投資を考える 銘柄ウォッチ

銘柄ウォッチ「日本取引所グループ(8697)」

投稿日:2017年8月3日 更新日:

日本取引所グループ WEBサイトはこちら

最近、日本取引所グループの株を100株買いました。優待券が目当てです。

買ったものの、あまりこの会社のことを知らなかったので、この機会に調べてみました。

(日本取引所グループWEBサイトより)

日本取引所グループとは

日本取引所(にっぽんとりひきじょ)グループは、東京証券取引所グループと大阪証券取引所が2013年1月に経営統合して誕生しました。市場利用者の皆様がいつでも安心して有価証券の取引ができるよう、子会社・関連会社を含めたグループ全体で、取引所金融商品市場の開設・運営に係る事業を行っています。
具体的には、株券等有価証券の売買、デリバティブ商品の取引を行うための市場施設の提供、相場の公表、売買等の公正性の確保に係る業務、有価証券債務引受業等を行う体制を整えています。グループ一丸となり、有価証券等の上場、売買、清算・決済から情報配信に至るまで総合的なサービス提供を行うことで、市場利用者の方々にとって、より安全で利便性の高い取引の場を提供できるよう努めています。

ビジネスモデル

日本取引所グループは、グループ全体で高い公正性・安全性・信頼性を備えた最適な取引の場を提供し、証券会社等の取引参加者、上場会社、情報ベンダーといった方々から市場を利用することに対する対価を得ています。具体的には、(1)取引関連収益、(2)清算関連収益、(3)上場関連収益、(4)情報関連収益などを収入源としています。

つまり市場の取引が増えると収益が増えるビジネス、ということです。

今後も取引量は増えていくと予想してますので、100株持ち続けることにします。

国内にライバル企業なしですが、世界に競合は数多いです。NYSEとNASDAQは別格として、上海・香港・深センの中国市場とは今後も激しく競い合っていくことになります。

「金融商品市場インフラの提供」という大きな役割を果たすとともに、市場への参加者をもっと増やすため、「一般の人向けにセミナーを開く」「投資を魅力的に紹介するサイトを充実させる」など、投資の普及活動にも力を入れてほしいです。



関連記事

SBI証券サイトの新機能[業績フラッシュ]と[適時開示]が便利だ

最近、SBI証券サイトの「マーケット」タブに、[業績フラッシュ]と[適時開示]機能が追加されました。 けっこう便利なのでご紹介します。 [業績フラッシュ]と[適時開示]の表示手順 [業績フラッシュ]と …

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしい

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。 投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーです。 でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。 経済 …

スクリーニング機能で逆張り銘柄をさがす

証券会社に口座を開き、証券サイトにログインすると利用できる銘柄スクリーニング機能。 いろいろいじってたら楽しいですよね。 たとえば逆張り投資が好きな人なら、 「そこそこ大きな会社で、業績が良いのに、株 …

「日経ビジネス 徹底予測2019」

おすすめ度:★★ 日経BP社 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。僕は2012年版から毎年ずっと買い続けています。 今年もさっそく本屋に行って、2019年版を買ってき …

会社四季報チェック(2018年3集)

2018年6月15日に「四季報 2018年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up