投資を考える コラム

失敗談「ちょっとだけ儲けてすぐ売ってやろう」がいちばんアブナイ

投稿日:2017年10月7日 更新日:

かれこれ10年ほど株式投資をやっています。そのなかで「この取引は失敗だった」と思ったことが何回かありました。

次のようなケースです。

株で失敗したケース

①ナンピンが失敗して塩漬け

資金の大部分をひとつの銘柄につぎ込んでしまって、塩漬け状態になってしまったことがありました。塩漬けになると、資金が凍結されることになるので、株価を戻るのも待つか、新しくお金を入金するしかなくなり、相場を指をくわえて見ていることしかできなくなるのでツラいです。

②よく知らない企業の銘柄に投資

なんとなく儲かりそうだからと思って、知らない銘柄に投資したら、結果的には高値づかみになってしまった、ということがありました。自分が利用したことのない商品を扱う銘柄に投資しても、その商品価値を知らないので、ちょっとした株価の下落にビクついてしまいます。車も持っていないのに「日産自動車(7201)」に投資したり、化粧品を使ったこともないのに「ドクターシーラボ(4924)」に投資したり、漢方薬を使ったこともないのに「ツムラ(4540)」に投資したりしても、結局はうまくいきませんでした。

③業績不振の銘柄に投資

粉飾決算問題のときの「オリンパス(7733)」や、大赤字決算になったときの「パナソニック(6752)」に投資したものの、株価がゼロになってしまう恐怖におびえてしまい、すぐに損切りしてしまいました。

失敗に共通する心理状態

さて、これらの失敗を思い返して分析した結果、ある共通した心理状態だったことが分かりました。

それは「ちょっとだけ儲けて、すぐ売ってやろう」という心理状態です。

じつはこれが一番アブナイです。

業績がずっと好調だったり、チャートの形がいかにもこれから上がりそうだったり、のとき、「とりあえずいま買っておいて、チョットだけ上がったら2、3日で売ってしまおう。こづかい程度には儲かるだろう。」とタカをくくって投資すると失敗します。

なぜだか分かりませんが、僕の経験上、そういう株の買い方をした直後に、暴落がはじまったり、株価の長い低迷期が始まったりすることが多いです。

もしかしたら、投資の神様に、自分の心を見透かされているのかもしれません。または、ヘッジファンドが仕掛けたワナに、まんまと引っかかったのかもしれません。

とにかく「かすめ取ってやろう」「いいとこ取りしよう」「安いから買ってやろう」と、計算高い気持ちのときには、あまり良い結果は生まれません。

「企業を応援しよう」「下がっても買い支えよう」「長い目で見よう」と、のんびりした心理状態のときに、うまくいくようです。



関連記事

会社四季報チェック(2017年4集 秋号)2

9月15日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 カルビー(2229) 【下期挽回】海外は柱の北米で販売低迷。ただ …

今週はイベント目白押しだったけど、結局相場は動かなかっタカ!(2018年6月17日)

6月7日(木)から来週6月15日(金)にかけて、けっこうビッグイベントが目白押しだったんですが、終わってみるとほとんど相場は動きませんでした。 どのイベントも想定内の結果だったため、サプライズがなく、 …

会社四季報チェック(2019年2集 春号)

2019年3月15日に「四季報 2019年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

「定量的」「定性的」に銘柄を選別する(銘柄選別表)

最近になって、「定量的」「定性的」という言葉をはじめて知りました。インターネットで仕事の調べ物をしていたら出くわした言葉です。 元々は理系分野の言葉で、最近ではビジネスシーンでもよく使われる言葉らしい …

2020/08/31:「運営者の投資成績」更新
2020/07/31:「運営者の投資成績」更新
2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up