投資を考える コラム

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

投稿日:2017年12月10日 更新日:

つい最近やっちまった失敗談です。

江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。

結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。

反省の意味を込めて、経緯をたどっていきます。

江崎グリコ(2206)取引の経緯

SBI証券で、江崎グリコを取引していました。

10月に300株保有していましたが、ちょっとずつ利益確定しました。

①10月6日:100株利益確定売り(利益+1.0%)
②10月10日:100株利益確定売り。(利益+2.4%)
③10月17日:100株利益確定売り(利益+6.1%)

ここまでは順調です。この時点で保有数はゼロとなりました。

保有ゼロの間に、株価が上がってしまったらもったいないという思いから、すぐさま次の日に100株買いました。いわゆる「持たざるリスク」を防ぐための買いです。

④10月18日:SBI証券で100株買い。

この時点で、自分の中で投資方針を変えました。

江崎グリコ(2206)とカルビー(2229)の将来性や値動きの大きさを比較した結果、SBI証券でスイングトレード銘柄としていた「江崎グリコ」を「カルビー」に差し替えることにしました。

「江崎グリコ」は楽天証券で取引することとし、株主優待目的として単元株のみ保有することにしました。

自分の投資方針をさっそく実現しようと、楽天証券でグリコを100株買いました。

⑤10月25日:楽天証券で100株買い。

SBI証券で保有している100株は、含み損益がプラスになったところですぐに売るつもりでした。

そして10月31日、江崎グリコの中間決算が発表されましたが、当期純利益予想が前期比-10.7%とわるい内容でした。

翌日の11月1日、さっそく6万円の大暴落です。値下がり率は前日比-10%ほどでした。

「あちゃー。下がったなー。」と少しショックでしたが、決算発表から一週間たった11月6日、下げ止まったとみて、SBI証券と楽天証券で、同時にナンピン買いしました。

⑥11月6日:SBI証券でナンピン買い。
⑦11月6日:楽天証券でナンピン買い。

その後の株価、さらに5400円付近まで下げてしまい、ハイ、塩漬け株の出来上がり!となりました。

今回の取引前後、10月5日~12月4日の2か月間を時系列に並べたのが下表です。


※この一覧は、マネックス証券の時系列データを拝借して、Excelで加工しました。

チャートにすると、こんなかんじです。

こうやって客観的に取引を見直してみると、ウーン、まずい取引ですねー。

何が失敗の原因だったのか?

取引の何がわるかったのか、いくつか洗い出しました。

  1. すべて利益確定して保有ゼロになったとき、時間をおいてしばらく様子を見る、という選択肢が頭になかった。
  2. 上場企業の多くが好決算を発表しているなか、そもそもグリコの決算発表がわるくなることを予想していなかった。
  3. 値動きが激しい中間決算前に、200株(60万円×2)も買い付けてしまった。
  4. 中間決算発表後に株価暴落したあと、あまり日をおかずにナンピン買いしてしまった。
  5. 200株ナンピン買いするとき、タイミングをずらさず、一気に200株ナンピン買いしてしまった。

今回の取引から学んだ教訓

今回の失敗から、次のことを学びました。

  • 決算発表前は、下落のリスクを想定しておく
  • 暴落後にナンピン買いするなら、2週間以上待つ
  • 複数の株をナンピン買いするなら、日をずらして少しずつ買う

分かっているつもりなんですが、ついつい惰性で取引してしまうんですよねー。反省!



関連記事

金融商品のリスクとリターンを「交通手段」に例えて説明してみた

資産運用をスタートするとき、 目的地(資産目標額)と いつまでに目的地に到達したいか(運用期間)をしっかり決めて 最適な手段(金融商品)を選ぶ ことが重要になります。 今回、いろんな金融商品が持ってい …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーだと思います。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 …

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。 街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。 ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるん …

暴落相場にそなえて「買い銘柄リスト」をつくっておく

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アスペクト社)の巻末には、澤上篤人さんによる本の解説が載っています。 「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した …

先物・オプション取引を独学する[6]WEBサイト

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 これまで書籍で勉強してきて、日経225先物取引はある程度理解することができましたが、オプション取引はあまり理解できていませんでした。 最終 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up