投資を考える コラム

失敗談「共立メンテナンス、狼狽売り」

投稿日:2017年5月29日 更新日:

株式投資をはじめて間もない2010年の話です。

「共立メンテナンス(9616)」に投資しました。

共立メンテナンスが経営しているビジネスホテルの「ドーミーイン」にたまたま泊まった時、そのサービスに感動したことが投資のきっかけです。

  • ビジネスホテルにもかかわらず、屋上に温泉露天風呂がある
  • 朝食は地元の食材を使った豪華な料理を提供している
  • 部屋がとても清潔で気持ち良い

と大満足のサービスで、他のビジネスホテルより優れているところがたくさんありました。

さて、当時の投資記録です。

2010/9/24
1252円で100株買付

宿泊券の株主優待サービス欲しさに、9月下旬の権利付最終売買日直前に買い付けました。株主優待の権利はゲットできました。

しかし、そこからズルズルと株価が下がっていきました。

いつ反転するのかと、ずっと待っていたのですが、全然戻りません。

10月に入ると、とうとう1000円付近まで下がり、そこからずっと株価に動きがありません。

そのような状況のなかで、当時の僕はこう思いました。

「このまま下がり続けたらどうしよう。大損だ。やばい。」

「どこまで下がるか分からないな。それなら今のうちに売っておいたほうが自分にとって得なんじゃないだろうか。たとえば600円(半分の株価)にさがるくらいなら、いま損切りしておくほうがかしこい選択なんじゃないか。」

つまり、想定外の株価下落に狼狽していたのです。

そして次のような投資を決断しました。

2010/10/28
1076円で100株売却 損益-14.1%(-17,600円)

結局、数千円の株主優待券と若干の配当金を得たかわりに、17,600円のお金を失ってしまったわけです。マズい投資の典型ですね。

・・・あれから6年たちました。

いまの僕なら、同じ状況でどういう投資をしただろうか?

きっと、10%下落した時点で、100株だけナンピン買いしますね。

損益%がすこし回復したまま、株価が戻るのをジッと待ちます。そして運よく損益プラスマイナスゼロになったら、100株だけ売ります。

結果的に、その後の共立メンテナンスは、2012年まで同じ水準で株価が推移し、鳴かず飛ばずでした。しかし2013年に株価が大ブレイク。一時5000円台まで値騰がり、2017年5月現在、株価は3200円付近となっています。

ビジネスホテル業界でトップクラスの質の高さと、外国人観光客のインバウンド需要の波に乗り、いまも順風満帆の事業を展開しています。

株式投資は「タイミング5割、技術3割、銘柄2割」だと言われます。(『うねりチャート底値買い投資術』〔ダイヤモンド社〕の著者、上岡正明さんの言葉)

こんなに優良企業の株であっても、買うタイミングと売るタイミングをまちがえば、損することだってありえるのです。反省。



関連記事

投資は予想がはずれる前提でOK!

「ギャンブル」と「株式投資」との違いは何でしょうか? 「ギャンブル」は、予想が外れたらお金がゼロになる 「株式投資」は、予想が外れてもお金が一時的に減るだけで、ゼロにはならない ではないでしょうか。 …

SBI証券の「SBBO-X」サービスに申し込みました

いつものようにSBI証券サイトにログインしたら、重要なお知らせ欄に「国内株式『SBBO-X』サービスご利用権獲得について」とあったので読んでみました。 「国内株式『SBBO-X』サービスご利用権獲得に …

退屈な老後対策として株式投資をすすめる理由

コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんによると、日本のオジサンは世界一孤独だそうです。 仕事をしている間は、会社の人間としかつき合いがない。 ご近所とのつき合いもない。 趣味の仲間もいない。 …

生まれてはじめて空売りしてみました

2017年の年初にかかげていた目標「今年は信用売りに挑戦する」を、昨日ようやく達成できました。取引を終えての感想をレポートします。 取引内容 2017/05/09 信用新規売:カッパ・クリエイト(10 …

米ドルで投資する「個別銘柄」を検討

全資産の20%をマネックス証券サイトに入金し、米ドルで投資しています。 どう投資しようかといろいろ検討した結果、ひとまず個別株を2割、ETFを8割で保有することに決めました。 さて、個別株を選んでいき …

2019/03/03:メニュー「運用成績」更新
2019/02/03:メニュー「サイトマップ」更新
2019/02/02:メニュー「運用成績」更新
Scroll Up