テレビ・映画 その他

2016年に観た映画でいちばん泣いた「この世界の片隅で」

投稿日:2017年5月4日 更新日:

昨年観た映画のなかで、いちばん良かったのが「この世界の片隅に」というアニメーション映画です。

2016年11月に公開されて以来、現在もいくつかの映画館でロングラン上映しているので、ぜひゴールデンウィーク期間中におすすめの映画です。

映画.com「この世界の片隅に」解説ページ

(映画.comより引用)

解説

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞したこうの史代の同名コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督がアニメ映画化。

第2次世界大戦下の広島・呉を舞台に、大切なものを失いながらも前向きに生きようとするヒロインと、彼女を取り巻く人々の日常を生き生きと描く。

昭和19年、故郷の広島市江波から20キロ離れた呉に18歳で嫁いできた女性すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中で、家族の毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。

しかし戦争が進むにつれ、日本海軍の拠点である呉は空襲の標的となり、すずの身近なものも次々と失われていく。

それでもなお、前を向いて日々の暮らしを営み続けるすずだったが……。

能年玲奈から改名したのんが主人公すず役でアニメ映画の声優に初挑戦した。

公開後は口コミやSNSで評判が広まり、15週連続で興行ランキングのトップ10入り。

第90回キネマ旬報トップテンで「となりのトトロ」以来となるアニメーション作品での1位を獲得するなど高く評価され、第40回日本アカデミー賞でも最優秀アニメーション作品賞を受賞した。

僕がこの映画を知ったのは、FMラジオでした。

何人かの俳優やクリエイターがこの映画を観た感想を話しているのをたまたま聴いていたのですが、誰もが尋常じゃないテンションで熱く語っていたので興味を持ちました。

第2次世界大戦の広島原爆投下前後の、広島呉が舞台。主人公の「すず」を通して、これまで語られていなかった戦時の人々の日常生活が細かく描かれています。

おっとりした「すず」の声優をのん(能年玲奈)が担当しているのですが、これがピッタリ!はまり役です。他の声優だとこの味わいは出なかったと思います。

戦争映画としても、恋愛映画としても、コメディ映画としても、完成度の高い映画です。

DVDレンタル開始が待ち遠しい!



関連記事

映画「マネー・ショート華麗なる大逆転」の感想

おすすめ度:★★★☆☆ (2016年日本公開) 最近、近所のTSUTAYAでレンタルして観ました。 なかなか見ごたえがあって面白かったです。投資が好きな方なら、観て損はないです。 逆に、投資の基礎知識 …

「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)48〔2018/11/28〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 11月28日(水)の放送分は、「団地に行ったら…衝撃人生SP」で、3組のかたが登場しました。 56歳男性、トラック運転 …

「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)64〔2019/5/8〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 5月8日(水)の放送は3組のかたが登場しました。 76歳の作曲家兼カラオケ教室先生 24歳の看護師女性 85歳パワフル …

「家、ついて行ってイイですか? 」(テレビ東京)53〔2019/1/23〕

水曜夜9時からテレビ東京で放送されている番組「家、ついて行ってイイですか? 」。 1月23日(水)の放送分は「衝撃暴露&放送ギリギリSP」で、3組のかたが登場しました。 30代夫婦&子ども3人 …

おすすめグルメ旅本「世界ぐるっと朝食紀行」新潮文庫

写真家でエッセイストの西川治さんが書いた本「世界ぐるっと朝食紀行」をご紹介します。 この本は、僕の書斎の本棚に10年以上置いて愛用しているマイ・ロングセラー本の1冊です。 西川さんが旅した世界各国のバ …

2020/04/01:「運営者の投資成績」更新
2020/02/29:「運営者のプロフィール」更新
2020/02/29:「運営者の投資成績」更新
Scroll Up