新聞・雑誌 世の中のできごと

心にしみる朝日新聞の「折々のことば」

投稿日:2017年6月24日 更新日:

朝日新聞の朝刊紙面で、一面の左下に「折々のことば」という連載があるのをご存知ですか?

天声人語の左上に位置し、緑色の葉っぱのイラストが描かれている約8cm四方の記事です。

2015年4月に始まったコラムで、哲学者の鷲田清一さんが、古今東西のだれかが言ったことばを紹介し、それについてコメントしています。

哲学者の方が選んだことばだけあって、奥ぶかくて心にしみます。いわゆる有名人・偉人の名言だけでなく、一般の人の発した何気ないことばを取りあげるのもユニークです。

とくに心にしみた3つをご紹介します。

生活上の多くの悲劇は、距離を置いて見るとしばしば喜劇となります。

斎藤環

自分の身にふりかかった不幸は、心が折れそうなくらい落ち込むものですが、事実を客観視してみると、実はたいしたことないことだったり、世間でよく聞く話と同じだったりします。

悲劇を喜劇として捉えることができたなら、もうコワいものなしですね。そんな人生の達人になりたいものです。

世界の中から特定の個人を選んで食べる愛を「恋愛」というならば、世界そのものと直接に関わる愛を「仕事」と呼んでいる

長沢節

なるほど、恋愛も仕事も、どちらも愛する行為だということですね。奥深いですねえ。「恋愛するように、心のこもった仕事しているか?」と自分に問いかけてみると・・・答えに詰まりますね。

ライフワーク(Life Work:天職。自分の使命だと思ってやる仕事)じゃなくて、ライスワーク(Rice Work:食うために働く仕事)になってしまっている、というのが正直なところです。

仮面の根源には、形体を変えるばかりでなく、本質までも変えてしまいたい、という欲望が存在する

ジャン=ルイ・ベドゥアン

仮面をかぶることで、自己超越した世界に浸れるという意味でしょうか。

そのへんは「仮面の民俗学」という本を読まないとちゃんと理解できないところですが、思わせぶりな言い回しがなんとも魅惑的です。

朝日新聞デジタルに会員登録すれば、「折々のことば」はインターネットでも読めるようですよ。

朝日新聞デジタル「折々のことば」はこちら



関連記事

2018年 4月・5月・6月の主要イベントを振り返る

2018年になって半年がたち、第2四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、4月、5月、6月のイベントは結局どうなったのか振り返ってみます。 4月 ・賃上げ …

日経ヴェリタス第528号「タワマンしか売れない」(2018/4/22-28)

ひさしぶりに日経ヴェリタスを買いました。JR改札近くのキヨスク型ファミリーマートにて550円で購入。やっぱり高いなあ! この日経ヴェリタスは、ほかの投資雑誌のような「これから値上がりする銘柄徹底予想! …

2017年 1月・2月・3月の主要イベントを振り返る

2017年も早いもので3ヶ月がたち、第1四半期がおわりました。 1月9日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから3か月、結局どうなったのかを振り返ります。 1月 ・トランプ新アメ …

2019年元旦の日経新聞、注目記事をスクラップ

2019年(平成31年)元旦の朝、コンビニのローソンへ行って、日本経済新聞を買いました。190円でした。 元旦の新聞はボリュームたっぷりで、お得感があります。 今年の日本経済新聞も、5部構成の分厚い内 …

2018年 1月・2月・3月の主要イベントを振り返る

2018年になって3ヶ月がたち、第1四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから3か月、結局どうなったのかを振り返ってみます。 1月 ・欧州中央銀行( …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up