投資を考える コラム

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

投稿日:2017年8月13日 更新日:


日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」。

本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。

注目したのは「日本株予測」です。

予測したのは投資助言会社「ワカバヤシエフエックスアソシエイツ」社長の若林栄四氏。

まずは一般の人が描く金融市場の未来。

  • 円相場は90円から100円台とやや円高方向で推移
  • 日本株は海外情勢など不安で上昇余地は小さい
  • 米国株は堅調な経済を評価し上昇基調。

米国が世界経済のけん引役になる。

僕もほぼ同じ予測です。日本株微増、米国株上昇。為替だけはもっと円安に動いて120円くらいになるんじゃないかと予想しています。

続いて若林氏が描く未来予測です。

  • 円相場は2022年に65円まで上昇するが、日本株への影響は軽微
  • 日本株は2030年にかけて大きく上昇、最高値(3万8957円)超えは確実
  • 米国株は2022年に6700ドルまで下落

米国でデフレが進む。日本は逆にデフレを脱し世界の投資家が注目

若林氏の予測は、65円まで円高が進み、日本株は倍近くに上昇、米国株は半分以上下落という、にわかに信じがたいものです。

若林氏は1995年の急激な円高や、2015年の円安・日本株高を的中させているそうで、紙面では「その分析が傾聴に値するのは間違いない」と結んでいます。

アメリカは若い世代が多く、シェールガスを産出でき、世界的大企業を多く持ちます。デフレになって株価が暴落するなんて本当に起こるんでしょうか。若林氏は、一般人には知り得ない情報を持っているのか、それとも膨大な分析結果の末に導きだした答えなのか・・・何が起きてもおかしくない世の中なので、心の片隅に若林氏の予測を置いておきます。

Amazon:日経ビジネス増刊 徹底予測2017

楽天:日経ビジネス増刊 徹底予測2017



関連記事

「ピーター・リンチの株で勝つ」

おすすめ度:★★★ ダイヤモンド社 ピーター・リンチ 著 三原淳夫、土屋安衛 訳 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります …

銘柄ウォッチ「キユーピー(2809)」

キユーピー WEBサイトはこちら 「マヨネーズ・ドレッシングの会社といえば?」と聞くと、誰もが「キユーピー!」と答えるくらい日本の食卓に欠かせない企業。 スーパーマーケットを歩いていると、「マヨネーズ …

銘柄ウォッチ「サンクゼール(未上場)」

サンクゼール 企業情報サイトはこちら もし上場したら、投資してみたい企業のひとつ、「サンクゼール」。 名前を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、「久世福商店」「サンクゼール(St.Cousair)」 …

「放送作家が教える アイデアがすくすく育つ思考のヒント」

おすすめ度:★ 山名 宏和 著 サンマーク出版 山名 宏和さんという放送作家さんの本で、『行列のできる法律相談所』『ダウンタウンDX』『たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学』『ガイアの …

株式投資は人間力を育てます

自分でいうのも何ですけど、株式投資のおかげで人間的に成長できました。いわゆる「人間力」が増しました。 株式投資で人間力が上がるなんてあまり聞いたことないかもしれませんが、僕は本当にそう思っています。 …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up