新聞・雑誌 世の中のできごと

心にしみる朝日新聞の「折々のことば」

投稿日:2017年6月24日 更新日:

朝日新聞の朝刊紙面で、一面の左下に「折々のことば」という連載があるのをご存知ですか?

天声人語の左上に位置し、緑色の葉っぱのイラストが描かれている約8cm四方の記事です。

2015年4月に始まったコラムで、哲学者の鷲田清一さんが、古今東西のだれかが言ったことばを紹介し、それについてコメントしています。

哲学者の方が選んだことばだけあって、奥ぶかくて心にしみます。いわゆる有名人・偉人の名言だけでなく、一般の人の発した何気ないことばを取りあげるのもユニークです。

とくに心にしみた3つをご紹介します。

生活上の多くの悲劇は、距離を置いて見るとしばしば喜劇となります。

斎藤環

自分の身にふりかかった不幸は、心が折れそうなくらい落ち込むものですが、事実を客観視してみると、実はたいしたことないことだったり、世間でよく聞く話と同じだったりします。

悲劇を喜劇として捉えることができたなら、もうコワいものなしですね。そんな人生の達人になりたいものです。

世界の中から特定の個人を選んで食べる愛を「恋愛」というならば、世界そのものと直接に関わる愛を「仕事」と呼んでいる

長沢節

なるほど、恋愛も仕事も、どちらも愛する行為だということですね。奥深いです。「恋愛するように、心のこもった仕事しているか?」と自分に問いかけてみると・・・答えに詰まります。

ライフワーク(Life Work:天職。自分の使命だと思ってやる仕事)じゃなくて、ライスワーク(Rice Work:食うために働く仕事)になってしまっているのが正直なところです。

仮面の根源には、形体を変えるばかりでなく、本質までも変えてしまいたい、という欲望が存在する

ジャン=ルイ・ベドゥアン

仮面をかぶることで、自己超越した世界に浸れるという意味でしょうか。

そのへんは「仮面の民俗学」という本を読まないとちゃんと理解できないですが、思わせぶりな言い回しがなんとも魅惑的です。

朝日新聞デジタルに会員登録すれば、「折々のことば」はインターネットでも読めます。

朝日新聞デジタル「折々のことば」はこちら

だれのための仕事 労働vs余暇を超えて/鷲田清一

関連記事

2021年元旦の日経新聞、注目記事をスクラップ

2021年(令和3年)元旦の朝、コンビニのセブンイレブンへ行って、日本経済新聞を買いました。180円でした。 元旦の新聞はボリュームたっぷりで、お得感があります。 今年の日本経済新聞は、6部構成の分厚 …

2019年 4月・5月・6月の主要イベントを振り返る

2019年になって6ヶ月がたち、第2四半期がおわりました。 1月2日のブログで、1年間の主要スケジュールを確認しましたが、あれから6か月、結局どうなったのかを振り返ってみます。 4月の主要イベント 4 …

「エンゲル係数 急伸」について考える(朝日新聞 2017年3月30日朝刊)

「エンゲル係数 急伸」の記事内容 2017年3月30日の朝日新聞で、経済面の記事が気になりました。 「エンゲル係数 急伸」 29年ぶり水準、介護・共働き 惣菜購入増 消費支出のうち食費が占める割合を示 …

2018年6月12日、米朝首脳会談開催!

6月12日、シンガポールのリゾート地にある高級ホテルにて、アメリカのトランプ米大統領と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が会談を行いました。 アメリカと北朝鮮のトップ同士が史上初めて対面するということで、 …

2021年の注目スケジュール

2021年(令和3年)が始まりました。 今年の年間スケジュールを確認しておきましょう。 情報元:日本経済新聞(2021年1月1日版)、日経ビジネス徹底予測2021 2021年の主要イベント 1月 1月 …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up