取引の記録 取引分析

5つの証券口座の資金配分を検討しました(2017年12月)

投稿日:2017年12月14日 更新日:

現在の資産配分

現在、5つの証券会社に口座を持っています。

証券口座ごとの資産割合と投資目的は、次のとおりです。

  • SBI証券(50%):国内3銘柄の中短期トレード
  • マネックス証券(20%):外貨建商品の長期保有
  • 楽天証券(20%):株主優待銘柄の単元株長期保有
  • GMOクリック証券(5%):成長期待銘柄の単元株長期保有
  • カブドットコム証券(5%):手数料無料「フリーETF」の中短期トレード

こういう資産割合にしている意図は、「SBI証券」と「カブドットコム証券」の中短期トレードで資産を増やしていき、その利益を「マネックス証券」「楽天証券」「GMOクリック証券」へ徐々に積み立ていくことでリスクヘッジしていきたい、という狙いがあります。

資産配分は「資産の大きさ」や「投資スタイルの方針変更」により、その都度変化していって当然なので、定期的に見直すようにしています。

資産配分のパターン検討

もっとよい資産配分はないだろうか?という観点で、いくつかパターンを考えてみました。

【案1】各証券口座に均等配分するパターン

  • SBI証券(20%):国内3銘柄の中短期トレード
  • マネックス証券(20%):外貨建商品の長期保有
  • 楽天証券(20%):株主優待銘柄の単元株長期保有
  • GMOクリック証券(20%):成長期待銘柄の単元株長期保有
  • カブドットコム証券(20%):手数料無料「フリーETF」の中短期トレード

単純に均等に資産を振り分けるパターンです。

各口座の残高をみたら運用成績の良し悪しがはっきり分かるので、どの投資手法が自分にとって向いているか探しやすいというメリットがあります。

均等に配分することによってリスクヘッジできるし、意外と理にかなった配分かもしれません。

【案2】フリーETFをメイン取引にするパターン

  • SBI証券(20%):国内3銘柄の中短期トレード
  • マネックス証券(20%):外貨建商品の長期保有
  • 楽天証券(10%):株主優待銘柄の単元株長期保有
  • GMOクリック証券(10%):成長期待銘柄の単元株長期保有
  • カブドットコム証券(40%):手数料無料「フリーETF」の中短期トレード

資産防衛志向の強い配分です。

カブドットコム証券オリジナルのサービス「フリーETF」(指定16銘柄のETFが取引手数料無料のサービス)をフル活用します。フリーETFを中短期トレードして、1%台の利益を何回も何回も積み重ねていきます。

その他の口座は、個別株の単元保有に専念するのと、マネックス証券で外貨商品を保有して為替のリスクヘッジという目的で使用します。

ETFは、個別株のように倒産リスクがないですし、ETFの特性上、たくさんの企業に少額ずつ投資したのと同じ効果が見込まれますし、安全性という面では優秀な投資商品です。

フリーETFの取引は、まだ試行段階ですが、もっと資金をつぎ込み、短期トレードで利益を生み出すサイクルを短くしていくことで大きな複利効果が発揮できるかもしれない、と手応えをつかみかけているところです。

【案3】個別株3銘柄をメイン取引にするパターン

  • SBI証券(70%):国内3銘柄の中短期トレード
  • マネックス証券(10%):外貨建商品の長期保有
  • 楽天証券(10%):株主優待銘柄の単元株長期保有
  • GMOクリック証券(5%):成長期待銘柄の単元株長期保有
  • カブドットコム証券(5%):手数料無料「フリーETF」の中短期トレード

お気に入りの個別銘柄へ集中投資するパターンです。

僕の場合「キユーピー」「カルビー」「鳥貴族」の国内3銘柄に集中的に投資します。

当たれば大きく利益を得られる反面、ナンピン買いの失敗で資金の大半が塩漬け株になってしまう危険性もあります。個別銘柄なので、倒産リスクもあります。

さいごに

検討の結果、現時点ではどういう資産配分にするか結論は出ませんでした。

「運用成績のよい投資手法」と「リスク回避のための投資手法」をうまく組み合わせた資産配分を考えなくてはいけません。

例を挙げると、もし外貨建て商品の運用成績がわるかったとしても、国内通貨だけで資産を持っておくリスクを回避するために、ある程度の割合は外貨で持っておく、といった考え方です。

日を改めて、もういちど検討します。

本業サラリーマンの会社が年末年始休みに入ったら、多少ゆっくりした時間がもてるので、そこで考えたいです。


関連記事

ポートフォリオ(2020年7月18日)

マーケット概況 株価/指標 (先週) 今週 増減 日経平均 22,290円 22,696円 +406 NYダウ $26,075 $26,671 +596 米ドル/円 106.9円 107.0円 0.1 …

約定記録(2021年5月3日-5月7日):売却

今週の約定 損益額合計:+6,200円 年月日 約定 損益額 2021/05/03(月)※憲法記念日で休場 – – 2021/05/04(火)※みどりの日で休場 – …

ポートフォリオ(2017年2月10日)

銘柄 株数 含み損益 江崎グリコ 300 -3.53% キユーピー 500 +0.31% 鳥貴族 600 -9.55% 朝日放送 100 +0.78% Coca-Cola 300 -8.70% 感想 …

ポートフォリオ(2020年10月24日)

マーケット概況 株価/指標 (先週) 今週 増減 日経平均 23,410円 23,516円 +106 NYダウ $28,606 $28,335 -271 米ドル/円 105.4円 104.7円 0.7 …

約定記録(2020年4月27日-5月1日):買付(信用)/売却

4月27日(月) 約定なし。 日経平均株価終値:前日比+521円の19,783円 NYダウの終値:前日比+358ドルの24,133ドル 日銀金融政策決定会合で黒田総裁は追加金融緩和を決定しました。新型 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up