投資を考える コラム

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分からない

投稿日:2017年7月13日 更新日:

誤解を恐れずに言います。

なぜ株で負け続ける人がいるのかが分かりません。

一説によると、個人投資家のうち投資成績がマイナスの人の割合は、なんと5割とも6割ともいわれています。なぜそんなに多くの人が株で負けるのでしょうか?

僕も株をはじめて最初の1年くらいは、勝ったり負けたり、を繰り返していました。

しかし、ある程度の経験を積んでからは、どうやって負けていたのか思い出せなくなるくらいに、ずっと勝ちっぱなしの日々が続いています。

例えるなら、生まれてはじめて自転車に乗ったとき、最初は2つの車輪だけで走ることにとまどい、バランスをくずしてコケて怪我をしてしまいますが、何回か怪我しながら練習しているうちに、いつの間にか当たり前のように運転できるようになった、そんな感覚と似ています。何十年も乗っている今、「自転車でこけてください。」と言われても、どうやってこけたら良いか忘れてしまっていますよね。

株を始めた頃と、十年くらい経った今と、いったい何が変わったのかを考えてみると、「投資に関する知識が増えた」「投資につぎこめる資金が増えた」「売買のテクニックが上達した」などいろいろありますが、いちばん変わったのは、

「株価が下がることに対する恐怖心がなくなった」

ということに尽きます。

5%下がっても、10%下がっても、20%下がっても、うろたえることなく淡々とチャンスをうかがうことができるようになりました。

たしかに自分の大事な資産をつぎこんで投資するわけですから、株価が下がりお金が減ることはとても怖いことです。でも、含み損益の間は、まだ1円も負けていないんです。むしろ株価が下がることは「手持ちの保有株を安く買い増すチャンス」と考えることもできるので、笑いながらナンピン買いすることができます。

「買った株がチョットでも下がることに耐えられないんです!」という人は、株はキッパリあきらめることをお勧めします。

逆にいうと、株をやるのに向いている人とは

「とにかくガマン強い人」

といえます。



関連記事

来週はイベントが目白押しだけど、どうするカニ!?(2018年6月7日)

今週末の6月7日(木)から来週6月17日(日)にかけては、ビッグイベントが目白押しです。 政治・経済・スポーツ・芸能、さまざまなジャンルで見逃せないイベントが続きます。 さっそくチェックして、明日から …

会社四季報チェック(2019年3集 夏号)2

2019年6月18日に「会社四季報 2019年3集 夏号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 鳥貴族 …

銘柄ウォッチ「江崎グリコ(2206)」

江崎グリコ WEBサイトはこちら グリコの看板は大阪のシンボル 大阪観光のパンフレットで表紙に写っているものといえば、さて何でしょう? 通天閣、くいだおれ太郎、たこ焼き、よしもと新喜劇、そしてグリコの …

投資はシンプルに考える

投資を複雑にしてしまう要因 かの著名投資家、ウォーレン・バフェットは言っています。 「投資を不必要に難しいものにしてはいけない。あくまでも自分の知っていることにこだわり、倫理意識の高い強力な経営者がい …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

(ダイヤモンド社、ピーター・リンチ 著、三原淳夫、土屋安衛 訳) 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります。株式投資信託マ …

2020/05/25:「SNSボタン」追加
2020/05/01:「運営者の投資成績」更新
2020/04/01:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up