投資を考える コラム

テレビCMのおもしろい国へ投資したい

投稿日:2017年5月5日 更新日:

 

SBI証券では、外国株式に投資する場合、9ヶ国の中から投資先を選ぶことができます。

米国、中国、韓国、ロシア、ベトナム、インドネシア、シンガポール、タイ、マレーシアの9ヶ国です。

もし投資するとしたら、9ヶ国中のどの国に投資すれば良いのか?

選択基準としては、

  • 資源の多さ
  • 国内総生産(GDP)
  • 年齢別人口比率(若者が多いか)
  • 今後人口が増えていくか
  • ブランド力ある企業が多いか
  • 政治が安定しているか

などが挙げられますが、別の視点として、「その国で流れるテレビCMがおもしろいか?」で選ぶのも楽しいと思います。

テレビCMというのは、たった十数秒間で商品・サービスの魅力や付加価値をアピールする必要があると同時に、観ている人を楽しませる映像作品としてのクオリティが求められます。だからCMを観ると、その国のもつ発想力、技術力、営業力、ユーモア、文化の多様性、表現の自由度が分かります。おおげさにいうと、その国の人材力、ひいては国力が分かります。

ではどの国のCMがいちばんおもしろいか?

僕なりの主観で調査してみました。

調査方法としては、YouTubeサイトで「(国名)テレビCM」のキーワードで検索して、出てくるCM動画をいくつか観た上で評価します。日本も含めて10ヶ国分の動画を評価しました。

その結果、まず1位はダントツで日本でした。日本のCMは別格ですね。構成・音楽・オリジナリティ・完成度が群を抜いていてめちゃくちゃ面白いです。その他は以下の順位となりました。

  1. 日本
  2. 米国
  3. 中国
  4. ロシア
  5. シンガポール
  6. タイ
  7. 韓国
  8. マレーシア
  9. インドネシア
  10. ベトナム

評価してみて気づいたのですが、CMの面白さと、名目GDPの多さとの間には、相関関係がありました。GDPトップ3の米国、中国、日本は、どの国もCMが面白かったです。

国内総生産:国内の生産活動による商品・サービスの産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額。

GDPもテレビCMも「付加価値」がキーワードになっています。「価値あるものをたくさん持っている国」が栄えていくのは当然ですが、「より価値あるものにみせるのが上手な国」こそが栄えていくのだと思います。

余談ですが、海外旅行に行っていちばん記憶に残るのは、観光名所ではなく、宿泊先のホテルのベッドに寝そべって観たテレビCMだったりするのは、僕だけでしょうか?



関連記事

「ロシアで農業を始めよ」(ジム・ロジャーズ氏インタビューより)

「日経ビジネス 徹底予測2017」に、著名投資家ジム・ロジャース氏のインタビュー記事が載っていました。タイトルは「ロシアで農業を始めよ」。 世界各地をバイクで旅行しながら投資先を見出している冒険投資家 …

新成人の皆さん、投資を始めよう!

2017年1月9日は成人の日でしたね。 新成人のみなさん、おめでとうございます! これからいろいろと責任のかかることが増えていって大変だと思うけど、どうか目先のことだけにとらわれず、自分のやりたいこと …

「美しい景色を探すな。景色の中に美しいものを見つけるんだ。」ゴッホの言葉

19世紀のオランダの画家、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ(Vincent Willem van Gogh)。 素朴で情熱的で力強い画風は、いまも多くの人に愛されています。 僕もゴッホの個性的な絵が大好き …

会社四季報チェック(2019年4集 秋号)

2019年9月19日に「会社四季報 2019年4集 秋号」が発売されましたね。 では、さっそく証券口座にログインして、気になる銘柄の四季報更新状況をチェックしていきましょう。 【チェック銘柄】 キユー …

「ダイヤモンド・ザイ」のサイトで個人投資家の投資手法を研究

お金の総合サイト「ダイヤモンド・ザイ オンライン」に、個人投資家の投資手法を紹介した記事の特集があったので、何か参考になればと思い、読んでみました。 個人投資家の「株で勝つ!」投資手法を徹底解剖! そ …

2020/04/01:「運営者の投資成績」更新
2020/02/29:「運営者のプロフィール」更新
2020/02/29:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up