投資を考える おすすめ投資本

日経マネー「日本の億万投資家名鑑」

投稿日:2017年10月19日 更新日:


(日本ホームマガジン 日経BP社)

本のサブタイトルに「運用資産10億円超も。個人投資家63人のノウハウを明かす!」とあるように、資産が数億ある個人投資家がたくさん登場して、自らの投資手法を解説してくれます。中には資産数十億という桁違いの投資家もいらっしゃいます。

これを読んで、つくづく「自分がやっていることは小さいな。」と思いました。

僕の資産目標は1億円で、実際の資産は現在1千万弱ですが、こうやって数十億稼いでいる方のことを知ると、投資には、もっともっと大きな可能性があるのだと気づかされます。たくさんの投資手法が紹介されているので、とても参考になります。Amazonなどサイトで本のクチコミを読んでみると、「内容は過去の日経マネーの記事の寄せ集め」みたいな声もありますが、僕は「日経マネー」を定期的に読んでいないので、ぜんぶの記事が新鮮でした。

目次の紹介

  • 「伝説の計380億円対談 完全版」片山 晃さん×五味大輔さん
    希代のスゴ腕個人投資家が語る 100億円投資家への道
  • Part1:「グロース株投資家」成長銘柄に集中投資する
  • Part2:「バリュー株投資家」割安な株を仕込む
  • Part3:「逆張り投資家」急落相場で買い向かう
  • Part4:「イベント投資家」イベントを利用して儲ける
  • Part5:「デイトレーダー」超短期で利益を積み上げる
  • Part6:「海外株投資家」外国企業の成長を享受する

「片山 晃さん×五味大輔さん」の対談メモ

冒頭の「片山 晃さん×五味大輔さん」の対談が、いちばん参考になりました。

ほんとうに儲けている人がどのようなことに目を向けて、どのように相場を見ているのか、その雰囲気を学ぶことができました。いちばん「なるほどな。」と思った箇所を抜粋してご紹介します。

片山晃さんが「実感で語る、パフォーマンスを分ける株式投資の技能」

レベル1 誰にでもできる「この株は値上がりしそうだなと思う」

決算資料や雑誌、ネットなどの情報から、自分なりの判断基準で有望な銘柄を見つける。これが株式投資の第一歩。

レベル2 勇気が必要「その株を実際に買いにいく」

見つけた銘柄の事業や業績、財務、株価水準などを調べ、「これはいける」と判断したなら勇気を持って株を買う。

レベル3 チャンスを最大限生かす「十分な量(金額)を買いにいく」

値上がりを確信できる銘柄には、資金を大きく入れる。勝負どころを逃さないのが、資産の伸びを加速させる秘訣だ。

レベル4 少しくらい下げても逃げない「それをしっかり最後まで持つ」

いけると判断した根拠が変わっていないなら、多少の上げ下げには動じず、目標と定めた株価になるまで持ち続ける。

「自分の投資レベルは、いくつだろう?」と考えさせられました。

僕自身は、レベル1「この株は値上がりしそうだなと思う」、レベル2「その株を実際に買いにいく」までは到達できてるんじゃないかと思います。

でもレベル3「十分な量(金額)を買いにいく」は、勝った株が値下がりしてやむを得ずナンピン買いした結果、たまたまそうなることはあっても、意図したものではないので、まだ到達したとは言えないです。

ましてやレベル4「それをしっかり最後まで持つ」には全く到達していません。自分を信じて株を持ち続けることほどむずかしいことはないと、投資をやってて実感しています。

そもそも僕は目標株価というものを決めていないので、ある程度値上がりしたら、売ることばっかり考えてしまうんです。ぜんぜんダメですね。もうひとつ上のレベルで投資できるよう、勉強あるのみです!



関連記事

2017年 今年の抱負は「信用売りに挑戦!」

  2017年、明けましておめでとうございます! 今年も皆様にとって良い年になりますように! 当サイト「株式投資のかんたんレシピ」をよろしくお願いいたします。 今年は空売りに挑戦 今年は相場格言で「申 …

株式投資は人間力を育てます

自分でいうのも何ですけど、株式投資のおかげで人間的に成長できました。いわゆる「人間力」が増しました。 株式投資で人間力が上がるなんてあまり聞いたことないかもしれませんが、僕は本当にそう思っています。 …

投資の初心者が不安に感じること

株式会社ネオマーケティングが2016年7月に「資産運用とお客様サポートに関する調査」の結果を発表しました。 全国の直近1年以内に株式もしくはFXを利用した20歳以上の男女を対象にしたWEBアンケートで …

「世界一やさしいオプション取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ 岩田 亮 著 ソーテック社 さまざまな投資商品のなかで、僕にとっていちばん理解できないのが先物・オプションです。 いちおうSBI証券には先物・オプション口座を開いているので、取引しよう …

先物・オプション取引を独学する[1]教材集め

先物・オプション取引というものがどんな投資商品なのか、実のところ分かっていません。 よく分からない商品なので、今まで取引した経験はゼロ、つまり先物・オプション取引の未経験者です。 先物取引・オプション …

2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
Scroll Up