投資を考える 証券会社を選ぶ

GMOクリック証券口座の使い道を変えました

投稿日:2017年11月23日 更新日:

GMOクリック証券での低位株投資はやめた

GMOクリック証券の口座は「低位株専用口座」として取引していましたが、どうもしっくりこないので、低位株投資は辞めることにしました。

性格的にギャンブル性の高いものは肌に合わないのです。だからパチンコも競馬も競艇も一切やりません。(100円BIGだけはやっています。)

地道ですが、ちいさな利益を積み上げていって「負けない投資をする。」というほうに喜びをおぼえる性格だと改めて思いました。自分の性格に合った投資スタイルをみつけるのは、株式投資で勝利するための近道ですからね。

GMOクリック証券口座の使い道を考えた

今後、GMOクリック証券で何に投資していこうか考えました。

他の証券会社の口座は、次の目的で利用しています。

  • SBI証券・・・メインで取引する口座。3銘柄に集中投資。
  • マネックス証券・・・外貨建て商品専用の口座。
  • 楽天証券・・・株主優待目当ての単元株保有口座。
  • カブドットコム証券・・・手数料無料のフリーETF取引専用口座。

GMO証券で何を取引していくか?

FXやオプション取引やCFD(差金決済取引)に挑戦してみようかと検討しましたが、やめました。株式投資よりもリスクが高い投資なので、性格的に合わないと思ったからです。

そこで、もっとリスクの低い投資商品に決めました。

GMOクリック証券では、全資産の5%を入金し「成長期待株を単元株買って持ち続ける」という目的で利用することにします。

過去に十分実績があり、これからも成長が期待できる銘柄を単元株保有し、長く見守っていくスタイルでいきます。株主優待や配当金は気にせず、あくまで業績の成長のみに目を向けていきます。

買付候補としては、いまのところ次の銘柄を考えています。

  • 東レ(3402)
  • セブン銀行(8410)
  • リクルートホールディングス(6098)
  • セブンアンドアイホールディングス(3382)

成長性に加えて「応援したくなる企業」であることも、投資条件のひとつとします。



関連記事

会社四季報チェック(2017年1集 新春号)

12月16日に四季報が発売されましたね。 本屋で分厚い四季報を買わなくても、証券会社に口座を作っていたら、たいてい無料で同じ情報を閲覧できるので便利です。 では、さっそく気になる銘柄の四季報更新状況を …

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

銘柄ウォッチ「Coca-Cola(KO)」

Coca-Cola WEBサイトはこちら コカ・コーラ ジャパン WEBサイトはこちら 世界中のだれもが知っているコカ・コーラ(Coca-Cola Company)。 市場でのティッカーはKO。 最近 …

SBI証券サイトのおすすめ機能[同業種で売上高が近い銘柄]

SBI証券のサイトの「国内株式」で個別銘柄の情報を表示させたとき、最下部に「同業種で売上高が近い銘柄」という一覧があるんですが、これがけっこう使えます。 同業他社のライバル企業との比較がかんたんに行え …

会社四季報チェック(2018年1集 新春号)4

12月15日に「四季報 2018年1集 新春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 いまは保有してないけど、いつか安く …

2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
2019/04/30:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up