投資を考える 銘柄ウォッチ

米国市場が大暴落したら、この銘柄を買おう

投稿日:2017年6月20日 更新日:

米国市場、絶好調ですね。

2017年6月現在、NYダウはついに21,500ドルを越えてきました。8年前の2009年は6,900ドルだったわけですが、そこからスーッと右肩上がりのチャートが続いています。

とても順調にみえるアメリカですが、政治の面ではトランプ大統領自身がいくつかの火種をかかえています。ロシアゲート問題、強引な外交政策、予測不能で過激な発言・・・。

仮にいずれかの火種が爆発して、米国市場が一時的に大暴落したとしたら、そのときは僕たち投資家にとって格好の買い時といえます。

来たるべき日のために、買いたい銘柄をリストアップしておきましょう。

僕の場合、日本でもおなじみの5銘柄を選びました。

Coca-Cola(KO)

業種:飲料

世界中で飲まれているコカ・コーラを筆頭に、スプライト、ファンタ、ミニッツメイド、アクエリアスなどロングセラー商品がたくさんあり。ブランド力絶大。

配当利回りは約3%。

Starbucks(SBUX)

業種:レストラン&バー

世界に展開するコーヒーショップチェーン。日本でも大人気。コーヒーだけでなく店内のインテリアや店員の温かいサービスにも定評がある。

配当利回りは約1.5%。

Jonson&Jonson(JNJ)

業種:医薬品

バンドエイド、綿棒、コンタクトレンズのアキュビュー、リステリンなど、ロングヒット商品数々。

配当利回りは約3%。

McDonald’s(MCD)

業種:レストラン&バー

言わずと知れたNo.1ハンバーガーチェーン。これぞアメリカを代表するファーストフード。

配当利回りは約3%。

Procter&Gamble(PG)

業種:トイレタリー用品

ファブリーズ、パンパース、ヴィダルサスーン、ジレット、ブラウン、アリエール、ウイスパーなど、おなじみの日用品を扱うマンモス企業。

配当利回りは約3%。

***

僕は「外貨建てでは個別銘柄は買わない」と自分ルールを決めてS&P500ETFだけを積み立てていますが、市場が暴落したなら、個別銘柄を買ってもいいなと思っています。


関連記事

バフェット曰く「難しい問題を解決するのではなく、回避する」

僕が読んだ投資本のなかで最もおすすめする本、「世界一シンプルなバフェットの投資」(アスペクト社、ジェームズ・パードウ著 中島早苗 訳)のなかで、いちばん感銘を受けたのが、次の一文です。 (「世界一シン …

失敗談「江崎グリコの塩漬け400株」

つい最近やっちまった失敗談です。 江崎グリコのナンピン買いに失敗しました。 結果、合計400株(約240万円)の資金がロックされてしまい、塩漬け株になってしまいました。 反省の意味を込めて、経緯をたど …

今後のマーケットを予想できますか?

アメリカ大統領選挙でトランプ氏がヒラリー氏に勝利した2016年11月8日あたりから、株価は上昇を続け、為替は円安基調になっていますが、いったいどこまで続くのでしょうか? 株価が上がるのはありがたいこと …

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

ゴッホの名言 19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性 …

2020/12/31:「運営者の投資成績」更新
2020/11/30:「運営者の投資成績」更新
2020/10/31:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up