新聞・雑誌 世の中のできごと

日経ヴェリタス「1億円長者の素顔」

投稿日:2017年8月22日 更新日:

特集の「1億円長者の素顔」というタイトルに誘われて、日経ヴェリタス(2017年8月13日~19日号)を買っちゃいました。550円。

日経ヴェリタスは値段が高いこともあり、売っているところが少なくてなかなかお目にかかれないのですが、駅ナカのファミリーマートの新聞コーナーに売っていたので、即ゲットしました。

一年前の昨年の夏も、同じような特集記事を組んでいました。きっとこの時期は「1億円」という言葉が受けるんでしょうね。

昨年の「日経ヴェリタス 2016年8月21日号」を紹介した過去ブログはこちら

僕も億万長者になりたい!あやかりたい!という思いで記事を読みました。

その中から、ちょっとだけ内容をご紹介します。

調査会社マクロミルを通じて「1億円以上の金融資産を持つ富裕層」と「それ以外の一般層」に、アンケートに答えてもらった結果です。

1億円長者の「5つの哲学」

1億円長者の投資手法や投資スタイルは様々ですが、投資哲学には以下の共通点がありました。

  • 勝ちパターンを作る
  • 短期の変動に慌てない
  • 失敗に学ぶ
  • 時代の変化を読む
  • 財布のひもは固く

僕自身の投資哲学と照らし合わせてみると、5つのうち「勝ちパターンを作る」「短期の変動に慌てない」「失敗に学ぶ」「財布のひもは固く」の4つは、自己評価ですが、クリアできているんじゃないかと思っています。

ひとつだけ「時代の変化を読む」は、自分に足りないところだと思っているので、これから改善していきたいです。具体的な行動としては、新聞や書籍など良質の情報をもっと吸収して、町へ出かけてこの目でいろんなものを見て、自分なりの未来予測をしていきたいです。

1億円長者は「こんな人」

1億円長者の特徴は、こんな人です。

  • 平均年齢56歳
  • 世帯年収1000万円未満が40%
  • 8割が株式を保有
  • 投資歴は平均23年
  • 初めての投資金額は50万円未満が34%
  • 一月平均16万円を投資
  • 平日ランチはお弁当

この中で「8割が株式を保有」という事実は、「資産を形成するにあたり株式投資は有効である」ということを示しています。

1億円長者の、その他の特徴です。

  • 今後買いたい銘柄はソフトバンクが1位(2位トヨタ自動車、3位NTTドコモ、4位日産自動車、5位任天堂)
  • 20代から70代の全ての世代で、参考にしている情報源のトップは「新聞」
  • 利用する証券会社はSBI証券がトップ、2位野村證券、3位大和証券

つまり、「高配当大型優良銘柄または成長銘柄に長期投資」「新聞をよく読む」という投資の王道を忠実に実践しているのが、1億円長者なのでしょう。

僕自身、高配当銘柄への投資は行っていませんが、確実に配当収入が見込めるというのは、長期的にみれば強力な武器になるんでしょうね。

参考にさせていただきます!



関連記事

国連安保理が北朝鮮への制裁決議を採択

2017年6月3日(日本時間)、国連安全保障理事会が、北朝鮮に対する制裁決議を採択しました。 (NHK NEWS WEBより引用) 北朝鮮のたび重なる弾道ミサイル発射を受けて、国連の安全保障理事会では …

節約志向は続くよ、どこまでも(2017年7月29日の日経新聞より)

7月29日(土)の日経新聞の中ほどに、「データCLIP」という記事があり、気になったので取りあげてみました。 日経新聞データCLIP「値上げで節約68%、まずビール」 幅広い商品・サービスの値上げが続 …

新しい元号は「令和」であります!

2019年4月1日の午前11時半頃、平成にかわる新しい元号が発表されました。 「新しい元号は令和であります。」 と菅官房長官が発表した瞬間、時代が切り替わったような感覚をおぼえました。 令和という元号 …

東京都議会議員選挙、小池知事率いる「都民ファーストの会」が大勝

7月2日の日曜日に投票が行われた東京都議会議員選挙は、小池知事が率いる「都民ファーストの会」が大勝して都議会第一党となりました。 逆に自民党は過去最低の議席を下回り惨敗しました。安倍首相の加計学園問題 …

2018年10月・11月・12月の主要イベントを振り返る

2018年の第4四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、10月、11月、12月のイベントが結局どうなったのか、振り返ってみましょう。 10月 ・9月の日銀 …

2019/10/01:メニュー「運用成績」更新
2019/09/01:メニュー「運用成績」更新
2019/08/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up