世の中のできごと スポーツ

村田諒太がWBAミドル級世界王者になった!

投稿日:2017年10月23日 更新日:

10月22日に、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級の世界タイトルマッチ(東京・領国国技館)が行われ、村田諒太(むらたりょうた)が世界チャンピオンのアッサン・エンダム(フランス国籍、カメルーン出身)を7回TKOで倒し、世界チャンピオンになりました!

村田選手、本当におめでとうございます!

前回5月の対戦は、疑惑の判定だった

前回、5月にエンダムと対戦したタイトルマッチでは、どう見ても村田が勝っていたのに、疑惑の判定でなぜかエンダムが判定勝利でした。

村田はエンダムからダウンを奪い、もう少しでノックアウトというところまで追いつめていたのに、ジャッジは手数の多いエンダムを優勢と判断しました。

あれは本当に後味のわるい、残念な試合でした。

5月の対戦の時の過去ブログ:「ボクシング村田諒太のミドル級王座決定戦!」

5ヶ月を経て、やっとエンダムにリベンジできて胸がスッとしました!

今回の試合の感想

今回は試合開始直後から安心して観ることができました。

エンダムは、前回の試合で村田の一発の威力を肌で感じてたんでしょうね。1ラウンド早々からクリンチを繰り返していて、完全に弱腰でした。村田のあの打ち下ろしの右ストレートを見せられたら、だれでも凍りついてしまうでしょう。

試合後のインタビューでエンダムは「実は左足首を痛めていたんだ。」と言っていましたが、試合を振り返ると、たしかにいつものフットワークを使わず打ち合いに持ち込んでいたので、本当に調子がわるかったのかもしれません。

エンダムが第8ラウンド開始前に棄権して勝利が決まった瞬間、村田は表情を崩して泣きました。

村田はこの5ヶ月、いろんなプレッシャーにさらされ、本当に苦しかったんだと思います。

試合後のインタビューでアナウンサーが「村田諒太選手が泣いてる姿、はじめて見ましたよ。」と聞くと、村田は「泣いてません!」と強気に答えました。すでにチャンピオンとしての余裕が感じられるインタビューでした。

世界王者となった村田選手、これからも応援しています!



関連記事

2020年 1月・2月・3月の主要イベントを振り返る

2020年になって3ヶ月がたち、第1四半期がおわりました。 1月3日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから3か月、結局どうなったのかを振り返ってみます。 1月の主要イベント ■ …

2017年 1月・2月・3月の主要イベントを振り返る

2017年も早いもので3ヶ月がたち、第1四半期がおわりました。 1月9日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから3か月、結局どうなったのかを振り返ります。 1月 ・トランプ新アメ …

2018年 7月・8月・9月の主要イベントを振り返る

2018年の第3四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、7月、8月、9月のイベントは結局どうなったのか振り返ってみます。 7月 ・6月の日銀短観(7/2) …

安倍首相とトランプ大統領 日米首脳会談

安倍晋三首相とトランプ米大統領がホワイトハウスで首脳会談を行いましたね。 テレビで映像を見る限り、とても和やかな雰囲気で進んでいるようで、よかったよかった。 あるテレビのコメンテーターは「トランプさん …

ANA「翼の王国(2018年8月号)」のスクラップ

ANA(全日空)[9202](4桁数字は上場銘柄コード)の飛行機に乗ったとき、機内誌「翼の王国」(2018年8月号)を持ち帰ってきたので、デジタルスクラップします。 翼の王国は、写真や広告が豊富で、文 …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up