投資を考える コラム

迷ったら動かないこと

投稿日:2017年6月21日 更新日:

投資で大事なのは、とにかく「判断に迷ったら動かない」ことです。

  • 「そろそろ株価が上がりそうなので、いまのうちに買っておこうかな。それともやっぱりやめておこうかな。」
  • 「このまま株を保有しておいてよいだろうか。なんとなく下がりそうな気配なので、いったん手放したほうがよいだろうか。」

など、投資をしていると、なにかと迷いが生じます。すこしでも判断に迷うのなら、その時は何もせずに動かないほうが、結局は良い結果を生みます。

買うときでも売るときでも同じです。迷ったら下手に動かないことです。

僕がおすすめする投資本「世界一シンプルなバフェットの投資」(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳)で、バフェットは「迷ったら動かない」ことの大切さを訴えています。いくつか抜粋します。

  • 迷うときは動かずにいよう。動いて経費を生じさせるよりも、いびきをかいて眠る習慣を身につけよう。
  • 賢い投資家はいびきをかいて寝ているときでも儲けることができる。売り買いが投資のすべてではない。
  • 動かないことが「賢明な動き」だとバフェットは言う。なにもしないことに拍手を送り、それが自分の投資哲学の基本だと言い切る。なにもしない?動かない?いったいどういうことなのだろう。投資とは追い越し車線に入ることではないのか?その答えは「ノー」だ。バフェットは「動きすぎ」を避ける。いったん適正な株を手に入れたら、動かないことが最善の策なのだ。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去記事はこちら

バフェットのいう「動かない」とは、いちど買った株は永久に保有する、という意味での「動かない」なので、いくぶん限定的ではありますが、「動かない」ことは投資全般に通じる考え方だと思います。

迷ったときは動かず、自分の中で確信がもてたときだけ動くことを続けていると、投資は上達します。動いた結果、予想に反して株価がわるい方向へ行ってしまったとしても、自分を信じて下した判断なので納得ができます。そして反省したことは糧となり、次の投資判断でかならず生きてきます。

いちばんいけないのは、「なんとなく」「勘にまかせて」「思いつきで」「チョットだけ儲ければいいかなと思って気軽な気持ちで」投資してしまうことです。経験上、そういう気持ちのときはドカンと負けてしまいます。


関連記事

株主優待制度の是非、僕は肯定派です

株主優待制度、「不要だ」という意見の人もいますが、僕は肯定派です。 何といっても、品物が届くのがワクワクして楽しいじゃないですか。だから好きです。 株主優待制度とは? そもそも株主優待制度とは何なのか …

甘い投資話には気をつけましょう

たまにテレビ番組で、芸能人が投資詐欺にあったなんていう話をきくと「なんでこんな分かりやすいウソにひっかかるんだ。」と不思議に思うことがあります。 たとえばこんな話です。 とても信用できる友人から、新規 …

「上がって良し、下がって良しの株価かな」

竹田和平さんの名言 「上がってよし、下がってよしの株価かな。上がったら高く売れるからありがたい。下がったら安く買えるからありがたい。」 これは、今年の2016年7月に永眠された、日本の著名投資家竹田和 …

銘柄ウォッチ「セリア(2782)」

セリア 公式サイトはこちら セリア(Seria)とは セリア(Seria)は、100円ショップ業界で第2位の会社です。 1位はダイソーでおなじみの大創産業です。3位はキャンドゥ(Can★Do)です。 …

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

まだやったことのない「信用売り(空売り)」の取引について、自分なりのルールを検討中です。 とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。 信用売りのリスク 信用売りには、次 …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up