新聞・雑誌 世の中のできごと

日経ヴェリタス「1億円長者の素顔」

投稿日:2017年8月22日 更新日:

特集の「1億円長者の素顔」というタイトルに誘われて、日経ヴェリタス(2017年8月13日~19日号)を買っちゃいました。550円。

日経ヴェリタスは値段が高いこともあり、売っているところが少なくてなかなかお目にかかれないのですが、駅ナカのファミリーマートの新聞コーナーに売っていたので、即ゲットしました。

一年前の昨年の夏も、同じような特集記事を組んでいました。きっとこの時期は「1億円」という言葉が受けるんでしょうね。

昨年の「日経ヴェリタス 2016年8月21日号」を紹介した過去ブログはこちら

僕も億万長者になりたい!あやかりたい!という思いで記事を読みました。

その中から、ちょっとだけ内容をご紹介します。

調査会社マクロミルを通じて「1億円以上の金融資産を持つ富裕層」と「それ以外の一般層」に、アンケートに答えてもらった結果です。

1億円長者の「5つの哲学」

1億円長者の投資手法や投資スタイルは様々ですが、投資哲学には以下の共通点がありました。

  • 勝ちパターンを作る
  • 短期の変動に慌てない
  • 失敗に学ぶ
  • 時代の変化を読む
  • 財布のひもは固く

僕自身の投資哲学と照らし合わせてみると、5つのうち「勝ちパターンを作る」「短期の変動に慌てない」「失敗に学ぶ」「財布のひもは固く」の4つは、自己評価ですが、クリアできているんじゃないかと思っています。

ひとつだけ「時代の変化を読む」は、自分に足りないところだと思っているので、これから改善していきたいです。具体的な行動としては、新聞や書籍など良質の情報をもっと吸収して、町へ出かけてこの目でいろんなものを見て、自分なりの未来予測をしていきたいです。

1億円長者は「こんな人」

1億円長者の特徴は、こんな人です。

  • 平均年齢56歳
  • 世帯年収1000万円未満が40%
  • 8割が株式を保有
  • 投資歴は平均23年
  • 初めての投資金額は50万円未満が34%
  • 一月平均16万円を投資
  • 平日ランチはお弁当

この中で「8割が株式を保有」という事実は、「資産を形成するにあたり株式投資は有効である」ということを示しています。

1億円長者の、その他の特徴です。

  • 今後買いたい銘柄はソフトバンクが1位(2位トヨタ自動車、3位NTTドコモ、4位日産自動車、5位任天堂)
  • 20代から70代の全ての世代で、参考にしている情報源のトップは「新聞」
  • 利用する証券会社はSBI証券がトップ、2位野村證券、3位大和証券

つまり、「高配当大型優良銘柄または成長銘柄に長期投資」「新聞をよく読む」という投資の王道を忠実に実践しているのが、1億円長者なのでしょう。

僕自身、高配当銘柄への投資は行っていませんが、確実に配当収入が見込めるというのは、長期的にみれば強力な武器になるんでしょうね。

参考にさせていただきます!



関連記事

2017年の注目スケジュール

2017年、今年は政治・経済を中心に、重大スケジュールが目白押しですね。 主要イベントだけ並べて、1年全体の流れをチェックしておきましょう。 1月 ・トランプ新アメリカ大統領就任(1/20) ・東京都 …

衆議院選挙は与党が勝利、その後の相場は?

10月22日の日曜日に投票が行われた第48回衆議院議員選挙は、自民党・公明党の与党が勝利しました。 獲得議席は、自民党・公明党の与党が313議席を獲得し、定数465議席の3分の2を超えました。 また、 …

朝日新聞:科学の扉「消えるデータ 失われる過去」(2018/4/30朝刊)

2018年4月30日付の朝日新聞で気になる記事があったので、メモしておきます。 CDやDVDの寿命は意外と短く、今後保存しているデータが読み取れなくなるおそれがある、という話です。 (記事の冒頭より) …

村田諒太がWBAミドル級世界王者に返り咲きました!

2019年7月12日にエディオンアリーナ大阪で、世界ボクシング協会(WBA)ミドル級の世界タイトルマッチが行われ、村田諒太(むらたりょうた、帝拳ジム)が世界チャンピオンのロブ・ブラント(アメリカ)と再 …

2018年を振り返って、10大ニュースを選びました

2018年、もうすぐ終わってしまいますね。 振り返ってみると、今年もいろんな出来事がありました。 今年2018年の10大ニュースを、自分なりに選んでみました。 2018年10大ニュース 1位「サッカー …

2019/12/30:メニュー「運用成績」更新
2019/12/03:メニュー「運用成績」更新
2019/11/01:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up