世の中のできごと スポーツ

村田諒太がWBAミドル級世界王者になりました!

投稿日:2017年10月23日 更新日:

10月22日に、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級の世界タイトルマッチ(東京・領国国技館)が行われ、村田諒太(むらたりょうた)が世界チャンピオンのアッサン・エンダム(フランス国籍、カメルーン出身)を7回TKOで倒し、世界チャンピオンになりました!

村田選手、本当におめでとうございます!

前回5月の対戦は、疑惑の判定だった・・・

前回、5月にエンダムと対戦したタイトルマッチでは、どう見ても村田が勝っていたのに、疑惑の判定でなぜかエンダムが判定勝利でした。

村田はエンダムからダウンを奪い、もう少しでノックアウトというところまで追いつめていたのに、ジャッジは手数の多いエンダムを優勢と判断しました。

あれ本当に後味のわるい残念な試合でした。

5月の対戦の時の過去ブログ:「ボクシング村田諒太のミドル級王座決定戦!」

5ヶ月を経て、やっとエンダムにリベンジできてよかったよかった。

今回の試合の感想

試合開始直後から安心して観ることができました。

エンダムは、前回の試合で村田の一発の威力を肌で感じてたんでしょうね。エンダムは1ラウンド早々からクリンチを繰り返していて、完全に弱腰でした。村田のあの打ち下ろしの右ストレートを見せられたら、だれでも凍りついてしまうでしょう。

試合後のインタビューでエンダムは「実は左足首を痛めていたんだ。」と言っていましたが、試合を振り返ると、たしかにいつものフットワークを使わず打ち合いに持ち込んでいたので、本当に調子がわるかったのかもしれません。

エンダムが第8ラウンド開始前に棄権して勝利が決まった瞬間、村田は表情を崩して泣きしました。

村田はこの5ヶ月、いろんなプレッシャーにさらされ、本当に苦しかったんだと思います。

試合後のインタビューでアナウンサーが「村田諒太選手が泣いてる姿、はじめて見ましたよ。」と聞くと、村田は「泣いてません!」と強気に答えました。すでにチャンピオンとしての余裕が感じられるインタビューでした。

世界王者となった村田選手、これからも応援しています!



関連記事

日本経済新聞スクラップ(2018/10/13朝刊)

10月13日(土)の朝に、ファミリーマートで日本経済新聞を買いました。 新聞はとっていないので、気が向いたときにコンビニで買うようにしています。 では、気になる紙面をデジタルスクラップしておきます。 …

2018年 4月・5月・6月の主要イベントを振り返る

2018年になって半年がたち、第2四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、4月、5月、6月のイベントは結局どうなったのか振り返ってみます。 4月 ・賃上げ …

「副業を福業に」(2017年8月10日朝日新聞)

朝日新聞の金融情報面に「経済気象台」というコーナーがあって、経済や投資にまつわるコラムが載っているのをご存知ですか? ちょっとした豆知識やニュースを読みやすくまとめているので、朝日新聞を読むときはいつ …

2019年 1月・2月・3月の主要イベントを振り返る

2019年になって3ヶ月がたち、第1四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから3か月、結局どうなったのかを振り返ってみます。 1月の主要イベント 1 …

衆議院選挙は与党が勝利、その後の相場は?

10月22日の日曜日に投票が行われた第48回衆議院議員選挙は、自民党・公明党の与党が勝利しました。 獲得議席は、自民党・公明党の与党が313議席を獲得し、定数465議席の3分の2を超えました。 また、 …

2019/06/30:メニュー「運用成績」更新
2019/06/09:サイドバー「おすすめの記事」更新
2019/06/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up