投資を考える 証券会社を選ぶ

SBI証券が金・プラチナの取扱を開始

投稿日:2017年7月4日 更新日:

2017年7月3日(月)から、SBI証券が金・プラチナ取引を開始しましたね。

僕自身、コモディティ(商品)とよばれる金やプラチナに投資した経験がないので、よく仕組みを分かっていませんが、年会費や管理料などは一切かからないので、いちおう取引口座開設の手続きだけは済ませておきました。

SBI証券サイトの説明によると、金・プラチナに投資するのは次の3つのメリットがあります。

  1. 実物資産だからその価値がゼロになることはない。
    国家の信用がベースとなる貨幣や、会社の信用がベースとなる株式とは違う。貴金属地金は「安全資産」として広く認識されており、世界の市況が不安定なときに支持される傾向がある。また、貨幣としての側面も持ち合わせており、各国の信用不安のように通貨の価値が毀損(きそん)される局面においても支持される傾向にある。
  2. 株や債券等の値動きとの相関性が低いといわれており、リスク分散効果が見込める。
  3. 1,000円から気軽に始められる。積立や長期投資にも向いている。狙ったタイミングで取引を行う「リアルタイムスポット取引」や、日々の価格変動リスクを軽減できる「積立取引」も利用可能。

さて、買付のときの手数料を、他の大手証券会社と比べてみました。

  • SBI証券・・・税抜2.0%
  • 楽天証券・・・税抜2.5%
  • マネックス証券・・・税抜2.5%

売却費用、年会費、保管料は、どの証券会社でも無料でしたので、手数料だけでみると、SBI証券がいちばんお得ですね。

それにしても金・プラチナは、手数料が高い。

他の投資商品と比べてみました。(SBI証券の各手数料)

  • 国内株式:0.1%
  • 中国株式:0.26%
  • 米国株式:0.45%
  • シンガポール株式:1%
  • 金・プラチナ:2%

頻繁に取引できるものではないので、いまのところ金・プラチナに投資はしないでおきます。

もし資産が3,000万円以上になったなら、リスクヘッジとして金に投資したいです。

No.1ネット証券で始めよう!株デビューするならSBI証券



関連記事

迷ったら動かないこと

投資で大事なのは、とにかく判断に迷ったら動かないことです。 「そろそろ株価が上がりそうなので、いまのうちに買っておこうかな。それともやっぱりやめておこうかな。」 「このまま株を保有しておいてよいだろう …

日曜日に投資計画を立てる

日曜日の夜です。 明日からどう取引しようか、投資計画をたてておきます。 証券会社ごとに検討しましょう。  icon-square SBI証券 銘柄 株数 含み損益 江崎グリコ 200 -5.28% カ …

マネックス証券のサイトが使いやすくなりましたね!

マネックス(MONEX)証券のサイトが全面リニューアルされて使いやすくなりましたね。 マネックス証券の公式サイトはこちら 画面デザインが見やすくなり、タブレットでもタッチしやすいような、シンプルな作り …

生まれてはじめて先物取引してみました

これまで先物取引というものを一度も経験したことがありませんでした。 で、先日はじめて先物取引を体験してみました。 取引した手順や、取引を終えての感想などをレポートします! 取引内容 2018/10/1 …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性的な絵が大好き …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up