新聞・雑誌 世の中のできごと

心にしみる朝日新聞の「折々のことば」

投稿日:2017年6月24日 更新日:

朝日新聞の朝刊紙面で、一面の左下に「折々のことば」という連載があるのをご存知ですか?

天声人語の左上に位置し、緑色の葉っぱのイラストが描かれている約8cm四方の記事です。

2015年4月に始まったコラムで、哲学者の鷲田清一さんが、古今東西のだれかが言ったことばを紹介し、それについてコメントしています。

哲学者の方が選んだことばだけあって、奥ぶかくて心にしみます。いわゆる有名人・偉人の名言だけでなく、一般の人の発した何気ないことばを取りあげるのもユニークです。

とくに心にしみた3つをご紹介します。

生活上の多くの悲劇は、距離を置いて見るとしばしば喜劇となります。

斎藤環

自分の身にふりかかった不幸は、心が折れそうなくらい落ち込むものですが、事実を客観視してみると、実はたいしたことないことだったり、世間でよく聞く話と同じだったりします。

悲劇を喜劇として捉えることができたなら、もうコワいものなしですね。そんな人生の達人になりたいものです。

世界の中から特定の個人を選んで食べる愛を「恋愛」というならば、世界そのものと直接に関わる愛を「仕事」と呼んでいる

長沢節

なるほど、恋愛も仕事も、どちらも愛する行為だということですね。奥深いです。「恋愛するように、心のこもった仕事しているか?」と自分に問いかけてみると・・・答えに詰まります。

ライフワーク(Life Work:天職。自分の使命だと思ってやる仕事)じゃなくて、ライスワーク(Rice Work:食うために働く仕事)になってしまっているのが正直なところです。

仮面の根源には、形体を変えるばかりでなく、本質までも変えてしまいたい、という欲望が存在する

ジャン=ルイ・ベドゥアン

仮面をかぶることで、自己超越した世界に浸れるという意味でしょうか。

そのへんは「仮面の民俗学」という本を読まないとちゃんと理解できないですが、思わせぶりな言い回しがなんとも魅惑的です。

朝日新聞デジタルに会員登録すれば、「折々のことば」はインターネットでも読めます。

朝日新聞デジタル「折々のことば」はこちら

だれのための仕事 労働vs余暇を超えて/鷲田清一


関連記事

「2017 WORLD BASEBALL CLASSIC」に大興奮!

いま開催中のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。 4年に1度に開催で、野球のワールドカップみたいなものですね。 なんでこんなに面白いんでしょうね、WBCって。 いつも観ているプロ野球とは全く …

伊集院静さんのエッセイ「旅行鞄のガラクタ(第13回)」が面白い

ひさしぶりにANA(全日空)の飛行機に乗ったとき、機内誌「翼の王国」(2018年6月号)を読んでいたら、面白いエッセイがあったので、ご紹介します。 作家である伊集院静さんの「旅行鞄のガラクタ」(第13 …

節約志向は続くよ、どこまでも(2017年7月29日の日経新聞より)

7月29日(土)の日経新聞の中ほどに、「データCLIP」という記事があり、気になったので取りあげてみました。 日経新聞データCLIP「値上げで節約68%、まずビール」 幅広い商品・サービスの値上げが続 …

2017年 10月・11月・12月の主要イベントを振り返る

早いもので、2017年も、あと3日足らずとなりました。 1月9日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、第4四半期のイベントが結局どうなったのかを振り返ります。 ※一部、年初には記載して …

2019年 4月・5月・6月の主要イベントを振り返る

2019年になって6ヶ月がたち、第2四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから6か月、結局どうなったのかを振り返ってみます。 4月の主要イベント 4 …

2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
2020/05/25:「SNSボタン」追加
Scroll Up