投資を考える コラム

株式投資は、臆病者が勝つ

投稿日:2017年8月9日 更新日:

株式投資は臆病者が勝つゲームです。

勇気や度胸だけで勝てる世界ではありません。

  • いかに損をしない取引ができるか
  • いかに最悪の事態を想定しながら取引ができるか
  • いかにリスクを避けながら取引ができるか

これに尽きます。

結局は「負けない人が勝つ」ということです。

臆病者とは、つまりはリスク管理ができる人です。

リスク管理ができる人とは、一攫千金を狙うのではなく「いかに損をしない状態で、相場に居続けることができるか」というスタンスを常に心がけている人です。

派手ではありませんが、最後に生き残るのは、こういうリスク管理のできる人です。

「リスク管理」という言葉から連想されるのは、たいてい「早めの損切り」や「いろんな商品への分散投資」といった投資手法ですが、僕はどちらもおススメしません。

どちらもリスクが高いと思っているからです。

かの著名投資家、ウォーレン・バフェット氏も言っています。

「リスクはあなたが何をやっているか理解していない時に起こる。」
(Risk comes from not knowing what you’re doing.)

つまりリスクとは、自分が何をやっているのか分からないときに最大化します。

逆にいえば、自分が何をやっているか分かっているときは極めて安全だ、ということです。

月並みですが、「よく分からないものには投資しない」ことが大事です。

最後に、僕が大好きな投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」からひと言。

バフェットの基本原則を見直しておこう。まず彼は、物事をシンプルにしておくのが好きだ。複雑難解なことを避ける。自分が理解することにしか投資しないというルールを断固として守り、それ以外のものはすべて避ける。自分の守備範囲のなかだけで行動する。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介したブログはこちら



関連記事

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

誤解を恐れずに言います。 なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。 一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で …

Jリーグのスポンサーへの投資を検討する

昨日、Jリーグの試合を観てきました! 昨日7月22日(土)は、大阪市東住吉区にあるヤンマースタジアム長居に行って「セレッソ大阪vs浦和レッズ」の試合を観てきました。 試合結果は4-2でセレッソの勝利で …

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ ソーテック社 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。 「私、株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、 …

株式投資は人間力を育てます

自分でいうのも何ですけど、株式投資のおかげで人間的に成長できました。いわゆる「人間力」が増しました。 株式投資で人間力が上がるなんてあまり聞いたことないかもしれませんが、僕は本当にそう思っています。 …

「日経ビジネス 徹底予測2019」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。僕は2012年版から毎年ずっと買い続けています。 今年もさっそく本屋に行って、2019年版を買ってき …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up