取引の記録 保有資産評価

保有資産評価(2017年06月30日): 932万円

投稿日:

資産状況

2017年6月末の資産は932万円でした。

6月中の取引で10万円の利益が出ましたが、現在10万円の含み損益を抱えているので、プラスマイナスゼロです。投資資金を10万円入金したので、その分が増えただけとなっています。

早いもので、今年も半分が終わってしまいました。

2017年の目標である資産1,015万円達成に向けてがんばります!

資産評価

ドル現金の割合を、前月の27%から5%にまで減らすことができました。もともと外貨資産は現金で持たず、すべてETFか株で保有する方針なので、残り5%分もETFの積立購入に使っていきます。

円現金が43%と、かなり高い割合になっています。暴落を警戒するあまり、保有株を増やすことを躊躇しているからです。2017年の下半期に、1度か2度は暴落が来ると想定して、いまは動かずにその時を待っていればよいのかなと思っています。

今後の相場予想

直近1、2ヶ月の相場のシナリオを、ちょっとひねくれた見方で予想してみました。

6月30日に公務員の夏のボーナスが出ました。7月初旬には一般企業の夏のボーナスが出ました。「さて、ボーナスも出たし、株でも始めてみようかな。」と思った投資初心者が、証券会社に口座を開いて、株を買い終わった8月初旬かお盆明けの8月下旬を見計らって、プロの機関投資家たちが空売りを仕掛けて相場は大暴落。「大事なボーナスが一気に減ってしまった!なんて日だ!」と、投資初心者たちが狼狽売りをして「株なんかやるんじゃなかった。貯金しておけばよかった。」という言葉を残して相場から去っていく・・・。

こんな悲惨なことにならないように、初心者の方にはたった一つだけルールを守ってほしいです。それは「投資商品を買うときは、投資資金全体の50%までにとどめる」ということです。

  • 10万円を投資に使うなら、5万円までで買える銘柄を選ぶ
  • 30万円を投資に使うなら、15万円までで買える銘柄を選ぶ
  • 100万円を投資に使うなら、50万円までで買える銘柄を選ぶ

残りの半分は現金で持っておき、いざという時(暴落時)に備えておきます。

これだけ守っていれば大丈夫です!



関連記事

約定記録(2018年3月12日):売却(信用返売/現物)

 icon-square 売却 売:鳥貴族〔3193〕(100株)※信用返売 損益%: +8.9% 損益額: 25,300円 買値 : 2827円 売値 : 3080円 売:朝日放送〔9405〕(20 …

ポートフォリオ(2018年11月23日)

マーケット概況 日経平均 21,646円 NYダウ $24,464 米ドル/円 112.9円 保有銘柄  icon-square SBI証券(円建て:国内数銘柄の中長期投資) 銘柄 株数 含み損益 日 …

約定記録(2018年3月26日):売却(信用返売)

 icon-square 売却 売:鳥貴族〔3193〕(100株)※信用返売 損益%: +3.0% 損益額: 8,500円 買値 : 2845円 売値 : 2930円  icon-square 取引理 …

約定記録(2019年1月8日):買付(現物・信用)

買付 買:オリックス〔8591〕(100株) 買値 : 1662.4円 買:日本取引所グループ〔8697〕(100株) 買値 : 1865円 買:日経225連動型ETF〔1321〕(30株)※信用買 …

現金比率確認表

投資資金をいくつかの証券口座に分散させて取引していると 「いま全体でどのくらいの買付余力があるのか?」 が見えにくくなります。 全資産に占める買付余力(現金)の割合が、現金比率です。 現金比率がどのく …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up