投資を考える おすすめ投資本

「ウォーレン・バフェット成功の名語録」

投稿日:2017年6月4日 更新日:

おすすめ度:
PHPビジネス新書

ウォーレン・バフェットの名言を集めた本です。

バフェット入門書」としておすすめします。

バフェットの「生涯(半生)」と「投資やビジネスに対する考え方」が、コンパクトにまとまっているので、読みやすいです。

バフェットに関する著書は数多くありますが、まず最初にこれを読んでおけば、他のバフェット本にもすんなり入っていけます。

【目次】

  • まえがき
  • ウォーレン・バフェット年譜
  • 1章 バフェット投資の銘柄選びを語る
  • 2章 バフェット成功への筋道を語る
  • 3章 バフェット勝負のコツを語る
  • 4章 バフェット情報の読み方を語る
  • 5章 バフェット人生時間の管理を語る
  • 6章 バフェット正しいマネー感覚を語る
  • 7章 バフェット人を集める磁力を語る
  • 8章 バフェット信頼の築き方を語る

大半の名語録は、すでに別のバフェット本で読んだことのある言葉でしたが、それでもこの本を読んで改めて感銘を受けた言葉がいくつかありましたので、書き留めておきます。

「※」以下は、補足説明のため本文から抜粋しました。

  • 成功は、飛び越えられるであろう30センチのハードルを探すことに精を傾けたからであり、2メートルのハードルをクリアできる能力があったということではないのです。(P46)
  • 人がどうふるまうかを大きく左右するのは、内なるスコアカードがあるか、それとも外のスコアカードがあるかということなんだ。(P62)
    ※内なるスコアカードとは「自分の決めたルール」のこと。逆に外のスコアカードとは他人が決める評価のこと。
  • まず自分自身が顧客になり、次に他人のために働くべきだ。一日一時間を自分に充てるべきだ。(P64)
    ※お金持ちになりたいのは、贅沢な暮らしをしたいからでなく、自立できるから。他人に指図されずに、自分の人生を生きられるから。
  • 独力で考えなかったら、投資では成功しない。(P92)
    ※投資の根拠を外部に求めない。根拠は自分で考える。
  • 少額でいいですから、投資をしてください。本を読むだけではダメです。(P102)
  • 辛抱強さや冷静さは、知能指数より重要かもしれないと私は思っています。(P108)
  • 最も重要なのは、自分の能力の輪をどれだけ大きくするかではなく、その輪の境界をどこまで厳密に決められるかです。(P132)
    ※自分の輪がカバーする範囲を正確に把握していれば、投資は成功します。
  • 大事なのは、自分が好きなことをとびきり上手にやることです。お金はその副産物にすぎません。(P178)

「人生訓がギュッとつまった教養書」としても読めます。

投資をしない方にもおすすめできる本です。

Amazon:ウォーレン・バフェット 成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書)

楽天ブックス:ウォーレン・バフェット成功の名語録 世界が尊敬する実業家、103の言葉 (PHPビジネス新書) [ 桑原晃弥 ]



関連記事

失敗談「鳥貴族の没落」

2018年8月現在、僕は国内株の保有銘柄すべてで含み損を抱えています。 金額にして-1,099,947円です。ついに含み損100万円越えを達成してしまいました! ポートフォリオの状況です。 銘柄 株数 …

日経マネー「日本の億万投資家名鑑」

おすすめ度:★ 日本ホームマガジン 日経BP社 本のサブタイトルに 「運用資産10億円超も。個人投資家63人のノウハウを明かす!」 とあるように、資産が数億ある個人投資家がたくさん登場して、自らの投資 …

守備範囲の外には出ない

「投資は自分の守備範囲の外に出ないことが大事だ」と、投資家のウォーレン・バフェットは言っています。 この「守備範囲に出ない」について、「世界一シンプルなバフェットの投資」(ジェームズ・パードウ著、アス …

会社四季報チェック(2017年4集)

9月15日に四季報が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 icon-check-square-o 江崎グリコ(2206) …

米ドル投資は「個別銘柄」と「ETF」どちらがよいか検討

僕の投資ルールとして、全資産の20%を外貨で保有するようにしています。 なぜなら、円だけ持っているのはリスクが高いと考えるからです。もし将来日本の財政が破綻したとして、そのとき頼りになるのはやっぱり外 …

2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
Scroll Up