投資を考える おすすめ投資本

本当におすすめしたい投資本 BEST3

投稿日:2017年6月12日 更新日:

株式投資について勉強するため、いろんな本を読んできました。

その中で「この本は面白くてほんとうに役に立った。買ってよかった。」と思った本を、厳選して3冊ご紹介します。

それぞれの本の写真は、僕が持っている本の実物写真です。

カバーをはずして読む派なので、けっこうボロボロになっていますが、それくらい何度も何度も読んだ本です。

第1位:「世界一シンプルなバフェットの投資」

著名投資家ウォーレン・バフェットの投資手法がギュッとつまった一冊です。その手法とは、本のタイトルどおりシンプルなもので「理解しやすく、堅実で、長続きする事業を行っている企業に投資して、その株をずっと持ち続ける。」というものです。とてもシンプルですが、忠実に実行するのはきわめて難しい、そこに投資の奥深さがあります。

独学で株式投資を学んだ僕にとって、この本は「投資の先生」のような存在です。

「世界一シンプルなバフェットの投資」を紹介した過去記事はこちら

第2位:「めちゃくちゃ売れてる株の雑誌ZAiが作った『株』入門」

巷には株式投資の入門書があふれていますが、この一冊だけ買っておけば間違いないです。

「そもそも株って何?」「株をはじめるとき、まず何をしたらよい?」「証券会社の口座はどうやって開くの?」「株取引はどうやったらよいの?」など、初心者が抱く質問に対して丁寧に解説してくれる一冊です。

独学で株式投資を学んだ僕にとって、この本は「投資のコンシェルジュ」のような存在です。

「めちゃくちゃ売れている株の雑誌ZAiが作った『株』入門」を紹介した過去記事はこちら

第3位:「ピーター・リンチの株で勝つ」

アメリカの有名な証券アナリスト、ピーター・リンチの投資遍歴、投資手法が学べる本です。「株で勝つにはどうすればよいか?」「何を考えながら投資をすればよいか?」をユーモアあふれる言い回しで解説してくれます。

株式投資は「世界中の人が熱狂している、最も知的で魅力的なゲーム」なんだなあ、と感じさせてくれる本です。

独学で株式投資を学んだ僕にとって、この本は「投資の先輩」のような存在です。

「ピーター・リンチの株で勝つ」を紹介した過去記事はこちら



関連記事

会社四季報チェック(2020年3集 夏号)

2020年6月26日に「四季報 2020年3集 夏号」が発売されましたね。 では、証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックします。 【チェック銘柄】 日本マクドナルドホールディン …

先物・オプション取引を独学する[6]WEBサイト

先物・オプション取引がどういったものか、独学で学んでいます。 これまで書籍で勉強してきて、日経225先物取引はある程度理解することができましたが、オプション取引はあまり理解できていませんでした。 最終 …

「ピーター・リンチの株で勝つ」

(ダイヤモンド社、ピーター・リンチ 著、三原淳夫、土屋安衛 訳) 証券アナリストのピーター・リンチ(Peter Lynch)が書いたこの本は、株式投資の指南書として一読の価値があります。株式投資信託マ …

今週はイベント目白押しだったけど、結局相場は動かなかっタカ!(2018年6月17日)

6月7日(木)から来週6月15日(金)にかけて、けっこうビッグイベントが目白押しだったんですが、終わってみるとほとんど相場は動きませんでした。 どのイベントも想定内の結果だったため、サプライズがなく、 …

「日経ビジネス 徹底予測2017」

(日経BP社) 週刊「日経ビジネス」が、年に1回だけ、12月中旬に発行する特別編です。 2017年予測版が本屋に並んでいたので、さっそく買いました。780円でした。 編集長のことば まずは日経ビジネス …

2020/06/30:「運営者の投資成績」更新
2020/05/31:「運営者の投資成績」更新
2020/05/26:「Twitter」始めました
Scroll Up