投資を考える 証券会社を選ぶ

カブドットコム証券に口座を開きました

投稿日:2017年11月11日 更新日:


株を買うならカブドットコム
株を売るならカブドットコム
ああ素晴らしい株の世界
カブ カブ カブ カブ カブドットコム証券

のCMでおなじみのカブドットコム証券に口座を開きました。

これでSBI証券、マネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券に続き、5つ目の証券口座開設です。

ネットの口座開設サイトから15分くらいの手続きで、身分証明書とマイナンバー通知カードの画像アップロードが必要でした。

口座開設手数料・管理費はもちろん無料です。

なぜカブドットコム証券に口座を開いたのかというと

  • 投資情報が豊富でわかりやすい(サイトの文字が大きく初心者向け。動画も豊富)
  • 「フリーETF」という、他社にはないサービスがある

という理由からです。

フリーETFとは

フリーETFとは、カブドットコム証券が指定した16銘柄のETFの売買手数料(現物/信用)を無料とするサービスです。

カブドットコム証券:フリーETF紹介ページはこちら

次の16銘柄の売買手数料が無料です。

  1. MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)
    JPX日経インデックス400との連動を目指すETF
  2. MAXIS トピックス・コア30上場投信(1344)
    TOPIX Core 30に連動する投資成果を目的とするETF
  3. MAXIS 日経225上場投信(1346)
    日経平均株価(日経225)に連動する投資成果を目的とするETF
  4. MAXIS トピックス上場投信(1348)
    東証株価指数(TOPIX)に連動する投資成果を目的とするETF
  5. MAXIS S&P東海上場投信(1553)
    「S&P 日本地域別指数-東海-」を対象指数とし、連動を目指すETF
  6. MAXIS 海外株式(MSCIコクサイ)上場投信(1550)
    円換算したMSCI Kokusai Index(MSCIコクサイ インデックス)との連動を目指すETF
  7. SPDRR S&P500R ETF(1557)
    S&P500指数を対象指数とし、連動を目指すETF
  8. ABF汎アジア債券インデックス・ファンド(1349)
    「Markit iBoxx ABF汎アジア指数」を対象指数とし、連動を目指すETF
  9. 国際のETF VIX短期先物指数(1552)
    円換算した「S&P500 VIX短期先物指数」を対象株価指数とし、連動を目指すETF
  10. 国際のETF VIX中期先物指数(1561)
    円換算した「S&P500 VIX中期先物指数」を対象株価指数とし、連動を目指すETF
  11. MAXIS JAPAN クオリティ150上場投信(1460)
    「iSTOXX MUTB JAPAN クオリティ150インデックス」を対象指数とし、連動を目指すETF
  12. MAXIS JAPAN 設備・人材積極投資企業200上場投信(愛称:前向き日本)(1485)
    「iSTOXX MUTB Japan 積極投資企業200インデックス」を対象指数とし、連動を目指すETF
  13. MAXISトピックスリスクコントロール(5%)(1567)
    対象指数(TOPIXリスクコントロール指数)の値動きに連動する投資成果を目指すETF
  14. MAXISトピックスリスクコントロール(10%)(1574)
    対象指数(TOPIXリスクコントロール指数)の値動きに連動する投資成果を目指すETF
  15. MAXIS Jリート上場投信(1597)
    対象指数(東証REIT指数)の値動きに連動する投資成果を目指すETF
  16. MAXIS JPX日経中小型株指数上場投信(1492)
    「JPX日経中小型株指数」を対象指数とし、連動を目指すETF

フリーETFをどのように投資するか

フリーETFの中だと、

  • 「1.MAXIS JPX日経インデックス400上場投信(1593)」
  • 「4.MAXIS トピックス上場投信(1348)」
  • 「7.SPDRR S&P500R ETF(1557)」

に興味があります。

手数料が無料、ということは、ETFを何回売買しても手数料がかからないということになります(当たり前か)。

ということは、ETFを積み立てる運用だけでなく、「ETFを短期売買する」というトレードもできそうです。投資手法として有効かどうか、これからじっくり検討していきます。

カブドットコム証券サイトはこちら



関連記事

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。 街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。 ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるん …

株主優待制度の是非、僕は肯定派です

株主優待制度、「不要だ」という意見の人もいますが、僕は肯定派です。 何といっても、品物が届くのがワクワクして楽しいじゃないですか。だから好きです。 株主優待制度とは? そもそも株主優待制度とは何なのか …

投資では3つの「%」を意識するべし

株式投資で勝つためには、3つの「%」(パーセント)を意識しましょう。 すなわち「損益の%」「割合の%」「利回りの%」の3つです。 これらの「%」を常に意識することで、冷静に効率よく投資が行えます。 ① …

株価が下がったとき、どうするのが正解なのか?

株を買うとき、人は誰しも「この株の株価は、今後上がるだろう」と思って買います。 しかしながら、そのようにして買った株のすべてが上がるとはかぎりません。 むしろ買ったあとで株価が下がることのほうが多いで …

日本は近い将来、財政破綻するの!?

「近い将来、日本は財政破綻するのか!?」 なんていうタイトルが、しばしば紙面やテレビをにぎわせていますね。 これについては、経済学者やアナリストなど専門家の間でも、意見が分かれています。 それぞれの言 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up