投資を考える コラム

本屋で投資の雑誌を手にとるのが恥ずかしいんだよなぁ

投稿日:2017年7月24日 更新日:

本屋に行くと、株式投資関連の雑誌が置いてあるビジネスコーナーがあります。投資をやっている人なら本屋のなかで一番興味のあるコーナーだと思います。

でも手に取って立ち読みするのが、どうも恥ずかしいんです。

経済ニュースがメインの

  • 週刊東洋経済
  • 週刊ダイヤモンド
  • プレジデント
  • 日経ビジネス
  • エコノミスト

だと恥ずかしくないです。むしろ手にとって読むことがカッコいいと思っています。

  • 会社四季報
  • 日経会社情報

も、まあ恥ずかしくはないです。投資を知らない人から見ると、数字や小さな文字の羅列を眺める物好きな人に見えるだけなので、鉄道ファンが時刻表を楽しそうに読んでいるのと同じに見えるのではないでしょうか。

問題は

  • 日経マネー
  • ダイヤモンド・ザイ
  • ネットマネー

のいわゆる投資専門雑誌です。

何が恥ずかしいって、とにかく表紙が派手なんです。だいたい赤とかピンクとか黄色とか目立ちます。もうちょっとおとなしいデザインだと嬉しいんですけどね。

そして文字が大きいのが恥ずかしい。特集記事の大きな文字が前面にアピールしてきます。たとえば「勝つ!」「お宝銘柄」「1億円」「株で儲ける」「必勝法!」「株主優待」「隠れ割安株」「お金持ち」「これから上がる株」なんていう言葉が飛び交います。

僕が自意識過剰なだけかもしれませんが、投資専門雑誌を手にとると「あいつは金のことしか考えていないやつだ、金の亡者だ」と思われやしないかと周りの目が気になってしまい、手にとりたくてもついつい素通りしてしまいます。

本屋で他人が何を読んでいるかなんて誰も気にしてないし、別に悪いことをしてる訳じゃないので、堂々と雑誌を手にとればいいんでしょうけど、できないんです。

でも今度本屋に行ったら、勇気を出して堂々と立ち読みすることにチャレンジします。

立ち読みしていて、もし誰かから声をかけられて「そんなに金が欲しいのですか?金儲けに必死ですね。あなたは金の亡者ですか?」と聞かれたら、こう答えます。

「わたしは金の亡者ではありません。わたしは株式投資を知的なゲームとして楽しんでいます。副業として収入も得ていて、将来的には本業にしたいと考えています。投資家としてさらに腕を上げられるよう、雑誌でも何でも貪欲に知識を得たいと思い、今この雑誌を読んでいます。」


関連記事

失敗談「共立メンテナンス(9616)狼狽売り」

株式投資をはじめて間もない2010年、「共立メンテナンス(9616)」に投資して失敗した話です。 共立メンテナンスに投資した理由 共立メンテナンスが経営しているビジネスホテルの「ドーミーイン」にたまた …

銘柄を絞り込むメリットとは?

投資スタイルは人それぞれ、いろんなやりかたがあります。 あつかう銘柄の数も、人それぞれです。 数十、数百銘柄をウォッチしておき、条件に合った銘柄に投資する人 少数銘柄に絞り込んでおき、その銘柄をじっく …

会社四季報チェック(2018年2集 春号)2

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グリコ …

会社四季報チェック(2020年3集 夏号)

2020年6月26日に「四季報 2020年3集 夏号」が発売されましたね。 では、証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックします。 【チェック銘柄】 日本マクドナルドホールディン …

僕が株式投資と出会ったきっかけ

僕が株式投資を始めたきっかけについて話します。 仕事仲間の言葉「新聞の株価欄が面白い」がきっかけだった 株式投資をはじめたのは2008年で、三十代のときでした。あのリーマンショックが起こる、ちょっとだ …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up