投資を考える コラム

「日経ビジネス 徹底予測2017」を久しぶりに読み返した

投稿日:2017年8月13日 更新日:

日経BP社が2016年末に出版した「日経ビジネス徹底予測2017」を買って読んで、本棚に置いたままでしたが、2017年の半分が過ぎたいま、あらためて読み返してみました。

注目したのは「日本株予測」のページです。

↓予測したのは投資助言会社「ワカバヤシエフエックスアソシエイツ」社長の若林栄四氏です。

一般の人が描く金融市場の未来

↓まずは一般の人が描く金融市場の未来です。

  • 円相場は90円から100円台とやや円高方向で推移
  • 日本株は海外情勢など不安で上昇余地は小さい
  • 米国株は堅調な経済を評価し上昇基調。

米国が世界経済のけん引役になる。

僕もほぼ同じ予測です。日本株微増、米国株上昇、為替だけはもっと円安に動いて120円くらいになるんじゃないかと予想しています。

若林氏が描く未来予測

↓続いて若林氏が描く未来予測です。

  • 円相場は2022年に65円まで上昇するが、日本株への影響は軽微
  • 日本株は2030年にかけて大きく上昇、最高値(3万8957円)超えは確実
  • 米国株は2022年に6700ドルまで下落

米国でデフレが進む。日本は逆にデフレを脱し世界の投資家が注目

若林氏の予測は、65円まで円高が進み、日本株は倍近くに上昇、米国株は半分以上下落という、にわかに信じがたいものです。

若林氏は1995年の急激な円高や、2015年の円安・日本株高を的中させているそうで、誌面では「その分析が傾聴に値するのは間違いない」と結んでいます。

アメリカは若い世代が多く、シェールガスを産出でき、世界的大企業を多く持ちます。デフレになって株価が暴落するなんて本当に起こるんでしょうか。若林氏は、一般人には知り得ない情報を持っているのか、それとも膨大な分析結果の末に導きだした答えなのか・・・何が起きてもおかしくない世の中なので、心の片隅に若林氏の予測を置いておきます。



関連記事

コンビニエンスストアは、どこが生き残るか?

最近ますますコンビニエンスストアが増えてきましたね。 街中の繁華街だと、コンビニの向かいに、さらに別のコンビニがあったりしますからね。 ほんとにそんなに必要なのか?と思ってしまいますが、きっと儲かるん …

失敗談「丸井グループ誤発注」

ひさしぶりにヤッてしまいました。 誤発注注文で5,190円の損をしてしまいました。 丸井グループを100株買っていて、買値より高めの指値注文したつもりが、5,000円も低い指値をしてしまい、あっという …

失敗談「鳥貴族の没落」

2018年8月現在、僕は国内株の保有銘柄すべてで含み損を抱えています。 金額にして-1,099,947円です。ついに含み損100万円越えを達成してしまいました! ポートフォリオの状況です。 銘柄 株数 …

1,000万円で何ができるか考えてみた

2018年1月現在、僕は1,000万円の投資用資産を持っています。 この1,000万円は、将来的に生活費にあてる予定のない、自由に使えるお金です。 「もし仮に、いま株式投資をやめてしまって、この1,0 …

買いたい株主優待銘柄リスト

SBI証券、マネックス証券、楽天証券、GMOクリック証券の4つの口座を開いていますが、そのうち楽天証券は「株主優待券目当ての単元銘柄を保有する」目的で利用しています。 現在は「コカ・コーラボトラーズジ …

2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
Scroll Up