投資を考える おすすめ投資本

本当におすすめしたい投資本 BEST3

投稿日:2017年6月12日 更新日:

株式投資について勉強するため、いろんな本を読んできました。

その中で「この本は面白くてほんとうに役に立った。買ってよかった。」と思った本を、厳選して3冊ご紹介します。

それぞれの本の写真は、僕が持っている本の実物写真です。

カバーをはずして読む派なので、けっこうボロボロになっていますが、それくらい何度も何度も読んだ本です。

スポンサーリンク

第1位:「世界一シンプルなバフェットの投資」

著名投資家ウォーレン・バフェットの投資手法がギュッとつまった一冊です。その手法とは、本のタイトルどおりシンプルなもので「理解しやすく、堅実で、長続きする事業を行っている企業に投資して、その株をずっと持ち続ける。」というものです。とてもシンプルですが、忠実に実行するのはきわめて難しい、そこに投資の奥深さがあります。

独学で株式投資を学んだ僕にとって、この本は「投資の先生」のような存在です。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去記事はこちら

第2位:「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」

巷には株式投資の入門書があふれていますが、この一冊だけ買っておけば間違いないです。

「そもそも株って何?」「株をはじめるとき、まず何をしたらよい?」「証券会社の口座はどうやって開くの?」「株取引はどうやったらよいの?」など、初心者が抱く質問に対して丁寧に解説してくれる一冊です。

独学で株式投資を学んだ僕にとって、この本は「投資のコンシェルジュ」のような存在です。

「めちゃくちゃ売れている株の雑誌ZAiが作った『株』入門」を紹介した過去記事はこちら

第3位:「ピーター・リンチの株で勝つ」

アメリカの有名な証券アナリスト、ピーター・リンチの投資遍歴、投資手法が学べる本です。「株で勝つにはどうすればよいか?」「何を考えながら投資をすればよいか?」をユーモアあふれる言い回しで解説してくれます。

株式投資は「世界中の人が熱狂している、最も知的で魅力的なゲーム」なんだなあ、と感じさせてくれる本です。

独学で株式投資を学んだ僕にとって、この本は「投資の先輩」のような存在です。

「ピーター・リンチの株で勝つ」を紹介した過去記事はこちら


関連記事

目標を持ったほうが、株式投資は楽しいです

何ごとも、目標をもって、それに向かって進むことが重要ですね。 株式投資においても、ただダラダラ取引をするのではなく、目標をもってやるほうが良いと思います。 僕の投資目標は「資産1億円達成」 僕の場合は …

「スノーボール ウォーレン・バフェット伝」(上・中・下)3巻

(日経ビジネス人文庫、アリス・シュローダー著) 著名投資家のウォーレン・バフェット氏は、2017年現在で86歳になります。 そのバフェット氏の半生をつづった伝記が「スノーボール」です。 上巻・中巻・下 …

銘柄ウォッチ「丸井グループ(8252)」

丸井グループ 公式サイトはこちら 丸井グループとは 丸井グループは、ファッションビルの丸井などを傘下に持つ持株会社です。 丸井の店舗ビルは、全国の約30箇所にあり、そのほとんどが関東にあります。 大阪 …

失敗談「東洋水産(2875)誤発注」

売買注文するときは、注文ボタンをクリックする前に、よーく確認しましょう! 僕の取引失敗談です。 東洋水産(2875)を買い、逆指値売り注文 2011年ごろの東洋水産(2875)の株は、まだ売買単位が1 …

信用売りの取引ルール、どう決めようか?

まだやったことのない「信用売り(空売り)」の取引について、自分なりのルールを検討中です。 とくに信用売りのリスクをどうやって回避していくかを決めておく必要がります。 信用売りのリスク 信用売りには、次 …

2021/04/30:「運営者の投資成績」更新
2021/04/04:「運営者の投資成績」更新
2021/02/27:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up