投資を考える 証券会社を選ぶ

SBI証券が金・プラチナの取り扱いを開始しました

投稿日:2017年7月4日 更新日:

2017年7月3日(月)から、SBI証券が金・プラチナ取引を開始しましたね。

僕自身、コモディティ(商品)とよばれる金やプラチナに投資した経験がないので、よく仕組みを分かっていませんが、年会費や管理料などは一切かからないので、いちおう取引口座開設の手続きだけは済ませておきました。

金・プラチナに投資するメリット

SBI証券サイトの説明によると、金・プラチナに投資するのは次の3つのメリットがあります。

①実物資産だからその価値がゼロになることはない

国家の信用がベースとなる貨幣や、会社の信用がベースとなる株式とは違う。貴金属地金は「安全資産」として広く認識されており、世界の市況が不安定なときに支持される傾向がある。また、貨幣としての側面も持ち合わせており、各国の信用不安のように通貨の価値が毀損(きそん)される局面においても支持される傾向にある。

②リスク分散効果が見込める

株や債券等の値動きとの相関性が低いといわれており、リスク資産と同じ値動きをしないため、リスク分散効果が見込める。

③1,000円から気軽に始められる

積立や長期投資にも向いている。狙ったタイミングで取引を行う「リアルタイムスポット取引」や、日々の価格変動リスクを軽減できる「積立取引」も利用可能。

他の証券会社と取引手数料を比較してみた

さて、金やプラチナを買い付けるときの取引手数料を、他の大手証券会社と比べてみました。

  • SBI証券・・・税抜2.0%
  • 楽天証券・・・税抜2.5%
  • マネックス証券・・・税抜2.5%

売却費用、年会費、保管料は、どの証券会社でも無料でしたので、手数料だけでみると、SBI証券がいちばんお得ですね。

それにしても金・プラチナは、手数料が高いです。

他の投資商品と比べてみましょう。SBI証券での取引手数料です。

  • 国内株式:0.1%
  • 中国株式:0.26%
  • 米国株式:0.45%
  • シンガポール株式:1%
  • 金・プラチナ:2%

頻繁に取引できるものではないので、いまのところ金・プラチナに投資はしないでおきます。

もし資産が3,000万円以上になったなら、リスクヘッジとして金に投資したいです。

SBI証券公式サイト


関連記事

キユーピーの2017年通期決算短信

きょう1月11日の15時に、キユーピー(2809)の通期決算短信が発表されました。 前期とくらべて「微増」と、まずまずの結果だったと思います。 さっそく決算短信の内容をみていきましょう。 売上高・利益 …

会社四季報チェック(2018年2集 春号)

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユーピー …

「日経ビジネス 徹底予測2019」

(日経BP社) 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。僕は2012年版から毎年ずっと買い続けています。 今年もさっそく本屋に行って、2019年版を買ってきました。 いつ …

退屈な老後対策として株式投資をオススメする理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

「初めての日経225先物(ミニ&ラージ)で稼ぎ方までわかる本 改訂版」

(田中彰・江口陽子 著、スタンダーズ株式会社) 「日経225先物取引にすこし興味はあるんだけど、イマイチよく分からないんだなー。」 という方にオススメの本です。 僕も最近まで日経225先物のことはサッ …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up