投資を考える コラム

株式投資は、臆病者が勝つ

投稿日:2017年8月9日 更新日:

臆病者はリスク管理が上手

株式投資は臆病者が勝つゲームです。

勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。

  • いかに損をしない取引ができるか
  • いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか
  • いかにリスクを避けながら取引ができるか

これに尽きます。

結局は「負けない人が勝つ」ということです。

臆病者とは、つまりはリスク管理ができる人です。

リスク管理ができる人とは、一攫千金を狙うのではなく「いかに損をしない状態で、相場に居続けることができるか」というスタンスを常に心がけている人です。

派手ではありませんが、最後に生き残るのは、こういうリスク管理のできる人です。

「リスク管理」という言葉から連想されるのは、たいてい「早めの損切り」や「いろんな商品への分散投資」といった投資手法ですが、僕はどちらもおススメしません。

どちらもリスクが高いと思っているからです。

リスクに関するバフェットの名言

かの著名投資家、ウォーレン・バフェット氏も言っています。

「リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。」
(Risk comes from not knowing what you’re doing.)

つまりリスクとは、自分が何をやっているのか分からないときに最大化します。

逆にいえば、自分が何をやっているか分かっているときは極めて安全だ、ということです。

月並みですが、「よく分からないものには投資しない」ことが大事です。

最後に、僕が大好きな投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」からひと言。

バフェットの基本原則を見直しておこう。まず彼は、物事をシンプルにしておくのが好きだ。複雑難解なことを避ける。自分が理解することにしか投資しないというルールを断固として守り、それ以外のものはすべて避ける。自分の守備範囲のなかだけで行動する。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介したブログはこちら



関連記事

会社四季報チェック(2019年3集 夏号)

2019年6月18日に「会社四季報 2019年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユー …

外需株への投資を検討

僕がいま投資している銘柄は、次の10銘柄です。 江崎グリコ(2206)[食料品] コカ・コーラボトラーズホールディングス(2579)[食料品] 日本マクドナルドホールディングス(2702)[小売] キ …

「会社四季報 業界地図」

(東洋経済新報社) 会社四季報を出版している東洋経済が、毎年出している業界地図の本です。 図やグラフが豊富で、文字の情報量が多いのにけっこう読みやすく、雑誌感覚でペラペラめくりながら楽しめます。 とく …

会社四季報チェック(2018年2集 春号)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

カリスマ投資家「B・N・F」さんのこと

2005年12月8日のジェイコム株大量誤発注問題で、20億円稼いだ男として有名になったカリスマトレーダーのB・N・Fさん。 たった10分で20億を稼いだ、と当時ニュースになり、すごいなーと興奮しました …

2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
Scroll Up