投資を考える 銘柄ウォッチ

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

投稿日:2017年6月20日 更新日:

米国市場、絶好調ですね。

2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。

とても順調にみえるアメリカですが、政治の面ではトランプ大統領自身がいくつかの火種をかかえています。ロシアゲート問題、強引な外交政策、予測不能で過激な発言・・・。

仮にいずれかの火種が爆発して、米国市場が一時的に大暴落したとしたら、そのときは僕たち投資家にとって格好の買い時といえます。

来たるべき日のために、買いたい銘柄をリストアップしておきましょう。

僕の場合、日本でもおなじみの5銘柄を選びました。

Coca-Cola(KO)

業種:飲料

世界中で飲まれているコカ・コーラを筆頭に、スプライト、ファンタ、ミニッツメイド、アクエリアスなどロングセラー商品がたくさんあり。ブランド力絶大。

配当利回りは約3%。

Starbucks(SBUX)

業種:レストラン&バー

世界に展開するコーヒーショップチェーン。日本でも大人気。コーヒーだけでなく店内のインテリアや店員の温かいサービスにも定評がある。

配当利回りは約1.5%。

Jonson&Jonson(JNJ)

業種:医薬品

バンドエイド、綿棒、コンタクトレンズのアキュビュー、リステリンなど、ロングヒット商品数々。

配当利回りは約3%。

McDonald’s(MCD)

業種:レストラン&バー

言わずと知れたNo.1ハンバーガーチェーン。これぞアメリカを代表するファーストフード。

配当利回りは約3%。

Procter&Gamble(PG)

業種:トイレタリー用品

ファブリーズ、パンパース、ヴィダルサスーン、ジレット、ブラウン、アリエール、ウイスパーなど、おなじみの日用品を扱うマンモス企業。

配当利回りは約3%。

***

僕は「外貨建てでは個別銘柄は買わない」と自分ルールを決めてS&P500ETFだけを積み立てていますが、市場が暴落したなら、個別銘柄を買ってもいいなと思っています。



関連記事

日経ビジネス アソシエ「給料が増えない時代の 一生役立つ!お金の増やし方」

おすすめ度:★★ 日経BP社 今後のライフプランを見直すために、資産運用についての本をさがしていたところ、この雑誌に出会いました。 給料がなかなか増えない時代に、われわれサラリーマンは、いかにして資産 …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

投資用語&投資指標の復習「PER」

投資に関する用語や指標って、けっこうたくさんありますよね。 投資家なら誰もが知っているものから、複雑に数式が絡み合った意味不明なものまで、いろいろあります。 いちおうメジャーな用語・指標の意味は理解し …

はじめて買った株は「極楽湯(2340)」

初体験、というのは忘れがたいものです。 はじめて海外旅行したときのこと はじめて恋したときのこと はじめて親元を離れて暮らしたときのこと どれも鮮明に覚えています。 もちろん、はじめて株式投資した銘柄 …

「世界一シンプルなバフェットの投資」

(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳) 投資の神様、ウォーレン・バフェット氏の投資手法をまとめた本で、僕が読んだ数々の投資本の中で、最もおすすめしたい一冊です! バフェットに関する本は …

2020/05/25:「SNSボタン」追加
2020/05/01:「運営者の投資成績」更新
2020/04/01:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up