口座を開いていますが、現在はそのうちSBI証券とカブドットコム証券に入金して、株式投資をしています。 しばらく休眠口座になっているマネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券を含め …

「日経ビジネス 徹底予測2018」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 本屋に行って、2018年版を買ってきました。780円。 昨年よりもページ数が44ページ増えて、分厚 …

会社四季報チェック(2017年3集)2

6月16日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o コカ・コーラボトラーズジ …

甘い投資話には気をつけましょう

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがありますよね。 「とても信用できる友人から新規上場株の投資話を持ち …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up