新聞・雑誌 世の中のできごと

日経ヴェリタス「1億円長者の素顔」

投稿日:2017年8月22日 更新日:

特集の「1億円長者の素顔」というタイトルに誘われて、日経ヴェリタス(2017年8月13日~19日号)を買っちゃいました。550円。

日経ヴェリタスは値段が高いこともあり、売っているところが少なくてなかなかお目にかかれないのですが、駅ナカのファミリーマートの新聞コーナーに売っていたので、即ゲットしました。

一年前の昨年の夏も、同じような特集記事を組んでいました。きっとこの時期は「1億円」という言葉が受けるんでしょうね。

昨年の「日経ヴェリタス 2016年8月21日号」を紹介した過去ブログはこちら

僕も億万長者になりたい!あやかりたい!という思いで記事を読みました。

その中から、ちょっとだけ内容をご紹介します。

調査会社マクロミルを通じて「1億円以上の金融資産を持つ富裕層」と「それ以外の一般層」に、アンケートに答えてもらった結果です。

1億円長者の「5つの哲学」

1億円長者の投資手法や投資スタイルは様々ですが、投資哲学には以下の共通点がありました。

  • 勝ちパターンを作る
  • 短期の変動に慌てない
  • 失敗に学ぶ
  • 時代の変化を読む
  • 財布のひもは固く

僕自身の投資哲学と照らし合わせてみると、5つのうち「勝ちパターンを作る」「短期の変動に慌てない」「失敗に学ぶ」「財布のひもは固く」の4つは、自己評価ですが、クリアできているんじゃないかと思っています。

ひとつだけ「時代の変化を読む」は、自分に足りないところだと思っているので、これから改善していきたいです。具体的な行動としては、新聞や書籍など良質の情報をもっと吸収して、町へ出かけてこの目でいろんなものを見て、自分なりの未来予測をしていきたいです。

1億円長者は「こんな人」

1億円長者の特徴は、こんな人です。

  • 平均年齢56歳
  • 世帯年収1000万円未満が40%
  • 8割が株式を保有
  • 投資歴は平均23年
  • 初めての投資金額は50万円未満が34%
  • 一月平均16万円を投資
  • 平日ランチはお弁当

この中で「8割が株式を保有」という事実は、「資産を形成するにあたり株式投資は有効である」ということを示しています。

1億円長者の、その他の特徴です。

  • 今後買いたい銘柄はソフトバンクが1位(2位トヨタ自動車、3位NTTドコモ、4位日産自動車、5位任天堂)
  • 20代から70代の全ての世代で、参考にしている情報源のトップは「新聞」
  • 利用する証券会社はSBI証券がトップ、2位野村證券、3位大和証券

つまり、「高配当大型優良銘柄または成長銘柄に長期投資」「新聞をよく読む」という投資の王道を忠実に実践しているのが、1億円長者なのでしょう。

僕自身、高配当銘柄への投資は行っていませんが、確実に配当収入が見込めるというのは、長期的にみれば強力な武器になるんでしょうね。

参考にさせていただきます!

Amazon:「日経ヴェリタス」での検索結果



関連記事

ANA「翼の王国(2018年8月号)」のスクラップ

ANA(全日空)[9202](4桁数字は上場銘柄コード)の飛行機に乗ったとき、機内誌「翼の王国」(2018年8月号)を持ち帰ってきたので、デジタルスクラップします。 翼の王国は、写真や広告が豊富で、文 …

日経ヴェリタス第528号「タワマンしか売れない」(2018/4/22-28)

ひさしぶりに日経ヴェリタスを買いました。JR改札近くのキヨスク型ファミリーマートにて550円で購入。やっぱり高いなあ! この日経ヴェリタスは、ほかの投資雑誌のような「これから値上がりする銘柄徹底予想! …

2019年の注目スケジュール

2019年(平成31年)が始まりました。 1月4日(金)大発会を前に、政治・経済・スポーツ・その他の年間スケジュールを確認しておきましょう。 「日本経済新聞 元日版」と「日経ビジネス徹底予測2019」 …

2018年元旦の日経新聞、注目記事をスクラップ

2018年(平成30年)元旦の早朝、セブンイレブンに行って日本経済新聞を買いました。 コンビニで買うと170円です。 正月の新聞はとにかく分厚いです。どこの新聞も特別に複数部構成になっていて、いつもの …

「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」に大興奮!

いま開催中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。 4年に1度に開催で、野球のワールドカップみたいなものですね。 なんでこんなに面白いんでしょうね、WBCって。 いつも観ているプロ野球とは全く …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up