投資を考える 銘柄ウォッチ

鳥貴族、暴落する

投稿日:2017年6月13日 更新日:

ついに来ました。暴落。

6月9日(金)の第3四半期決算発表をうけ、6月12日(月)に鳥貴族株が暴落しました。

何もそこまで下がらなくても・・・というくらい大きく下げました。

前日(前週)終値が2782円、きょうの最安値が2389円だったので、一時的に14%下がったことになります。終値は前日比-8.66%の2541円でした。

本業サラリーマンの昼休みに、何気なく株価をのぞいてみたら、10%以上下がっていたので少し驚きでした。決算発表後の値動きは激しいですね。東証1部の値下がり率ランキングでも、終値の段階で下落率第5位にランクインしていました

現在の鳥貴族株の保有は200株で、損益-11%、金額にすると約63,000円のマイナスとなっています。

鳥貴族の暴落を伝えた記事

証券ニュースでは、どのように伝えているのか、モーニングスター社の記事を引用します。

(モーニングスター社 9:49提供ニュースより)

鳥貴族<3193.T>が3日続落し、一時393円安の2389円まで売られている。前週末9日引け後、17年7月期の単体業績予想を下方修正。一転して減益となることが、嫌気された。

通期業績予想で、売上高を307億4000万円から291億200万円(前期比18.7%増)に引き下げ、営業利益は19億5900万円から13億2100万円(同17.2%減)に減額し、一転して減益となる見込み。売上高は、既存店は堅調に推移するものの、直営店の新規出店数が当初計画に対し21店舗未達の59店舗に留まる見込みとなることが影響する。利益面では、30周年記念キャンペーンの想定を超えた利用や、野菜仕入れ価格の高騰による原価率の悪化などが響いた。

17年7月期第3四半期(16年8月-17年4月)の決算は、売上高213億6700万円(前年同期比21.8%増)、営業利益9億8500万円(同7.3%減)だった。

原材料高や販促費がかさんだことにより、今後も利益率の低下が続くことを連想した投資家が、信用売りに動いたのではないかと推測します。

暴落後、どう動こうか?

こんな時、いったいどうすればよいのか!?

ひとまず静観して、さらに株価が動くのを待ちましょう。

株価上昇に動いたなら、それは自分にとって良いことだし、さらに株価下落に動いたなら、そのときがナンピン買いのチャンスです。

鳥貴族の次の権利付最終売買日は7月末なので、そこへ向けてあと300株を少しずつ買い増し、保有500株まで増やしておき、5000円分の株主優待券をゲットするのが、向こう1ヶ月の理想の取引です。

まずは6月13日(火)にどう値動きしていくのか注目です。



関連記事

「見つめる鍋は煮えない」(カルビーとマクドナルドの株価のこと)

「見つめる鍋は煮えない」ということわざ 「見つめる鍋は煮えない」ということわざを最初に思いついた人はすごいなと思います。 待っている時間は非常に長く感じられるため、なかなか鍋が煮えないように感じる 何 …

株主優待制度の是非、僕は肯定派です

株主優待制度、「不要だ」という意見の人もいますが、僕は肯定派です。 何といっても、品物が届くのがワクワクして楽しいじゃないですか。だから好きです。 そもそも株主優待制度とは何なのか、あらためて調べてみ …

会社四季報チェック(2019年1集 新春号)3

2018年12月14日に「四季報 2019年1集 新年号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 カルビ …

銘柄を絞り込むメリット

投資スタイルは人それぞれ、いろんなやりかたがあります。 あつかう銘柄の数も、人それぞれです。 数十、数百銘柄をウォッチしておき、条件に合った銘柄に投資する人 少数銘柄に絞り込んでおき、その銘柄をじっく …

投資とは、待つことである。

株式投資を取引していて、「もうちょっと我慢してたら良かったのになあ。」と反省することが多々あります。 僕の場合、取引全体のうちの半分くらいは、いつもそういう反省がついて回ります。 もうちょっと買うのを …

2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
2020/05/25:「SNSボタン」追加
Scroll Up