投資を考える コラム

株式投資は、後出しジャンケンで勝てます

投稿日:2018年2月27日 更新日:

よく「株は連想ゲームだ」と言われます。「大風吹けば桶屋が儲かる」の発想で、何か事件が起こったとき、需要が増えそうなものを連想し、それを提供する企業の株を先回りして買っておく、という発想です。

また、投資関連の雑誌では「今のうちに買っておくべし!絶対上がる!お宝銘柄10選」みたいな文句で、今後急騰しそうな株を紹介する記事をよく見かけます。

これらに共通するのは「株は予想するもの」という考え方です。今から上がりそうな株を他の人より先に買っておいて、予想が当たったら大儲け、外れたら大損する、というゲームです。

たしかに連想や予想は、株式投資の楽しみかたのひとつであり、醍醐味であるかもしれませんが、僕自身は、株式投資は「予想するゲーム」だとは考えていません。

そういうふうに取引しても、継続的に株式投資で勝つことはできないと思っているからです。

たった一人の副業投資家が、株価を一生懸命予想したとしても、個人の能力には限界があります。機関投資家やファンドマネージャーなどプロの投資家集団には到底勝てません。情報量も、分析力も、経験も、投資に注ぎ込める時間も労力も、違いは歴然です。

それに、明日の株価を100%当てられる人は、この世にいません。予想してもムダとはいいませんが、自分の予想を信じすぎるのは危険です。あまり自分の投資判断を信用しない方が良いです。

僕の投資スタイルは、連想や予想とは真逆の発想で、ズバリ後出しジャンケンという考え方です。

  • グーを出した後で、パーを出せば勝ち
  • パーを出した後で、チョキを出したら勝ち
  • チョキを出した後で、グーを出せば勝ち

相場や株価が動いた後で、自分が動く、という考え方です。

  • 株価が下がった後で、株を買う
  • 株価が上がった後で、株を売る

ベンジャミン・グレアムの名著「賢明なる投資家」でもこう言っています。

第8章「投資家と株式市場の変動」より

株価が上がったから買い、下がったから売るということは、決してしてはならない。投資家が大きな間違いを引き起こすことがないよう、これをさらに明快に述べておこうーー「株価が大幅に上昇したすぐ後に株を買ってはならない。また、大幅に下落したすぐ後には絶対に売ってはならない」。

いちばん良くないのは、自分の予想が外れたからといって、精神的にうろたえてしまうことです。

うろたえたら、冷静な投資はできません。



関連記事

株との出会い

僕が株をはじめたきっかけの話です。 株をはじめたきっかけは仕事仲間のひと言 株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。あのリーマンショックが起こる、ちょっとだけ前のことでした。 それまで …

楽天証券は万能型ネット証券

2011年に楽天証券の口座を開きました。 その後、楽天証券では試しに2、3回取引しただけで、あまり使いこなせていなくて、ずっと休眠口座になっていました。 ところが最近になって、久しぶりに楽天証券サイト …

今後のマーケットを予想できますか?

アメリカ大統領選挙でトランプ氏がヒラリー氏に勝利した2016年11月8日あたりから、株価は上昇を続け、為替は円安基調になっていますが、いったいどこまで続くのでしょうか? 株価が上がるのはありがたいこと …

銘柄ウォッチ「ミツカン(未上場)」

ミツカンホールディングス WEBサイトはこちら ミツカンホールディングスとは 「上場はしていないけど、もし上場したら投資してみたいなあ。」という企業がいくつかあります。 そのうちのひとつが「株式会社ミ …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

(ダイヤモンド社、ピーター・リンチ 著、三原淳夫、土屋安衛 訳) 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります。株式投資信託マ …

2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up