投資を考える コラム記事 失敗談

失敗談「共立メンテナンス、狼狽売り」

投稿日:2017年5月29日 更新日:

株式投資をはじめて間もない2010年の話です。

「共立メンテナンス(9616)」に投資しました。

共立メンテナンスが経営しているビジネスホテルの「ドーミーイン」にたまたま泊まった時、そのサービスに感動したことが投資のきっかけです。

  • ビジネスホテルにもかかわらず、屋上に温泉露天風呂がある
  • 朝食は地元の食材を使った豪華な料理を提供している
  • 部屋がとても清潔で気持ち良い

と大満足のサービスで、他のビジネスホテルより優れているところがたくさんありました。

さて、当時の投資記録です。

2010/9/24
1252円で100株買付

宿泊券の株主優待サービス欲しさに、9月下旬の権利付最終売買日直前に買い付けました。株主優待の権利はゲットできました。

しかし、そこからズルズルと株価が下がっていきました。

いつ反転するのかと、ずっと待っていたのですが、全然戻りません。

10月に入ると、とうとう1000円付近まで下がり、そこからずっと株価に動きがありません。

そのような状況のなかで、当時の僕はこう思いました。

「このまま下がり続けたらどうしよう。大損だ。やばい。」

「どこまで下がるか分からないな。それなら今のうちに売っておいたほうが自分にとって得なんじゃないだろうか。たとえば600円(半分の株価)にさがるくらいなら、いま損切りしておくほうがかしこい選択なんじゃないか。」

つまり、想定外の株価下落に狼狽していたのです。

そして次のような投資を決断しました。

2010/10/28
1076円で100株売却 損益-14.1%(-17,600円)

結局、数千円の株主優待券と若干の配当金を得たかわりに、17,600円のお金を失ってしまったわけです。マズい投資の典型ですね。

・・・あれから6年たちました。

いまの僕なら、同じ状況でどういう投資をしただろうか?

きっと、10%下落した時点で、100株だけナンピン買いしますね。

損益%がすこし回復したまま、株価が戻るのをジッと待ちます。そして運よく損益プラスマイナスゼロになったら、100株だけ売ります。

結果的に、その後の共立メンテナンスは、2012年まで同じ水準で株価が推移し、鳴かず飛ばずでした。しかし2013年に株価が大ブレイク。一時5000円台まで値騰がり、2017年5月現在、株価は3200円付近となっています。

ビジネスホテル業界でトップクラスの質の高さと、外国人観光客のインバウンド需要の波に乗り、いまも順風満帆の事業を展開しています。

株式投資は「タイミング5割、技術3割、銘柄2割」だと言われます。(『うねりチャート底値買い投資術』〔ダイヤモンド社〕の著者、上岡正明さんの言葉)

こんなに優良企業の株であっても、買うタイミングと売るタイミングをまちがえば、損することだってありえるのです。反省。



関連記事

会社四季報チェック(2018年2集)2

2018年3月16日に「四季報 2018年2集 春号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 江崎グリコ …

「株主優待 一覧」(野村證券のパンフレット)

おすすめ度:★ 野村證券株式会社 これから株主優待券銘柄へ投資を検討される方におすすめです。 どんな企業が株主優待を行っているのか、まずは全体的にかるく知りたい ネット証券のサイトで、株主優待企業を検 …

SBI証券が金・プラチナの取扱を開始

2017年7月3日(月)から、SBI証券が金・プラチナ取引を開始しましたね。 僕自身、コモディティ(商品)とよばれる金やプラチナに投資した経験がないので、よく仕組みを分かっていませんが、年会費や管理料 …

「世界一やさしい株の信用取引の教科書 1年生」

おすすめ度:★ ソーテック社 株式投資をはじめて約8年になりますが、これまで信用取引というものをやったことがありませんでした。 「私、株の信用取引で失敗して借金まみれになりました。」なんて話を聞くと、 …

「定量的」「定性的」に銘柄を選別する

最近になって、「定量的」「定性的」という言葉をはじめて知りました。 インターネットで仕事の調べ物をしていたら出くわした言葉です。 元々は理系分野の言葉で、最近ではビジネスシーンでもよく使われる言葉らし …

2019/01/13:メニュー「ごあいさつ」更新
2019/01/06:メニュー「サイトマップ」更新
2018/12/29:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up