投資を考える 銘柄ウォッチ

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)3

投稿日:2017年12月18日 更新日:

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。

では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。

【チェック銘柄】

  • セブン銀行(8410)
  • 日本取引所(8697)
  • 東レ(3402)

icon-check-square-o セブン銀行(8410)

【更新】平均利用件数は弱含むが、ATM設置台数はコンビニ軸に900台増(期初2万3368台)。米国、インドネシア赤字を国内事務受託サービスが補う。減価償却費も落ち、連続最高益。19年3月期もATM1000台程度増。米国も収支改善。

【新サービス】チケットキャンセル金や通販返品向け現金受け取りサービスを18年春開始。プリペイドサービスでATM対応も。

ATM設置台数がどんどん増えて、ますます身近になっていくセブン銀行。

コンビニ業界の巨人「セブンイレブン」の店内に独占的にATMを設置できますからね。セブンイレブンの地位が揺るがないかぎり、「セブン銀行」も当然ながら安泰でしょう。

リスクがあるとすれば、次のようなものです。

  • 将来、仮想通貨が普及したとき、紙幣やコインの形をした現金は無くなってしまうかもしれず、その場合、ATMの存在価値がなくなる
  • ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATMなどと差別化がむずかしい(お金の出し入れだけの目的なら、どこでも一緒)
  • 提携金融機関からもらう対価が、他社との価格競争で値下がりしたら、一気に収入源を失うおそれがある

とはいっても、しばらくは大丈夫でしょう。

icon-check-square-o 日本取引所(8697)

【増配】市況変動が小さくデリバティブの取引料は鈍い。ただ、株式相場回復で現物株の取引料が増加。ETFの純資産額増加に伴い、情報関連収益や高速システム利用料も伸長。増配。19年3月期は相場安定を前提に株式取引料や情報関連が伸びる。

【柔軟に】上場オプション取引に権利行使日など柔軟に設定できる仕組み導入。顧客確認などブロックチェーン実証実験進む。

配当2.45%と、3月にもらえる株主優待1,000円相当のクオカードが魅力です。

日本取引所グループのWEBサイトにある株主優待説明ページには

「2018年3月末及び2019年3月末において、2017年9月末から継続して当社株式の保有が確認できる株主様には、継続保有期間が2年未満の場合でも3,000円のQUOカードを進呈いたします。」

と書いてあります。

僕は2017年7月から保有し続けているので、2018年3月末まで保有すれば、3,000円相当のQUOカードがもらえる見込みです。

なんとか頑張って、売らずに持ち続けます。

icon-check-square-o 東レ(3402)

【堅調】顧客の在庫調整が長引き炭素繊維複合材は当初想定の下期フル操業に至らず。ただ自動車向け樹脂や電池絶縁材、電子材料など数量拡大し機能化成品が奮闘。繊維は産業分野が繁忙。税平常化。19年3月期は炭素繊維が完全復調。最高純益更新。

【炭素繊維】高品質でコスト安い新品種開発、米国で専用の焼成設備を建設へ。子会社で品質データの改ざん発覚、業績影響は小。

最近ニュースをにぎわせた東レ子会社の品質データ改ざん問題。

僕は、東レに同情します。

要するに、品質100点満点として出荷したものが、実は98点の品質だったのを、ネットの書き込みでたたかれたんですよね。

100点も98点も、ほとんど一緒ですよ。

学校のテストなら、どちらも「よくできました」と褒められるレベルです。

品質の基準自体を、あと少しだけ落としていれば、何の問題もなかったんじゃないでしょうか。

たった2点の差を埋めるために、手間ひまをかけ、納期をおくらせることはナンセンスです。

ということで、東レ独自の技術に期待して、100株だけですがこれからも保有します。



関連記事

4つの証券会社の使い分けを決めました

現在、次の4つの証券会社に口座を開いています。 SBI証券 マネックス証券 楽天証券 GMOクリック証券 でも、現状はSBI証券に資金が集中しています。 リスクヘッジの観点から、もっと資金を分散させた …

失敗談「良品計画ナンピン地獄」

あなたはナンピン地獄を経験したことがありますか。 僕はあります。 地獄というのはチョットおおげさかもしれませんが、投資で失敗する人の主な原因のひとつが「ナンピン買いのあとの塩漬け地獄」です。 失敗の経 …

銘柄ウォッチ「カルビー(2229)」2回目

カルビー WEBサイトはこちら カルビーとは カルビーは、おなじみのスナック菓子国内最大手の会社です。 2009年に米国ペプシコと資本提携して、北米、韓国でも展開しています。 ポテトチップスやじゃがり …

普段の”消費”を”投資”に変えてみる

お金を使う支出の種類は「投資」「消費」「浪費」の3つに分けられます。 「投資」:お金を出した以上の見返りが期待できる支出 「消費」:お金を出した価値と同じ、必要なものを買う買物 「浪費」:いわゆる無駄 …

会社四季報チェック(2017年4集 秋号)3

9月15日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 日本マクドナルドホールデ …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up